新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

米子への旅2019 ②

2019/12/14(Sat)

久し振り「猫ヨシヨシ企画」として、12日~13日の一泊で北九州方面
へ行っておりましたクラ駅長です。

20191214i.JPG 20191214j.JPG

福岡県玄界灘にも猫ヨシヨシの島が幾つかあるという事で、今回は
相島(あいのしま)地島(じのしま)です。

以前に行った藍島福岡県北九州市沖響灘)にあって、こちらも
が居て「あいのしま」と読む…非常に紛らわしい状況ですね。

順送りで詳細は後日です。ストックを貯めておかないと不安なもので。

さて米子周辺駅ノートですが、昨日のうちに予定していた3駅描き
終えてしまい、今回は珍しく特に大きなミス無かったので、今日は
完全に予備日です。

…翌日が播磨下里お絵描き教室なので、兵庫県加西市に着けば
イイ状況。まずは以前駅ノートあった駅再調査から行きましょう。

20191214a.JPG 20191214b.JPG

米子から分岐して境港までを走る境線ってのがありますが、途中駅
1つに和田浜という駅があります。…ココにも以前駅ノートが設置
されてた事が知られてるので「復活してないかな?」と言う調査ですわ。

…やはり無くなったまま再設置された形跡はありませんでしたが、
過去の作品としてきろはさんの絵とケンさんの絵が、地元の方によって
コピー&保存されていました。

ケンさんハンコが捺してあるのに「作者不明」にされてしまってます。
そしてレギュラーキャラの「ケン爺」「妖怪博士?」謎の解釈
…そう言えば境線は、各駅に「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラが割り振って
あるんでしたね。

20191214c.JPG 20191214d.JPG

和田浜駅駅ノート復活してれば、そのままココで描いて行けば
良かったんですがナイ物は仕方ない鳥取自動車道を走って鳥取市
経由兵庫県へ向かいます。

鳥取道無料で走れる区間が多いので有り難い話ですが、次々と
延長されるので古いカーナビでは対応し切れてナイのが事実。

途中の区間はカナリ海沿いを走るようです。…海からの風が強いのか、
樹木陸地側に傾斜してたり、風力発電の風車が矢鱈と多かったり、
高速道路の旅でもソレなりに景色は楽しめるもんですね。

20191214e.JPG 20191214f.JPG

鳥取市内で一旦外へ出て、燃料を充填します。

一般の方から見ると面倒に感じるかも知れませんが、今はLPガス
スタンドネットで検索出来るし、カーナビに住所を入れたら其処へ
行けるワケだし、慣れれば特に気になりません

20191214g.JPG 20191214h.JPG

充填が済んだら再び鳥取自動車道なんですが、この辺まで来たら欲が
出てきたと言うか、平行して走ってる鉄道智頭急行線でしょ。

…ココにも幾つかの駅駅ノートが置かれてるワケで、時間的にも
何とかなりそう(この時点でお昼前ぐらい)なので、智頭で降りて寄り道
して行く事にします。

該当するのは恋山形あわくら温泉です。…双方ともネタは拾いやすい
駅なので、急に行っても何とかなるでしょ。
…程なくして同社の、鉄建公団規格立派な高架線が見えてきました。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.258 タクシーもどき運転日報

米子への旅2019 ①

2019/12/10(Tue)

大阪駅ホームの支柱には「柱番号」が振ってある物があります。

20191210i.JPG
国鉄時代は「自由席柱番号○番から○番
付近でお待ち下さい。みたいな案内放送
してた記憶があるんですが、今でも残ってる
とは思いませんでしたクラ駅長です。

乗車位置案内する手段としてイイ
素材の物無かったからなのか、今みたいに
ホームの足元にステッカーを貼ったりする習慣
少なく、大抵は頭上にプレートを吊るす方法
が取られてた記憶があります。

ソレと併せて「柱番号」案内放送よく聞いた
ように覚えています。

子供だから勝手遠い所へ行ける立場ではなく全国的「柱番号」
存在したかどうかは分かりませんが。

…話は変わりますが国鉄時代大阪駅で、583系回送電車をホーム
停めて駅員さん扉の位置の足元にチョークで印を付けてるのを
見た事がありました。

アレは恐らく突発的な臨時列車だったんでしょう。583系ってのは寝台
電車であるが故に、扉の位置485系などとは微妙に違いますからね。

さて新たな報告です。先月1回目播磨下里お絵描き教室の前に、
伯備線駅ノート埋めてしまうべく、主に鳥取県へ行きました。

20191210a.JPG 20191210b.JPG

…初日は午後奈良を出て鳥取県の米子市まで行くだけだったので、
2日目朝の米子駅前からのスタートとなります。

米子駅JR西日本支社が置かれている鉄道の要衝ですが、高架化
されず昔ながらの地上駅です。後藤総合車両所があるからですかね?

