新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

祖谷への旅 ④

2019/10/06(Sun)

20191006a.JPG
駅前には全く何もナイ土讃線新改駅
ですが、駅舎の出入口の真向かい左の
ような看板が建っています。

ココから少し下った集落に、廃校になった
小学校の跡地を再利用した宿泊施設
あるんですよ。

駅へ通じる道路崩落改修の状況を調べ
ようとして、情報が載ってたのも実は同施設
のブログ
だったんですが、列車で来る客
(ドノ程度居るのかは)に関しては、車で
送迎
してくれるようです。

田舎ノンビリ泊まりたい方や、陶芸の体験教室などもあるらしい
ので、グループで合宿気分で行ってみるのも楽しいかも知れません
クラ駅長です。(※参考「ほっと平山」公式→http://hot-hirayama.jp/

さて祖谷への旅ですが、ココからは奈良へ向けて帰る旅になります。

…取り敢えずは阿波池田、そして徳島方面で出ないとイカンので、
折角だから国道32号線ではなく来る時に通ったので些か飽きてる
山を1つ隔てた東側の渓谷に沿った山道を走ってみましょう。

20191006b.JPG 20191006c.JPG

宮脇俊三氏「汽車旅12ヵ月」の中で、友人四国へ出掛けた氏が
ヒマ潰しタクシーで回ったルートでもあります。

途中にある「祖谷の小便小僧」は、色々なパンフレットなどで紹介
されてる物でもあるので、コレを見てみたいとも思いましたし。

恐らく大型車無理な狭路ですね。ソノ分、団体客は入ってこない
だろうから、見物するにしても気楽かな?と言う感じです。

20191006d.JPG 20191006e.JPG

私は理地学的な知識少ないので、詳しい事はよく分かりませんが、
川が土地を侵食して深い谷が出来るのでしょう。一番の見せ場には
説明看板があります。

道が狭いので精一杯後ろに下がってもカメラの画角足りません
上の方は見切れており、周囲の山はもっと高いんですよ。

20191006f.JPG 20191006g.JPG

更に走った所に、目的の小便小僧がありました。…昔、この辺りの
子供たち度胸試しにココから放尿したという事に因んだ物だそうで
高さ200mの断崖に建っています(噴水ではナイらしい)。

しかしまぁ、色んな所に紹介されてるから、駐車場お土産屋ぐらい
はある観光スポットだと思ってたんですが、ホントにコレだけです
道路の路肩がカーブで少し広くなってて、2台ぐらい駐まるかな?

一応は近くに看板がありますが、注意してないと見落とすわ。

20191006h.JPG 20191006i.JPG

ともあれ、阿波池田まで出てようやくコイン洗車場にありつけました。
…考えたら当日朝から山道の連続だったんで、最後に洗えた
良かったのかも知れません。

そんな感じで高知県北東部2箇所駅ノートと、気になってた祖谷
のかずら橋などの観光上手く終える事が出来た2日間でした。

そして準備段階で色々と調べてるうちに、土讃線馬路という駅から
少し入った山の中に、森林鉄道の動態保存車が存在するという情報
を見つけてしまいました。

次回に行くとすれば、コレを上手く組み合わせるのがいいかな?
では続いては比較的近場駅ノートです。こちらもそれぞれ2回目
なる山陰本線餘部の報告に行きます。…また道中からね。
 



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.189 タクシーもどき運転日報

祖谷への旅 ①

2019/10/03(Thu)

