新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

伊豆への旅2020 ②

2020/04/03(Fri)

先日、駅ノート和歌山方面へ行くのに天王寺から阪和線紀州路快速
に乗りましたクラ駅長です。

20200403i.JPG 20200403j.JPG

ラッシュ時間帯だけど下り列車なのでソコソコ空いてまして、全部
埋まって
立ってる人何人か居るぐらいの乗車率です。

阪和線225系と言うのは、関空対応座席1列-2列になってて
絶対数が少ないワケですよ。私は座れなかったんですが、よく考えたら
駅ノート用の椅子があるじゃない。…思い出す事の方がなのですが。

それと私は鞄にS字フックを入れてるので、ドコかに棒状の物があれば
荷物を引っ掛けるのにも使ったりします。コレは便利。…中途半端
混んでる電車に乗る事が多い方は、是非とも参考にして下さい

さて伊豆への旅ですが、発車した伊豆箱根鉄道の車内で、先程三島駅
で買ってきた駅弁を頂いております。

20200403a.JPG 20200403b.JPG

地名が入ってる事に惹かれて「箱根山麓 三島宿 豚 炙り焼き弁当」
と言うのを買ってきましたが、焼肉物レンジで温められる環境の時の
方が更に美味かったかも知れません。

そんな感じで約20分、目的地の伊豆長岡駅に到着しました。

20200403c.JPG 20200403d.JPG

同社駿豆線本社車庫が手前の大場駅近くにありますが、ココも
運行上の要衝のようで大きな駅舎のある有人駅です。

オリジナルとしての優等列車少ないものの、JRから特急「踊り子」
修善寺編成が乗り入れてきます。…とは言っても「L特急」
して1時間ヘッドで走ってた物が、今は4往復だけなんですね。

20200403e.JPG 20200403f.JPG

…とか鉄道情緒に浸れるのはココまででして、最近の伊豆長岡駅
アニメ「ラブライブ!サンシャイン」聖地の1つとして知られるように
なりました。

例によって私には知識皆無の世界ですが、御当地の伊豆の国市
沼津市周辺
が舞台のようです。不人気で廃校寸前の学校の女子高生
たちがアイドルグループを結成し、人気回復を図る話…で合ってる?

こうなると自治体地元企業…殊に交通系の会社コラボして集客
を企む所までセットなのが最近の風潮でしょう。てかアニメを創る側
ソレを見越して「未開拓な地方都市」を探してるフシがあるわ。

ともあれ駅周辺萌え看板だらけになっておりました。

20200403g.JPG 20200403h.JPG

…たまたま駅前に停まってたバスからしてこんな状況でした。
油性ペンで手書きしてあるのは声優さんのサインだと思われます。
車内アナウンスなども声優さんらしき人の声が聞こえてますな。

前側の女の子はヨシコちゃんって言うんですか?…ウチの母と同じ
名前ですが、アニメキャラでヨシコちゃんってば、私にはサリーちゃん
の友達しか思い浮かびません。

しかし私の目的アニメの聖地巡りではないワケでして、同駅に設置
された駅ノート…正確にはファン用の巡礼ノートを描きに来たのでした。
早速探して作業に取り掛かる事にします。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.369 乗り鉄日誌>地方私鉄

伊豆への旅2020 ①

2020/04/02(Thu)

20200402i.JPG
JR奈良駅に入ってるパン屋さん新商品
と思われる広告です。

台湾ドーナツだそうですが、商品が単体
載った写真なので品物の大きさがイマイチ
分からず、尚且つ一般的なドーナツとは違う
色合いなので…

痔の人が使う座布団かと思いましたクラ駅長
です。…はいソレだけー!

たまにはおバカネタでもイイじゃない

さて新たな報告です。日々各地へ絵を描きに回ってる駅ノートですが、
一応は対象範囲を決めておりまして、東海道を東へ行く方向としては
静岡県内までと考えてるワケです。

静岡横に広い県ではありますが、現状で最も遠い(と思われた)のが
伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅なんですよ。過去には根府川(東海道本線)
稲梓(伊豆急行線)にも存在したらしいのですが。

…今回は取り敢えず伊豆長岡から初めて、少し戻った岳南電車2駅
吉原本町比奈)へ行っときましょう。

20200402a.JPG 20200402b.JPG

伊豆長岡伊豆箱根鉄道駿豆線だから三島まで東海道新幹線です。
…今回もノンビリ行きたいから京都から「こだま」にして、早割ならそっち
の方が安かったりもするグリーン車です。

謎のウイルスによる色々な自粛ムードの影響で、一々そんな事を考え
なくても軒並み空いてるようですが、1両に3人程度快適さでした。
イイお天気だったので富士山がキレイに見えましたな。

20200402c.JPG 20200402d.JPG

東海道新幹線三島駅は、島式ホーム上下共通で1本追い抜き線
外側にある特異な構造です。

東海キヨスク各駅の駅名票をデザインしたグッズ(何か忘れた)を発売
した時、ココだけ左右の隣駅が通常とは逆向きの表示になってたのを
思い出しました。…芸の細かい話です。

着いたのがお昼時だったので、ココで駅弁を仕入れて行きましょう。

20200402e.JPG 20200402f.JPG

矢鱈と長い地下通路を歩いて伊豆箱根鉄道に乗り換えます。
一時期、同社のイベント社長(木村)が呼ばれてた事もあって何度も
行ってる人は何度も乗ってるのでしょうが、私は乗り潰し以来です。