…よく考えたらココはいつも通過するだけなので、駅の改札外を見たり
街に出たりするのは初めてだったかも知れません。
山陰のタクシー日産のNV200(右端)が多く普及してるイメージです。

20191210c.JPG 20191210d.JPG

宿泊は久し振りスーパーホテルでした。…最近は夕食目当てで地場
資本のマイナーな所を選ぶ事が多かったんですが、今回は今年度中
ポイントカード埋めて換金してしまいたい。という事情があります。

この季節の日本海側流石に寒いので、そろそろ駅ノート描きにも
使い捨てカイロが必要になってきますね。…前回の布原~上石見
見事に風邪をひきましたので、その予防のためでもあります。

20191210e.JPG 20191210f.JPG

ホテル横が駐車場だったんですか、その間の路地猫が居ました
ので、朝から猫ヨシヨシです。…但し普通の町猫ですから警戒心が
強いのか、あまり近寄れませんでした。よって「ヨシヨシ未満」ですな。

何れも毛並みがキレイなので、近所の飼い猫かも知れません。
ぱの人気の昨今、黒猫に関しては特に目が行くようになりましたが、
やはり黒いので表情を上手く写すのは難しいですよ。

20191210g.JPG 20191210h.JPG

今回の目的地伯備線鳥取県内…まず黒坂と武庫の2駅です。
余裕があれば島根県玉造温泉に近い来待という駅も回る事にして、
まずは国道9号線米子自動車道の方向へ戻る感じで走ります。

御当地の名山である大山は、大抵の場所からよく見えますよ。

途中から一般道へ降りて、伯備線に沿うようにして走ります。
…朝なので「サンライズ出雲」との出会いを期待したんですが、撮れた
のは黄色い115系だけでした。

やはり「カイロを持ってきて正解」という気温ですが、まずは黒坂駅から
スタートする事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.254 タクシーもどき運転日報

新見への旅2019 ③

2019/11/09(Sat)

20191109a.JPG
長門市から美祢線に乗って厚狭
に着いたら、新幹線ホームキティ
ちゃん仕様の500系が入ってきました。

新大阪昼前に出る下り便ですが、
「こだま」としてノンビリ走ってるので
厚狭だとこんな時刻(15時前)になる
ようです。

コレに関しては以前に乗りましたね。

先代のエヴァンゲリオン期間限定だったように、恐らくコレも何年か
経てば別のネタに替わるのかも知れません。リニューアルしたら、また
報告がてら乗りに行こうと思いますクラ駅長です。

中国人減ってたら(又は彼らがよく知らないネタだったら)有り難い
所ですが、どうなります事やら?

さて新たな報告です。先月の「北条鉄道まつり」の後、続けて伯備線
続き駅ノートを描く旅に出る事にして、夕方に加西から西に向かって
走りました。…ベースは新見市になるのでタイトル続き番号です。

20191109b.JPG 20191109c.JPG

加西~新見中国自動車道でほぼ1本道です。
距離にして150kmぐらいですね。適当に休憩を挟みつつ走って、2時間
程度で到着しました。この季節では19時過ぎだともぅ暗いわな。

新見という町は小さな盆地みたいな地形の所でして、昨今の町村合併
市域は広いですが市街地狭い範囲に集まってる印象です。だから
高速のインター近いんですよ。

20191109d.JPG20191109e.JPG 

前回に泊まったホテルも結構良かったんですが、取れなかったので
別の地場資本らしき小さなホテルになりました。

今回も夕食つきのプランにしたので、右が2泊分の夕食です。
どんな料理が出るか分からない」ってのも楽しみの1つになりましたね。
下段の定食に付いてる揚げ餃子には、何故か納豆が入ってました。

20191109f.JPG 20191109g.JPG

翌朝、ガスの充填だけ済ませておいて早速駅ノートに掛かります。
やはり当たり前の時間に起きて朝食を取って…ってのが駅ノート
に関しても理想的なのは事実。

…今回は伯備線新見以北布原新郷上石見3駅を描く予定
にしてありますが、現地での移動距離はソレほど長くありません

布原約5km、一番遠い上石見まで行っても30km程度かな。
しかし布原秘境駅みたいな所だと聞いておりまして、結構な悪路
である事が予想されます。

20191109h.JPG 20191109i.jpg

幹線道路を外れて山道に入って行くと、何やら怪しげな看板が建って
おりました。どうも基本的には何とか車で行ける場所ではあるものの、
日中道路工事が行われてて通行不可になるらしいんですよ。

後で分かったんですが、途中の道路が昨年西日本集中豪雨の影響
法面が崩れた箇所があるようです。鉄板を敷いた仮復旧の状態なの
ですが日中本格的な復旧工事が行われてるのでしょう。

…次々と別の災害が起こるもんで特定の地域の事は忘れてしまいがち
ですが、被害を受けた土地復興には時間が掛かるからな。

一応まだ8時前なので、取り敢えず現場までは行ってみる事にします。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.223 タクシーもどき運転日報