「四国まんなか千年ものがたり」に乗って琴平駅に着いた時、専用
ラウンジ「Taijyu」の室内に、鉄道写真が展示されてるのを見ました。

20191003a.JPG 20191003b.JPG

また坪内さんのかな?と思ったら、地元の高校写真部生徒さん
作品のようです。確かに高校や大学写真部って、鉄道から入る者
多かったですね。…私もソノ1人だし。

と違ってデジタル写真技術も発達したでしょ。って殊に
カラー写真は「フィルムと現像カネが掛かる」場合が多く、そんなに
沢山撮れなかったもんで。

いい時代になったもんだと思いますクラ駅長です。…この生徒さん
勿論、元からのセンス撮影の腕もいい人なんでしょうが。

さてこちらも四国ですが、土讃線駅ノート2箇所描いたので、当日
宿泊地である香美市(土佐山田)にやってきました。

20191003c.JPG 20191003d.JPG

高知市まで行ってしまうと遠いし、駅ノートに何か修正すべき箇所
が見つかった場合、翌日予備日修正しながら帰るのに丁度いい
かな?と言う事で選んだ場所です。

幸いな事に、駅前安いビジネスホテルがありましたし。…ソレは
いいけど近くにお店少ない飲食店早く終わる町なんですね。

もう飲み屋無くても大丈夫な習慣になったんですが、一番困った
のがセルフ洗車の出来る所です。山道を走り回ったので、とにかく
洗いたかったんですが、我慢しましたわ。

20191003e.JPG 20191003f.JPG

ともあれホテル駅の真横なので、部屋も無駄にトレインビューです。

…しかし土佐山田は、高知方面からの通勤列車折り返す駅でしょ。
ソレに充当されてる気動車アイドリングしたまま停まってるから、
些かウルサいのが難点でした。

20191003g.JPG 20191003h.JPG

そして翌朝、やはり前日駅ノート気に入らない所を少しずつ修正
してから、祖谷方面の観光へと向かいます。

6月サンリバー大歩危8月末「四国まんなか…」と、続けて
大歩危には来てるのに、付近の定番の観光地である祖谷のかずら橋
とか見た事ナイもんで(左は大歩危駅のホームにあるレプリカです)。

高速道路使わず土讃線と平行する国道32号線を北上して徳島県
に入りました。…暑くなりそうイイお天気ですね。

20191003i.JPG 20191003j.JPG

取り敢えずは大歩危駅寄り道
…私は大抵の場合「からタクシーで出るとどんな感じか?」を体感
すべく、観光地の最寄駅に立ち寄る事にしております。

…やはり長くは駐めれない駅ですね。コレ1枚撮るのが精一杯でした。

大歩危駅から祖谷のかずら橋までは、山道を10km程度走るようです。
もっと近いイメージがありましたがバスの便少ないし、観光地
しては些か不便な所かも知れません。

では実際に走ってみましょう。そんなに複雑な経路でもナイようですよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.186 タクシーもどき運転日報

高知県北部への旅2019 ②

2019/10/01(Tue)

帰ってきましたクラ駅長です。

20191001i.JPG 20191001j.JPG

下関で一泊した後、翌日は山陰本線「○○のはなし」に乗りました。
SL「やまぐち号」から繋がるルートとしては、3年前「みすゞ潮彩号」
に乗った時のルートとほぼ同じです。

山口県には例の難読駅である「特牛…こっとい」駅ノートがあり
ますが、ココはどうやら猫ヨシヨシも可能な駅らしいので、ソレと併せて
後日の訪問にしようと考えております。片手間では無理そう。

さて四国ですが、土佐北川駅ノートを描き終えたら次は新改です。

20191001a.JPG 20191001b.JPG

土佐北川~新改直線距離だと7.5km程ですが、鉄道の営業キロ
10.6kmです。ソレが更に道路で移動すると16.9kmになるらしい。
地図を見ただけで、カナリの狭路である事が想像出来ますね。

続けて国道32号線高知方向へ走り、途中で脇道に入ります。
「ニューわかみや温泉」と言う看板が目印なんですが、こんな山奥
温泉があるのか。しかも「ニュー」て…何に対して「ニュー」なのか?

20191001c.JPG 1568200796.JPG

…しかしまぁ、想像してた通り狭い道でした。

この奥にその「ニュー若宮温泉」の他に幾つかの集落もあるようなん
ですが、土佐山田という町は国道32号線高知自動車道から外れて
いるので、ココが最短ルートだったりもします。

後で分かったんですが、新改駅へは土佐山田方向からの方が、道路
の状況「まだマシ」と言う感じでした。

20191001e.JPG 20191001f.JPG

途中の山道に、遺棄されたバスがありました。…年式不明古い物
ですが、コレは土佐電気鉄道(現とさでん交通)昔の塗装ですな。

…ココに路線バスが走ってたのか?単によくある物置利用として
持ってきたのかはですが、よくあの山道走れたなと。

しかし後で気付いたんですが、矢鱈と車体幅が狭いですね。山道用
なのか、高知市内併用軌道を走るからなのか、コレもです。

そんな感じで、ようやく新改駅の方向を示す標識が出てきましたよ。

20191001g.JPG 20191001h.JPG

計画段階で色々と調べてる時、集落からへ通じる道路大雨
影響で崩落して通行止めになってると言う情報を見つけたんですよ。

当該記事の日付を見たら2年ほど前の事であり、流石に復旧してる
だろうと見当を付けて現地へ来たワケですが、左の画像の箇所がソレ
に当たるのだと思われます。

些か前後しますが新改駅にあった、通行止めに関する告知の
地図です。…直ったんなら外しときゃ良さそうなもんですが、コレに
よると迂回路あるものの、車でも30分以上掛かるとの事でした。

ともあれ現状では無事に到着しましたので、早速駅ノート描きますよ
 
→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.184 タクシーもどき運転日報