新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

鍛冶屋線跡地を探る2019 ⑧

2019/12/09(Mon)

先日「一万三千尺物語」富山まで往復した時の話です。

金沢までの往復特急「サンダーバード」なのですが、車内でパソコン
を持ち込んで作業をするので、往復ともコンセントに近い車端部の席
選んで取り、更に概ね南北方向に走る湖西線内での陽当たりを考えて、
どちらも進行方向に向かって左側を確保したんですよ。

20191209i.JPG 20191209j.JPG

…そしたら帰り折角の状況なのに右(西)側の席カーテンの引き
甘いヤツが居まして、直射日光当たりまくりでした。

敦賀到着ぐらいまでに作業終わってましたので、後は5ちゃんねる
スレッドでも眺めてればいいワケでして、からカーテンを被って
スマートフォンを見ておりましたクラ駅長です。

高架橋を走る列車の影が、地面にカナリ長く落ちているのが分かり
ますでしょうか?当日はイイお天気すぎて、駅で写真を撮るにしても
日陰が暗くなりすぎたりするから、に色々困りましたわ。

さて鍛冶屋線跡地を探る旅ですが、間もなく終点鍛冶屋駅
到着するようです。

20191209a.JPG 20191209b.JPG

西脇市内にあったのと同じような新しい距離票が建ってますが、
周囲はめっちゃお墓ですね。帰って画像を見てから知りました。

自転車可遊歩道として整備された廃線跡約1.5kmに渡って続いて
おりますが、所々に信号設備の機器箱と思しき物がモニュメント的に
残されていました。

…ぃゃ、私でも「コレは何だ?」と訊かれたら上記の感じにしか答える
事は出来ないワケで、一般の人から見たら単なる箱でしょ。
信号機本体とか、もっと分かりやすい物は無かったんですかね?

20191209c.JPG 20191209d.JPG

入口付近にあったのと同じタイプアーチ状のゲートがあり、ココで
廃線跡終点になります。…駅跡である事を示す看板がありました。

鉄道もソノ使命を終えたと判断されると廃止されるワケですが、
廃止時期周辺環境によって廃線跡再利用方は様々ですよね。

既に周辺の道路充実しており、線路跡にまで建物を建てる必要が
ナイ場合に、こうして遊歩道として残されるケースが多い感じか?
…勿論、私にとってはソレが一番有り難いんですが。

20191209e.JPG 20191209f.JPG

駅の跡地には「鍛冶屋線記念館」として、元の木造駅舎リフォーム
した建物と1両分のホームが残されており、キハ30型気動車が1両
静態保存されています。

「鍛冶屋線記念館」ネット検索した場合、ココと先述の市原駅の
記念館
両方が引っ掛かるワケですが、ココは限定的にしか公開
されてないようで建物内には入れますが部屋は施錠されておりました。

20191209g.JPG 20191209h.JPG

こちらも以前に来た時に(見れる範囲で)見学しましたので簡単にのみ
紹介しておきますが、ホームには鍛冶屋駅の他、手前の中村町駅
駅名票も建てられています。

鍛冶屋線の車両は加古川線共通運用だったから同じ青緑色です。
…車両が雨ざらしなので段々と色褪せてきたのが残念な所ですね。

そんな感じで関西のJR(国鉄)廃線跡も、自分が世代的に知ってる
大部分を回れたような気がします。…このカテゴリーの今後は、
他の地域面白そうなやつを選んで回る事になりそうですね。

まだまだ気になる廃線跡沢山ありますので、適当にお楽しみに。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.253 鉄道廃線跡を探る

鍛冶屋線跡地を探る2019 ⑦

2019/12/08(Sun)

20191208i.JPG
先日、東京からの帰り「ドクター
イエローのお子様ランチ」を買った
事で、新幹線車両をデザインした
持ち帰り前提駅弁容器。…が全て
集まってしまったかも知れない
クラ駅長です。

…折角だから全部並べてみました
JR移管後は各社で個性豊かな車両
が走ってるワケですが、九州は?

