新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

南海平野線を探る ①

2020/07/11(Sat)

さて新たな報告ですが、大阪市内に残る廃線跡第三弾として、
南海平野線を探ってきましたクラ駅長です。

南海電鉄とは言っても本線や高野線のような高速鉄道ではなく
いわゆる「阪堺電車」の1路線だった所で、殆どの区間が専用軌道
を走る路面電車のような路線です。

20200711a.JPG 20200711b.JPG

区間としては現在と同じ阪堺線今池駅から分岐して、南東方向
平野駅まで5.9kmを結んでいました。

開通大正2年の事ですが、阪堺電車と言う会社は経営母体時々
変わってたもんで、親会社でもある南海電鉄合併されてる時代の
昭和55年廃止されたもんで「南海平野線」になるワケですね。

…ちなみに同線廃止(運転最終日)昭和55年11月27日の事なの
ですが、4日後同年12月1日に再び阪堺電車として独立しています。

そんな感じで今池駅からスタートです。前回、同じ南海の天王寺支線
廃線跡を歩いた時から気になってました。(と言うか電停かな)の
位置は例によって、事前に調べた物地図アプリに落とし込んでます。

見れば分かる通り、現在は殆どの区間後に開通した地下鉄谷町線
肩代わりしてますね。

20200711c.JPG 20200711d.JPG

まずは今池駅の周辺からですが、例によってコノ付近特殊な地域
なので「常識でしょ」と言う事を一々貼り紙にして書いてあります。

私が通り掛かった時、件の駐輪場ではおばさんが爆睡てました。
女性のホームレスが出るとソノ国は経済的に終わってると聞くん
ですが、大丈夫なんですかね?

貼り紙と言えばお約束猫関係人間ほぼ同じような生活
スタイルで暮らしてる町なので、恐らく結構な数が居ます。

最後の行塗り潰してあるのが気になるんですが、猫にエサを与え
なければ何なんでしょう?

20200711e.JPG 20200711f.JPG

ともあれ今回は、駅の階段付近2匹ほど発見しました。
黒い方はまだ子猫ちゃんかも知れません。

ついでに言えば、路上の其処彼処人間のオッサンも似たような感じ
座り込んでるのがデフォです。…しかしカナリ高齢化したな。
恐らく世代交代してないから、そのうち無くなる文化かも知れません。

20200711g.JPG 20200711h.JPG

…そろそろ真面目に廃線跡を探っていきましょう。

今池駅から住吉大社方向へ向かうと、線路は30‰下り坂
なっています。手前の鉄橋部分天王寺支線跨いでたワケですが、
下を通ってたソレが廃止されても、立体交差元のまま残ってます。

そしてコノ勾配の途中から、平野線南東方向へ向いて分岐
していたそうです。都市部の路面電車だから複線だった事でしょう。

付近の地図を見ると、土地の区割不自然に斜めになってる所が
あり、明らかに廃線跡だと分かる形になっています。で幾つかの
建物はその区割りに沿って斜めに建てられてるようですね。

20200711i.JPG 20200711j.JPG

そして上の地図に載ってる建物AとB…何れも集合住宅のようですが、
実物の写真がコレです。は建物自体が途中で折れてる形だし、
道路に対して斜めだからエントランスが台形になってます。

こう言うの発見した時が、廃線跡巡りをやってて一番面白い瞬間
ですね。今回はアタマから興味深い光景を見る事が出来ました。

では続けて廃線跡を歩いて行きます。路面電車だから普通に道路
を歩けばイイだけなので、気分的には楽ですね。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.468 鉄道廃線跡を探る

わんぱーくこうち の保存車 ②

2020/07/10(Fri)

…さてわんぱーくこうち保存車両ですが、続いては小さな遊園地
なってる部分に移動してきましたクラ駅長です。

20200710a.JPG 20200710b.JPG

アトラクション遊具に囲まれて、明らかに50系客車と分かる車両が
ありました。…ちなみに当日暑いぐらいの晴天でしたが、月曜日
の早朝なので入園客殆ど見かけない状況です。

よく見える位置に銘板がありますので、昭和53年製の車両である事が
分かります。外板の状況を見るに、何度か同じ色塗り直されてる感じ
でしょう。…遊園地だからって変な色しなかった所がイイですね。

20200710c.JPG 20200710d.JPG

こちらには詳しい説明書きが添えてありますね。…同系列の客車
造られたのが昭和50年代の事なので、私も辛うじて知ってます

てか50系と入り代わりに手動ドアの旧型客車淘汰されていった
ワケだから、国鉄&JRローカル客車列車って大抵はコレでした。
オハだから車掌室(とトイレ)ないタイプで、実は少数派です。

保存車両ですが園内の休憩施設として使われてるようで、車内に
入れます。…オリジナルも車端部ロングシートでしたが、前後に
1.5区画ずつ広げてありますね。末期改造されたのでしょう。

20200710e.JPG 20200710f.JPG

外側側面車番表記塗り潰されていますが、車内プレート
残ってました。…新潟鐵工は現在の新潟トランシス前身に当たる
メーカーであり、古くから国鉄の客車多く手掛けてる会社です。

