新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

鍛冶屋線跡地を探る2019 ⑤

2019/12/06(Fri)

浄瑠璃寺お寺の境内にも猫が多く居ます
…以前に住職さんに訊いた所「全部で20匹ほどだけど人前に出てくる
のは半分程度かな?」というお答えでした。

20191206i.JPG 20191206j.JPG

お寺では流石に本堂の中へは猫を入れないようにしてるんですが、
寒くなってきましたので外で常に何匹かがニャゴニャゴ言ってまして、
お客が戸を開けた隙入り込んでしまう。で堂内を担当してる人
襟首を掴んで外へ出す。…の繰り返しのようです。

ちなみに右の猫が廊下を歩いてる建物が本堂平安時代の建築。
勿論国宝ですよ。

国宝の建物に住んでるってナカナカ居ないと思うんですが、ソノ
辺が奈良の面白い所だと思いますクラ駅長です。
(※木津川市京都府ですが奈良の観光地として扱われるもんで。)

さて鍛冶屋線跡地を探る旅ですが、新しく作られつつあるバイパス
道路に沿って走ると、羽安という駅の跡に着きました。

20191206a.JPG 20191206b.JPG

…ココにはホームの跡休憩スペースのような屋根付きのベンチ
作られています。この道路がサイクリングロードだった頃から存在する
施設で「一目で分かりますよ」という情報を得ていました。

ソレはソノ通りとして、何やらイベントの準備らしき状態になってます。

私がココを見に行った翌日11月4日に、鍛冶屋線廃止30周年
新しいバイパス道路開通式を兼ねたウォーキングイベントが実施
されると言う事で、恐らくココがゴール地点になるのでしょう。

20191206c.JPG 20191206d.JPG

関係者の方が多くでて準備作業が行われてるワケですが、道路には
地元の子供さんがチョークで描いたであろう巨大な列車の絵があり
ますね。…青い車体のソレは、やはり鍛冶屋線末期気動車でしょう。

車が通るようになってしまえば、道路直に絵を描く事は出来なくなる
でしょうから、開通式に相応しい演出とも言えますな。

右の看板駅名票でしょうか?翌日から公開されるであろう感じで、
この時は段ボール覆われたままでした。…コレだけは実体が気に
なるから、後日何かのついでがあれば見に来る事にしましょう。

20191206e.JPG 20191206f.JPG

こちらは常設の物ではなくイベント限定で公開される感じのパネル
展示のようです。…古い時代駅舎や列車の写真を中心に、鍛冶屋線
歴史を紹介する感じで説明が為されていました。

イベント前の段階だから断られるかな?と思いつつ準備をしてる方
に訊いてみたら、撮っても大丈夫だと言う事でしたので、簡単にのみ
ですが記録しておきました。

準備中だからゆっくり見るヒマも無かったんで、終了後ドコか市原駅
の記念館
とか)で公開してくれたら有り難いんですがね。

20191206g.JPG 20191206h.JPG

この羽安駅の先にある同名の交差点で、バイパス道路終点です。

…てかココから先廃線跡既存の道路として、以前からある物なん
ですが、今後は四差路の交差点になるので、横断歩道などの工事
行われていました。

廃線跡新しい道路として有効活用されるのはイイ事ですが、この程度
の規模のローカル線だったらサイクリングロードのままで置いといて
貰えた方が、個人的には楽しいんですよね。

田舎ほど車社会だから、ソノ土地なりの事情はあるのかも知れません。
…ともあれ再び車道になりましたが廃線跡巡りまだまだ続きます

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.250 鉄道廃線跡を探る

鍛冶屋線跡地を探る2019 ④

2019/12/05(Thu)

観光の仕事で回った中に京都府木津川市浄瑠璃寺があったん
ですが、ココは最近矢鱈と猫が増えており自宅直近猫ヨシヨシ
スポットと化してしまいました。

20191205i.JPG 20191205j.JPG

…段々と寒くなってきたものの当日はイイお天気だったので、お寺の
門前お土産屋さん付近から大量にダラダラしていました。

仕事中なので全力での猫ヨシヨシ出来ませんが、隙を見て何枚か
写真だけ撮ってきましたクラ駅長です。…離島と違って来やすい場所
なのはイイとして、やはり猫を捨てて行く人も多いそうですが。

さて鍛冶屋線跡地を探る旅ですが、途中駅だった市原駅跡地
同じ感じの建物を再現して建てられた「鍛冶屋線市原駅記念館」
到着しております。

20191205a.JPG 20191205b.JPG

…こちらは以前に来た時にも見学しましたので、重複を避けるため
簡単にのみ触れておきますが、館内の切符売場などもリアルに再現
されていますね。

廃止時記念ラベル仕様ワンカップ大関まであったとは知りません
でした。…アレは確か、容器が透明だから商品ラベルに写真が
印刷されてるんですよ。私か子供の頃はエロ写真なんかもあったぞ。

