新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

駅ノート 小和田

2020/05/18(Mon)

そんな感じで飯田線駅ノートですが、大嵐駅を描いた後、駅前に
車を置いて電車で1駅小和田駅へやって来ましたクラ駅長です。

20200518a.JPG 20200518b.JPG

…云わずと知れた全国屈指秘境駅ですね。静岡長野愛知3県
が交わる県境付近(駅自体は静岡県)の山奥にあり、駅に通じる道路
全くナイので、列車以外の手段で来る事はほぼ不可能な駅です。

まぁ元は人家があったりもしたのでしょう。…飯田線建設当初から
「1つの集落に必ず1駅」と言うコンセプトだったそうで、全区間に渡って
矢鱈と駅の数が多い事で知られております。

20200518c.JPG 20200518d.JPG

駅舎古い木造の物が残っています。現状で駅前から行けるのは、
少し先に見える東屋までの散策道ぐらい物なんでしょうか?今回は
絵を描くのが主目的だから、時間節約のためココから見るだけです。

しかし(後述)の引き出しを開けたら、さっき大嵐駅にあったのと同じ
地図が出てきました。そして?…コレはもしかして熊除けなのか?

20200518f.JPG 20200518e.JPG

小和田駅国鉄時代から、秘境駅として鉄ヲタ層には知られてたよう
ですが、一般的に有名になったのは平成5年皇太子さまのご成婚
の前後でしょうね。

雅子妃殿下旧姓同駅と同じ「小和田」…読みは「おわだ」だと
言うので、ワイドショーでも取り上げられてたのを覚えています。

ソコから派生して「縁結びの駅」みたいな扱いになり、ココで結婚式
を挙げるカップルなんかも出て来る始末。…駅舎内には当時の物
思われる写真などが残っておりました。

20200518g.JPG 20200518h.JPG

…意外な事に駅舎には机と椅子がありました。ってか何度か降りてる
筈ですが駅ノート関心が無かった頃の話なので気が付かなかった
だけかも知れません。

そして今まで回ってきた中で(恐らく全国的に見ても)最も駅ノートの
歴史が長いのが小和田駅かも知れません。机上の保管箱にはバック
ナンバーをファイルした物がぎっしり詰まっております。

20200518i.JPG 20200518j.JPG

最古の物はコピーですが昭和54年だから、当然に国鉄時代ですね。
当時の同駅有人駅であり、駅員さんが始めた物だと思われます。

イメージとして「チャレンジ20000キロ」の時代かな。…国鉄の経営と
しては赤字の最盛期ですが、乗り鉄の文化は最も盛んだったように
思うから、現場でも柔軟な対応が出来るようになってたのでしょう。

そしてコレだけ多い物を全部見てる時間はナイので、また直近の4冊
程度にしておきます。人気の駅にしては絵師さんの作品少ない気が
するんですが回転も早いし、もしかしたら盗難の可能性もあるか?

20200518k.JPG
では私は…コレも事前に考えてた
ネタですが、駅ノートの数が矢鱈と
多い事は前から聞いてましたので、
刑事ドラマ風の設定になりました。

何かの事件容疑者が「事件当日
小和田駅に居た」と供述した場合、
やっぱり裏付け捜査に来る事になる
でしょうね。

道路が通じてナイから覆面パトカーとかを使うワケには行かず、
トラベルミステリーみたいに電車を乗り継いでの事になる筈です。

そしてある程度は時系列に沿って書かれてる物ですが、空いたページ
かったら古い日付の隙間に書き込むかも知れず、結局はある物
を全部調べる羽目になる。捜査は脚」の世界ですな。

長編描いてみたい気もしますが、画力根気ありませんわ

ともあれ今回も殆ど誰とも接する事なく無事に帰ってきました
…今後も色々と乗ったり描いたりしますが、記事そのものの宣伝
中止しておりますので、見たい人だけ見て頂ければイイと思います。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.414 駅ノートの記録

駅ノート 大嵐

2020/05/17(Sun)

さて飯田線の駅ノートですが、前日宿泊した新城市から約2時間
狭路の山道を走って今回の1駅目となる大嵐(おおぞれ)駅に到着
しましたクラ駅長です。

20200517a.JPG 20200517b.JPG

飯田線山間部秘境駅が多いと聞いておりますが、大嵐ソノ1つ
なのでしょう。比較的新しいお洒落な駅舎が建ってますが、付近に人家
らしき物は見当たりません

しかし道路が通じてるのは有り難い話です。近くで道路工事をやってる
もんで、ソノ関係者らしき人の車が何台か駐まってました。

人家ナイけど(ナイからなのか)熊が出るようです。駅ノートに出る
茶色い熊女子高生好きなようですが、ココでは通学の生徒さんとの
遭遇も期待出来ないでしょうね。

20200517c.JPG 20200517d.JPG

駅舎山小屋調と言うのか、天井が高く開放的な造りです。例によって
誰も居ませんから、ウイルス関係の懸念が無くても快適な空間でした。

大きなテーブル椅子もありますから、コレは有り難い環境ですよ。
建物JR東海ではなく自治体の持ち物なので、厳密には駅舎ではなく
公共の休憩所なんだそうです。

そして壁の一角に駅の歴史を記した説明書きがあるのと、ドコかの学校
鉄道好きな生徒さんが作ったジオラマの写真などがあります。
昔は小さな木造駅舎だったようですね。

20200517e.JPG 20200517f.JPG

ホーム島式交換可能な構造で、駅の両側すぐトンネルになって
います。…分岐器トンネル内にまで入り込んでますので、ソノ部分
だけ径が大きいんですよ。

そして水窪側佐久間ダムの建設によって付け替えられた区間であり、
トンネル内急カーブになってるそうな。

20200517g.JPG 20200517h.JPG

そんな感じで駅舎へ戻って駅ノートを見てみます。
一角に観光パンフレットを置いた棚があり、駅ノートはソレと一緒に
置かれていますが、バックナンバー結構な冊数になってますね。

同駅駅ノート管理者が不明なのですがカナリ雑然としており、
状態はソレほど良くありません

全部を調べてる時間がナイので、表紙の日付が近い物を4冊ばかり
探して、出てきた絵師さんの作品は右の通りでした。
よく見かける方々のは一通り揃ってる感じでしょうか?