そして座席モケットではなくビニールレザー張り替えてあります。
…こっちの方が劣化にしくく掃除も簡単だからでしょう。
実際に掃除隅々まで行き届いており、古さ全く感じませんわ。

いいアイディアだと思うし、国鉄車両座席としての微妙な角度
上手く再現されてますが、を言えばもぅ少し濃い物にして、
現役時代の青モケットに近付けて欲しかった所です。

20200710g.JPG 20200710h.JPG

ロングシートの区画増えた事で、床のリノリウムに変な継ぎ目
生じてるんですが、コレは初めて見たかな。てかクロスシート好き
私としては、クロス区画は出来るだけ減らさないで欲しいのですが。

そんな感じで車内を見終えて反対側から外に出たら、いきなりお馬
等身大フィギュアが居ました。…ハルウララ?何かで聞いた事あるな。

2000年前後に「あまりに弱すぎる競走馬」として有名になった子だわ。
高知が本拠地だったようです。…ソレはいいとしてどぅなった?

20200710i.JPG 20200710j.JPG

猫そのもの居ませんでしたが、併設されてる動物園ライオン
が居ました。コレとてでっかい猫みたいなもんですが、流石にちょっと
ヨシヨシ難しいかな?

しかし柵に添えられてる注意書き笑えます百獣の王たる者が、
なんちゅう地味な技を使うのか?…恐らく自然界では不要な事なの
かも知れませんが。牝のライオンドン引きしてる絵がイイわ。

と言う事で、最後は何だかワケが分からない展開になりましたが、
2泊3日四国の旅の報告はココまでです。…駅ノートに関しては、
四国島内で現在確認されてる10箇所制覇出来ました。

…続いてはまた回数稼ぎ廃線跡です。コレも昭和50年代頃まで
大阪市内に存在した、南海平野線跡地を探しに行ってみましょう。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.467 鉄道保存施設を探る

わんぱーくこうち の保存車 ①

2020/07/09(Thu)

…そんな感じで四国3日目ですが、高知市泊まった所からスタート
致しますクラ駅長です。

20200709a.JPG 20200709b.JPG

今回の高知宿泊先は久し振りにスーパホテルでした。
宿泊ポイントスタンプカードからスマートフォンのアプリ変わった
ので、既存の物で引き換えられる現金を貰ってしまうための措置です。

最近は何か従業員酷使しすぎて訴えられたような話も聞きますが、
現場のスタッフの皆さんは相変わらず親切&丁寧に仕事されてます。
が幾ら頑張っても上に立つの馬鹿だと組織はダメになりますよ。

当日は奈良帰るだけなのですが、折角だから近くにある保存車
見て行こうと言う事で、その敷地が開くのが9時だからノンビリ出ます。
LPスタンド繁華街に近い所にありました。

20200709c.JPG 20200709d.JPG

高知駅前から路面電車の走る線路を海岸方向へ向かいます。
日本の「がっかり観光地」として時々トップになるはりまや橋を通って
終点付近にある「わんぱーくこうち」と言う所に着きました。

小規模な遊園地と動物園がある公営のテーマパークのようです。
ココに2両保存車両があると聞いて来ましたので、探してみましょう

20200709e.JPG 20200709f.JPG

まずはとさでん交通200型電車です。同型の車両は今でも同社
使われていますが、この218号2000年に廃車になってココに保存
されたそうな。昭和20年代後半塗装を再現してあります。

…てか復刻塗装の電車は前日の夕方にも見かけたんですが、もっと
渋めの緑色なんですよ。例えが難しいのですが抹茶チョコみたいな?
南国の強い陽射し変色してしまったのかも知れません。

同型の車両現在も走ってるので、床下機器などは部品取りのため
外されてるようです。

そして同社路面電車に特有の、菱型のサボ受けが残ってますな。
太目の筆書き文字「いの」「ごめん」とかインパクトがありました。

20200709g.JPG 20200709h.JPG

車内にも入れるようなので乗車してみましょう。
廃車になって20年近く屋外にある割にソレほど傷んでません
恐らく毎日ドアや窓を開け閉めして、人が入れるからでしょうね。

とさでん路面電車前後に寄ったスタイルなので、ロングシート
延々と続いてますね。吊革蛍光灯外されています

非常ボタンは「ダメだけと押してみたい物」ですよね。保存車なら
押し放題だと思われますが、ケースの蓋開けて押せよ
運転席も残っていますが至ってシンプルです。…元々この程度かな?

20200709i.JPG 20200709j.JPG

反対側の制御器銘板が残ってました。…昭和31年日本車両か。
路面電車ってのは60年70年当たり前に使うイメージですね。
老齢の電車ICカードリーダーとか、私には萌えポイントです。

では路面電車コノ程度にして、次を見るべく外へ出ます。
「猫へのエサやり禁止」の看板があるって事は居るかも知れない
と言う事なので、ソレも期待しつつ次に移ります。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.466 鉄道保存施設を探る