20191205c.JPG 20191205d.JPG

奥の方は展示スペースで、お約束の鉄道グッズ古い写真が数多く
展示されいてます。…廃止1990年だからJR移管後の事であり、
末期加古川線共通運用緑色の気動車が主に走ってたのだな。

ココで小休止がてら、法華口「モン・ファボリ」で買ってきたパン
頂きます。…米粉のパンだから甘い菓子パン系のやつが合いますね。

20191205e.JPG 20191205f.JPG

そんな感じで再出発して、事前に調べてきた情報では市原駅の少し
北側にある「市原東」という交差点から、再びサイクリングロード
始まる筈だったんですが、何やら様子が違うんですよ。

「コレで合ってるよな?」と何度も地図を見直したんですが、どうも
そのサイクリングロード新しいバイパス道路変わってしまった
感じなのです(右の画像の奥手へ続いて行く部分)。

しかも道路は完成してるものの、ガード柵で塞がれてますから、まだ
供用が始まってナイのでしょう。…コレはどうした物か?

20191205g.JPG 20191205h.JPG

取り敢えずは西側を平行する従来の道路を走りつつ、畦道から少し
だけ新しい道路見に行ってみました。

…そんなに頻繁に来ない地域なので詳しくは知りませんが、環境から
してコノ辺も恐らくは車社会であり、従来の道路古い集落の中を
通ってますから、バイパスを通した方が安全なのかな?

こうなってしまうと廃線跡らしき面影殆ど無くなってしまいますが、
ソレ目当ての物見遊山で走る客の事を考えてか、所々に当地の遺跡
などを紹介する案内看板が見られました。

…幾つか見たけど「ココが元は鉄道だった」という物は無かったな。
ソレが些か残念ではありますが。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.249 鉄道廃線跡を探る

鍛冶屋線跡地を探る2019 ③

2019/12/04(Wed)

…色々と遅れ気味なので11月半ばの事になりますが、観光の仕事
奈良市北部木津川市辺りのお寺を回ってきましたクラ駅長です。

20191204i.JPG 20191204j.JPG

紅葉盛りの時期だったので、各寺とも庭園が見事な状況でした。
左が柳生の手前にある円成寺、右が木津川市海住山寺ですが。

…私らが御案内するのは大抵が年配の観光客さんなのですが、カメラ
好きな人が多いので私もスマートフォンですが、ついでに色々と撮る
事にしています。「仕事してる」と言う感覚は殆どありません

観光案内多い地域選んで正解だったと再確認する季節ですな。

さて鍛冶屋線跡地を探る旅ですが、田んぼに挟まれた築堤を暫く
行くと、陸橋に差し掛かりました。

20191204a.JPG 20191204b.JPG

下を流れる小さな川と車道を1本跨いでいます。…コレも明らかに
鉄道施設からの流用でしょうね。

下へ降りて確認してみると橋台などはカナリ昔の感じですし、橋桁
鉄道のガーター橋上部を追加して、幅を広げた感じでした。

20191204c.JPG 20191204d.JPG

そんな感じで現在の西脇市駅から約1.4km遊歩道一旦終点となり
幅の広い市街地の道路が出てきました。

この付近に元の西脇市駅があったようです。廃線後に駅は無くなり、
「西脇市」という駅名元の分岐点だった野村駅譲られました

土地は再開発され、ホテルマンションなどが建っていました。
歩道が広く取ってあり、ちょっとした公園のようになっています。

20191204e.JPG 20191204f.JPG

鉄道があった事を示す痕跡は何も見当たりませんが、案内板が1つ
あって、ソレに説明が記載されていました。

廃線後土地や施設の使い方ってホントに千差万別ですよね。
まぁ30年近く経ってるから当たり前か。

ココから先は廃線跡バイパス道路として活用されています。

あまり風景が変化しないので飛ばして行きますが、沿道のドラッグ
ストアなどはこの道路があるから出来たような物の筈でしょ。
廃線跡だとは知らずにこの道を通って買い物に来る人も多い筈。

20191204g.JPG 20191204h.JPG

更に走ると2つ目の駅だった市原駅に到着しました。
…ココにはキハ30型気動車が2両、静態保存されており、元の駅舎
レプリカとして再現された記念館が建てられています。

この記念館には以前に来た事があるので、今回は簡単にのみ紹介する
事にしますが、早速中へ入ってみましょう

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.248 鉄道廃線跡を探る