新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

四国まんなか千年ものがたり ①

2019/09/18(Wed)

20190918a.JPG
…続いて伯備線の小ネタですが、
同区間単線なので、特急同士
上下交換が本来の通過駅になる
場合もあるらしく、方谷では滞在中
何度か見かける事がありました
クラ駅長です。

接近放送が「電車が到着致します
尚この電車にはご乗車頂けません。」
とか言うんで、ソレで分かります

さて「四国まんなか千年ものがたり」ですが、車内の準備が出来
ようなので、早速中へ入らせて頂きましょう。

…ソレにしても長い列車名なので、ブログの記事にした時にタイトル
1行で収まるかな?と言う懸念がありましたわ。何とかなってる?

20190918b.JPG 20190918c.JPG

形式としてはキハ185系中間車を含む3両編成です。…中古車改造
がデフォルトの観光列車ですが、思い切って特急用車両を起用した
所が評価出来ると思います。…てかキハ47もそろそろヤバいのか?

階級としてはグリーン車列車種別特急フルオプションですな。
逆に珍しいと思うんですが、ソレぐらい儲けてもいいと思います。

私が買った切符は大歩危寄り、緑色の1号車でした。
乗車口オリジナルのマットが敷かれて、アテンダントさんが迎えて
下さるのは「伊予灘ものがたり」と同じ感じですね。

20190918d.JPG 20190918e.JPG

1号車には「春萌(はるあかり)の章」と言う名前が付けられています。
ボックス席カウンター席交互に配置したレイアウトで、椅子の
車体と同じ緑色になっていました。

内装はシック濃い色の木材が使われています。照明無駄明るさ
なく間接照明イイ雰囲気を出しておりますよ。

20190918f.JPG 20190918g.JPG

改造は四国なので多度津工場。…社長イベントに呼んで貰ってた頃、
何度か見学させて頂きましたね。平成29年だから、何だカンだともぅ
2年もやってるのか。

天井はに囲炉裏をイメージした格子があしらわれており、窓のブラインド
すだれっぽい和風のデザインでした。

最近の鉄道高速化と合理化ばかりが目立ち、魅力ある定期列車
減ってる気がするんですが、各地で特色を出した観光列車が増えてる
事に関しては「いい時代になったな」と思いますよ。

20190918h.JPG 20190918i.JPG

網棚がナイので、荷物スペースとして随所に違い棚のデザインになった
ラックが置かれています。

コンセントココの中隠されてるかのように存在するんですが、
数が少ないので「早い物勝ち」になりそうな雰囲気ですね。

では折角ですから、大多数のお客さん列車の外観気を取られてる
うちに、他の号車画像で押さえてしまいます。 
 
→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.171 乗り鉄日誌>JR四国

大歩危への旅2019 ④

2019/09/17(Tue)

駅ノートで降りた伯備線備中川面駅ですが、行く前に一応はGoogle
のストリートビューで、近くに商店飲み物の自販機などはあるのか?
と言う事を確認してたら、駅前タクシー会社がある事が分かりました
クラ駅長です。

20190917a.JPG 20190917b.JPG

続けて行く予定の方谷駅隣の駅なので、中途半端に時間が空いた
場合などにタクシーで走れば効率がイイかな?と思ったんですが、
2時間ぐらい現地に居て、しかも昼休み時なのに結局は車が戻って
きた様子は一度もありませんでした

ココは岡山県高梁市なので、効率よく客を乗せるには例えば備中高梁
の駅前
などで待機してる方がイイのでしょう。…まぁ電話すれば呼べる
かも知れませんけどね。

さて新たな報告です。8月の最終週、以前から気になってた土讃線
「四国まんなか千年ものがたり」に乗りに行ってきました。今回は前後
休みを取らず日帰り弾丸ツアーです。

20190917c.JPG 20190917d.JPG

すっかり通い慣れた岡山駅から撮ってますが「四国まんなか…」
関して言えば、数少ない平日運用として金曜日を選んで10時打ちした
ものの、多度津始発の下り便取れなかったので、大歩危で折り返す
上り便になったんです。

…だから奈良を出たのが10時と言う、私には遅めの出発でした。
岡山から乗るのは1205発特急「南風9号」です。

20190917e.JPG 20190917f.JPG

今回も現地までの往復自由席です。ソレほど混まないと思われる
状況なら、変な客避けて座れる自由席の方が気楽。

当日、Twitterつるぎさんと遣り取りしてたのですが、来年辺りから
新幹線大きい荷物を持ち込むのに予約が必要になり、忘れると
1,000円徴収なんですよね。…「忘れたら乗れない」でもイイと思うけど。