…単に自分が知らないだけかも知れませんので、次回九州へ行く
機会があれば(間もなくあるワケですが)調べてこようと思います。
博多駅「駅弁スタジアム」なら全部揃ってますでしょ。

さて鍛冶屋線跡地を探る旅ですが、先述の通り中村町駅跡地付近
旧中町中心地であり、現在の多可町役場もココに置かれています。

20191208a.JPG 20191208b.JPG

地元の人にとっては「中町」という地名の方が馴染み深いのか、役場
の前
には「中町」としての町政80周年の記念碑が建っておりました。

その近くに何故か錆びたレール2本
鉄道があった事を示す記念物としては中途半端だし、ベンチか何か
として再利用されてるフシもありませんね。全く以てです。

20191208c.JPG 20191208d.JPG

更にバイパス道路を進むと、車道三叉路行き止まりになっており、
その真向かいに大きなポプラ(だと思う)の木が2本上植えられた地点
に出ました。…ココからまた自転車道が始まるようですよ。

説明書きによると「水と風の遊歩道」と名付けられた道のようです。
起点近くは西脇市なので、ココとは行政区画異なります同じような
発想でこちらも自転車道が作られたようです。

廃線跡土地自治体に譲渡されるケースが多いのですが、その
活用方法に関しては各自治体によって大きく異なるのが事実。
市の境界を越えると一気に状況が変わるケースを幾つも見てきました。

20191208e.JPG 20191208f.JPG

「水と風の…」と題してあるだけあって、随所に噴水(らしき物)を備えた
公園が造られています。…しかし今が冬場だからか経費節減のため
なのか、長らく水を出してナイように見えましたな。

更に進むとまたガーター鉄橋が出てきました。…加古川源流の1つで
概ね鍛冶屋線平行して流れる杉原川という川です。

ココを渡れば終点鍛冶屋駅まではあと1km程度であり、恐らく運転士
さんの気持ち「ようやく一息」って感じだったものと思われます。

20191208g.JPG 20191208h.JPG

欄干には鍛冶屋線を走ったC12型蒸気機関車と、現役時代気動車
列車の写真が飾られておりました。…若桜鉄道体験運転をさせて
頂いたC12型167号機ココ出身だとは知りませんでしたが。

この鉄橋側面へ回り込んで全体像を見てみましょう。
…やはり鉄道のガーター鉄橋そのままの造りで、中央部だけが物見台
のように広げてある感じです。

そんな感じで私の廃線跡旅あと1km。間もなく終点鍛冶屋駅
到着しますよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.252 鉄道廃線跡を探る

鍛冶屋線跡地を探る2019 ⑥

2019/12/07(Sat)

そんな感じで鍛冶屋線跡地を探る旅を続けておりますクラ駅長です。

20191207a.JPG 20191207b.JPG

左は一見すると普通の車道ですが、コレも廃線跡なんですよ。
立派な道路があるのに家の玄関がソレに面しておらず反対側
向いてる事で察しが付く状況でした。

羽安駅を出て少し走ると廃線跡多可町という町に入ります。
2005年に近隣の3つの町合併して出来た自治体だから、鍛冶屋線
が走ってた頃には存在しなかった事になりますね。

Wikipediaで見ると「敬老の日」発祥地なんだそうです。…の事
はイザ知らず、尊敬に値する老人って殆ど居ない気がするけど。

20191207c.JPG 20191207d.JPG

歩道の柵列車のデザインの物が使われており、コレが辛うじてココが
線路跡である事を示す物になるでしょうか?

…しかしパンタグラフが付いてるから電車だわ、カラーリング昔の
小田急みたいな事になってるわ、カナリ適当ですね。

その先にある小さな公園が、曽我井という駅の跡地だそうです。

20191207e.JPG 20191207f.JPG

ココには駅があった事を示す案内看板と、駅名票が残されています。
写真で見る限りには桜がキレイに咲く所のようで、現在でも周辺に
多くの桜の木が植えられているのが確認出来ました。

…しかしコノ駅名票だと、ホーム終点鍛冶屋に向かって左側
あった事になりますね。現在の道路と公園位置関係からすると
些かズレてる気がしますが、桜並木植え替えられたのかしら?

20191207i.JPG 20191207g.JPG

更に行った「あかね坂公園」という公園の付近が。次の中村町駅
跡地になるようです。…歩道線路をイメージしたデザインですね。

この辺が多可町として合併発足する前中町という自治体の中心部
で、中町の役場がそのまま現在の多可町役場になってるそうです。

20191207h.JPG 20191207j.JPG

公園にはコレまた適当なデザイン汽車のオブジェと、お約束の
駅名票が残されておりました。…廃線から30年以上経ってるワケ
ですが、国鉄タイプのソレが朽ち果てずに残ってるのが不思議です。

…てか廃止時JR西日本移管されてた筈ですが?まぁ過渡期
には国鉄の色々まだ残ってたのをよく見かけたし、ソノ時点で
廃止が決まってた路線なら更新見送られた可能性もありますね。

駅名票からも分かる通り、ココを出ると終点の鍛冶屋です。
あと少し走る事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.251 鉄道廃線跡を探る