自撮り1枚でよかった気がしますが、何故か撮ってしまいました。

同社の電車にも各種のラッピング車両がありますが、入線してたのは
オリジナル塗装3000系でした。初期の車両車齢40年だそうな。

20200402g.JPG 20200402h.JPG

伊豆箱根鉄道「いずっぱこ」と称するようになったのはいつ頃から
なんでしょう?それこそ最近木村がイベントに呼ばれるようになって
松井さんがよく口にするから知ったようなイメージです。

ソレはいいとして「ライオンになりたいネコ」って何だ?
ぁ、「ライオン西武」「ネコ子会社伊豆箱根鉄道」って事?
別に無理しなくてもイイと思うんですが。

沿線の伊豆の国市には世界遺産になった韮山反射炉などの観光地
あり、終点は温泉町としても名高い修善寺ですが、今回は無用です。

伊豆長岡までは片道330円約20分程度の距離でした。コレだけなら
フリー切符の類も必要ナイでしょう。

3月も半ばになり、イイお天気なので流石に暖かい伊豆半島で、僅かな
距離ではありますがノンビリした乗り鉄の旅ですよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.368 乗り鉄日誌>JR東海

駅ノート 永原

2020/04/01(Wed)

今日から新年度に入りましたが、ウチのブログは特に大きな変化もなく
普段通り進めて参りますクラ駅長です。

…とは言え3月末の予定だった木村鉄道の社員旅行謎のウイルス
騒ぎで中止(延期?)になったので、補完の意味もあって近場駅ノート
を回っております。今回は湖西線永原駅へ行ってきました。

枚数の都合で割愛しましたが、今期青春18きっぷを買って1回目
利用です。期間内に近場を何度か回れば使い切れる算段ですの。

20200401a.JPG 20200401b.JPG

位置としては北陸本線との合流点になる近江塩津1つ手前です。
現在は敦賀までが直流電化になりましたが、ココ近江塩津
間にデッドセクションがあったんですね。

なのでソノ頃は直流電車折り返す駅であり、今でも少数ながら
ココで折り返すダイヤが存在します。また試運転の車両湖西線
入れた場合、ココまで走る事が多いようです。

配線としては2面4線追い抜き可能な駅です。…湖西線自体が殆ど
高架築堤の上を走ってますので、ココもホームから階段を降りて駅舎
へ至る構造になってました。

20200401c.JPG 20200401d.JPG

…ソレにしても長い(と言うか深い階段ですね。
一般的な高架駅ぐらいの段数があるような気がします。

コンコースと言うのか地下の通路へ降りた所に、ベンチICOCAの
カードリーダーがありました。冬場カナリ寒い地域なので、ホームで
待つのがツラい人はココにも座れるように。との配慮でしょう。

地下通路を抜けて仕切りの扉を越えた所からが駅舎になります。
簡易委託駅なので、日中は窓口で切符を買う事も出来るようですよ。

20200401e.JPG 20200401f.JPG

駅舎の外観は、三角屋根ログハウス調のデザインになってました。
ココには観光案内所広くて快適な待合室があり、テーブル上には
地元の小学生の皆さんが作ったらしい観光案内が載ってました。

…何となく近江塩津駅のソレに似てますが、もっと広くてゆとりがある
感じです。同じ長浜市なのでコンセプトも似てくるのかしら?

で、駅ノートもココにありそうなもんですが、探しても見当たりません

そもそもココの駅ノートは「以前にあったけど無くなった」との認識に
なってました。ソレが今年の2月初旬「書いてきました」的なツイート
をしてる人があり、「復活したのか?」と思ってきた次第なんです。

一般的な駅なら「待合室無かったらナイ」と言う感じなのですが、
ココは矢鱈と広くて、待合室ココだけではありませんのですよ。
案内所の人訊くのは最終手段にして、まずは探してみましょう

20200401g.JPG 20200401h.JPG

2本のホームにもソレゾレ、殺風景ながら待合室があります。恐らくは
ココに出来た物であり、お洒落な駅舎の方後付けなんでしょう。
その1・2番線敦賀方面行きの室内にあるのを発見しました!

現在のメインである駅舎の待合室に置かれずこんな所にあるって事は、
自治体の公式
じゃなく黙認モノの可能性がありますが、下手に案内所
で訊いて話が拗れても困るので放っときます

私がある所で貰った資料では2018年4月の段階で「なし」となってました。
しかしノートの書き込み2018年1月から始まっており、撤去再設置
じゃなく単に見落とされてた可能性もあります。…まぁ仕方ナイでしょう。

20200401i.JPG 20200401j.JPG

雨の平日の昼間と言う最もヒマそうな時間帯なので、駅ノート快適な
駅舎側の待合室へ持ってきてココで描きました。…例の観光案内の中
から、面白そうな題材を選んで3匹に割り振ります。

てんが演じてるのは「浦安の舞」と呼ばれる巫女神楽で、歴史的には
新しく昭和に入ってから考案された)各地のお祭り同様の物が存在
するらしいです。

ココでは小学校高学年の女の子舞姫を務めるので、ピッタリかなと。

ぱの腹帯観音は当地の大浦観音堂に伝わる物で、ソノ特徴の通り
腹帯が巻かれており、安産祈願の観音様なのだそうです。

コレに関しては写真がコピーで潰れてるので、観光用のポスターも参考
にしてます。…ぱの桜耳なので妊娠しませんが。

あとのろホタル。…水辺に近い田舎なので多く居るであろう事は想像
出来ます。最後がナカナカ思い付かなく適当な仮装になってますが。

当日はココだけの予定だったので、余裕を持って描けました。
駅の並びで言えば永原近江塩津新疋田3駅連続駅ノート
存在する事になるので、以降は周辺とも併せて回る事にしましょう。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.367 駅ノートの記録