そろそろ昼食時間帯ですが、今回は豪華な食事が出る列車なので、
ココは軽めにしておきましょう。

20190917g.JPG 20190917h.JPG

四国に渡って徳島県に入ると、例の坪尻駅を通過します。特急の車窓
からでは一瞬ですが、まだ18きっぷシーズン中の事なので、何人かの
物好きな人降りてるのが確認出来ました。

…後で乗る「四国まんなか…」はココで観光目的の停車時間を取る事
になってるようですよ。そんな感じで約2か月ぶり大歩危駅です。

20190917i.JPG 20190917j.JPG

以前に来た時「四国まんなか…」下りが着いて、その直後に発車
発車する「南風14号」で帰ったワケですが、その後もずっとホームに
留置されてる感じのようです。考えたらココは折り返し線とかナイし。

今回は30分しか時間がなく発車15分前1405にはドアが開くと言う
事なので駅ノート「存在を確認するだけ」なのですが、振られている
通し番号38。私が描いた2か月前が36の最終だったので、その間に
1冊強の進み方ですね。…やはり回転が早いわ。

そうこうするうち、車内の準備が出来たようなので、早速乗せて頂く
事にしましょうか。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.170 乗り鉄日誌>JR四国

新見への旅2019 ②

2019/09/16(Mon)

…と言う事で、伯備線方谷駅駅ノート描き終えましたが、同駅
珍しい物が多く、前回に紹介しきれなかった所から出して行こうと
思いますクラ駅長です。

20190916a.JPG 20190916b.JPG

方谷駅駅務室は、資料館として日中限定ですが中に入る事が可能
です。コレまた後で詳しくやりますが当地は江戸時代山田方谷さん
と言う学者先生の塾があった所でして、ソノ資料などがあるんですよ。

…現在は一応「休止中民間委託駅」と言う扱いなので、出札口なども
使える状態で残されています。内側からの視線って、ナカナカ見れない
ので貴重な体験が出来ましたわ。

そして駅ノートを描いてる時から気になってたんですが、どうも周囲が
猫くさいと言うか…私も猫ヨシヨシを始めてカナリ経つので、その存在が
匂いで分かるようになってしまったんですよ。

20190916c.JPG 20190916d.JPG

…周囲を探してみたら駅前に駐まってる軽トラの下に、トラ模様の子
居ました。昼寝から起きるとカナリ厳つい顔をしてましたが、怒ってる?
まぁコレが地顔なのかも知れませんが、貫禄がありますな。

20190916e.JPG 20190916f.JPG

更にもぅ1匹建物の床下黒い子を発見。…出てくるとぱのとは似て
おらず下膨れな顔立ちの子でしたが、先程のトラちゃんに何か用事が
あるらしく、軽トラの下に向かってニャゴニャゴ話し掛けてました。

そんな感じで今回も猫ヨシヨシ未満ではありますが、暫く猫を観察して
新見へと向かいました。

20190916g.JPG 20190916h.JPG

新見に来るのも久し振りですが、中国地方の真ん中横断する
鉄道のターミナル駅として、どうも津山新見三次3駅イメージ
混ざって困ります。まだまだ旅慣れてナイ証拠なのかも知れません。

新見駅の周辺はホテル少ないので、直近の宿泊施設は久し振りに
和室メインの旅館です。…まぁWi-Fiが通じればドコでもイイのですよ。

20190916i.JPG 20190916j.JPG

基本的には朝風呂派の私ですが、今日はカナリ暑かったので先に
お風呂を使わせて頂く事にしましょう。…部屋にユニットバス
ありましたが、こう言う日は大きな風呂がある旅館正解かもね。

出歩くのが面倒だし、旅館ってのはきちんとしたレストランが存在して
夕食を取る事が可能なので、少し高めの定食をオーダーしました。

今までずっと「旅に出たら飲んだくれる」パターンが多かったんですが、
コレを機会に今後は「可能なら一膳の定食」改めて行こうかなと。
ビール最低限にして節約します。…浮いたお金模型鉄の資金な。

新見から先伯備線にも駅ノートが目白押しの状況なので、今後も
新見軸にして動く事が多くなると思われます。…新見高速の
インター近いのも便利かも知れません。

そんな感じで初めて伯備線の駅ノートとソノ周辺ネタはココまで
次回からはいよいよ「四国まんなか千年ものがたり」へと移りますよ。
…この長ったらしい列車名どうしましょうかね?




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.169 駅長が見た風景