そしてコレも軽いリレー状態かと思われますが、ホームから小和田
方向のトンネルを描いた構図の物が多くあります。

では私は何を描こう?…一応、以前から描きたかったネタなのですが
「のろ迷子シリーズ」として大嵐大曽根勘違いにしておきました。

20200517i.JPG
名古屋市大曽根は過去に木村
イベントで何度も行った馴染み深い
ですが、ナゴヤドーム最寄駅
でもあります。

今はプロ野球もマトモに開催されて
ないかも知れませんが、のろ一家
ナゴヤドームドラゴンズ戦を見に
行こうとしてたんですよ。

しかし間違えて大嵐に着いたらしい。…まぁ駅ノート所在地として
大嵐で正解なのですが。

と言うか一般的には大嵐へ行く方が面倒&時間が掛かる人の方が
多いと思われ、わざとボケたとしか思えない状況になってますね。

20200517j.JPG 20200517k.JPG

と言う事で小和田なんですが、こちらは自動車不可完全秘境駅
ですから、はココに置いて電車で往復する事にします。

時刻表によると次の下り(天竜峡行き)に乗って小和田へ行き、2時間半
ほど滞在して帰ってくる事が出来ますね。
遅筆な私にはギリギリな時間ですが、頑張ったら行けるかな?

と言う事で、やってきた電車に乗って小和田駅へ移動します。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.413 駅ノートの記録

駅ノート かぶと③

2020/05/15(Fri)

連休明けぐらいからウチの営業車車内の前後を隔てるビニール
付き始めました。説明書きにあるように、会社ではなく奈良市から配布
された物のようです。

20200515i.JPG 20200515j.JPG

世間が謎のウイルスに関する感染防止について騒ぎ始め、コンビニ
のレジ回りにもビニールシートが設けられるようになって何か月経つ
と言うのでしょう。今更感半端ありません

コレがあるとシートを倒して休憩出来ないし、後席までエアコンの
届かないし、面倒な事の方が多いんですよ。

そして何より「老人雑談のネタ提供してしまう要因」になってるの
が困り物です。…奴等は良い悪いに関わらず見慣れない物食い
付いてきますから。ソノ対応を一番面倒に思っているクラ駅長です。

…さて青春18きっぷシーズンにおける駅ノートですが、続いても
関西本線です。大河原から亀山行きの列車に乗り、三重県に入った
加太(かぶと)へ向かっております。

20200515a.JPG 20200515b.JPG

車内にはこの区間を管理する亀山鉄道部の皆さんから今年の新入生
に向けた応援メッセージが掲示されてました(ポスターは加太駅の物)。

広告の需要少ない路線ですから、中吊りスペース空きが多く
ソレを利用した面白い企画だと思います。

ポスターに描かれている鉄道員キャラクターは、元は鳥取駅駅ノート
を管理してた駅員さん(通称中の人)が発案した物だった筈なのですが
最近はJR西日本管内広いエリアに普及したようですね。

20200515c.JPG 20200515d.JPG

そんな感じで加太駅です。…当日はイイお天気で、ホントに春らしい
日和ローカル駅の風景になってました。

亀山行きは駅舎から遠い2番線に着くので、跨線橋を渡って駅舎
向かいます。ココにも立派な桜の樹があるので、些か無理な姿勢
なりましたが遠景を入れて広角で撮ってみます。

20200515e.JPG 20200515f.JPG

駅ノート目的では3回目の訪問になるので詳しい説明省略しますが
典型的なローカル線中間駅です。…有人駅だったであろう古い
駅舎が残ってますが、駅務室閉じられてる状態ですね。

駅前にも大きな桜の樹があり、やはり当日が見頃の感じです。
市街地に比べれば若干標高が高いので、少し遅いのが幸いでした。

絵師さんゆっくまー勢の皆さんは、先程の大河原駅と似たような
状況ですね。やはり同時に回るケースが多いのだと思われます。

20200515g.JPG 20200515h.JPG

そけっとさん年越し蕎麦の絵に対してケンさんオマージュを描く。

駅ノートの絵師さんは全体的に見てもソレほど数が多くナイし、殆ど
顔見知りの世界なので時々出て来る状況ですが面白いですね。
…私のは絵柄ギャップがありすぎて、混ざるのは難しいけど。

やはり駅前の桜の樹印象的だったので、上に載せた風景の画像
そのまま描いてみました。異例の事ですが3匹とも高校生の設定です。

なるべく近隣の学校の方がイイだろうと調べて、三重県立亀山高校
制服にしてあります。こんな物も手元のスマートフォンで調べが付く
便利な世の中になりました。

そんな感じで春シーズン青春18きっぷも無事に消化出来ましたね。

…この辺りから世間では「不要不急の旅行ヤメましょう」と戦時中
みたいな状況が一層強くなって行くワケですが、どうした物かしらね?




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.411 駅ノートの記録