新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

奥浜名湖への旅2020

2020/02/22(Sat)

さて新たな報告です。…流れとして最近は中国地方メインに回ってる
駅ノートですが、そろそろ東の方向へ向けても進んで行こうと言う事で、
天竜浜名湖鉄道(以下 天浜線)に行きましたクラ駅長です。

20200222a.JPG 20200222b.JPG

ココの途中駅の1つである浜名湖佐久米駅ノートがあると聞いて
ますので、まずは豊橋まで新幹線で行って東海道本線に乗り換え、
新所原からスタートする事にしましょう。

…こちらに来るのも数年振りなんですが、JRの駅新しくなった
ですかね。キレイな橋上駅舎の隣に、ソノ当時と変わらない天浜線
駅舎が並び立っております。

20200222c.JPG 20200222d.JPG

天浜線新所原駅は、私鉄駅としては珍しく駅弁の販売があります。
やはり浜名湖に近い所なのでうなぎ関係なのですが、営業時間
カナリ短かいので注意が必要でしょう。

…当日は時間が早すぎてまだ開店しておらずを挟んで駅ノート
を描き、戻ってくる時間残ってるのかどうか微妙な所ですね。

20200222e.JPG 20200222f.JPG

暫く来ないうちに、ココでも萌えキャラとのコラボが始まったようです。

「音街ウナ」?…全く知らないので検索して調べてみましたが、名前
から連想出来るようにヴォーカロイドのようです。

ソレはイイとして、その巨大な被り物何やねん?ウナギ?
…特に浜名湖限定ヴォーカロイドではナイと思うんですが、最初
から天浜線とのコラボを想定して作られたんでしょうか?

頑張って大きなお友達を呼んで下さい。彼等とて重要な購買層だわ。

20200222g.JPG 20200222h.JPG

天浜線気動車は、現状の最新型世代が主力です。ココでも色々な
ラッピング車両が走ってますが、来たのは同社のオリジナル塗装
車両でした。…数的に逆に珍しいのかも知れません。

浜名湖佐久米までは片道540円ですので、フリー切符を買うほどの
事もなく往復券(割引なし)で構わないでしょう。

浜名湖北岸の地域ミカンの産地でもありすよね。車窓には随所
ミカン畑が確認出来ますが、今頃(1月半ば)に残ってるやつは
商品としての出荷出来ないでしょうな。カナリ地面に落ちてるし。

子供が拾って食う食中毒を起こす恐れがありますから、農家の
皆さんには注意して頂きたい所です(幼児期の私スイカで…)。

20200222i.JPG 20200222j.JPG

三ケ日を過ぎる辺りから車窓の右手浜名湖が見え始め、約30分
目的地の浜名湖佐久米駅に到着しました。

同駅は冬季(1月~3月)、北方から渡ってきたユリカモメ大量に
集まる駅として知られています。…この時点で見るからにエラい事
なってますが、果たしてどんな状況なのでしょうか?

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.328 乗り鉄日誌>第三セクター路線

チャギントン列車?

2020/02/21(Fri)

たまたま本編前説被る羽目になりましたが、昨日はソノ郡上八幡
駅ノート描き直しと、初の飯田線として東栄駅ノートを描きに
行ってきましたクラ駅長です。

20200221i.JPG 20200221j.JPG

「同じ方向」と言う事で括ったんですが、2駅間の移動大変だった
と言うか、高速道路3時間も掛かるとは思わんかったぞ。
…行き帰りと合わせたら665kmほど走ってしまいました。疲れたわ

さて長良川鉄道ですが、この時は駅ノート心残りにした状態で待ち
時間約1時間が経ち、次の上り列車の時刻となりました。

20200221a.JPG 20200221b.JPG

ちなみに帰り同社線内観光列車「ながら」に付属するフリー切符
JRは適当な優等列車ナイので、快速など乗り継いで京都まで
帰ります。場合によっては米原から新幹線ワープもアリでしょう。

…入線してきた車両が、コレまたえらく派手なラッピングですね。
アニメ「チャギントン」キャラクター(車両)などが描かれてます。

チャギントンの列車と言えば岡山の路面電車が有名ですが(アレも
そろそろ空いてきたと思うのでネタとして狙い目)、長良川鉄道でも
走ってたんですね。

20200221c.JPG 20200221d.JPG
車両外も中もエラい事になってます。出てくるキャラクターの印象
(ってか車両デザイン)からしてアメリカの物だと思ってたんですが
調べたらイギリス制作なんだそうな。

「きかんしゃトーマス」20世紀初頭ぐらいの話だとすれば、こちらは
近未来なのかな?自動車登場しないぐらい鉄道網矢鱈と発達
した世界の設定のようです。

20200221e.JPG 20200221f.JPG

…私も家族が居て子供が小さい頃に少しだけ見た事がありますが、
見ての通り鉄道を題材にした作品「チャギントン」日本語で言う
所の「ガタンゴトン」みたいな擬音語だと聞いた事があります。

アニメーションってもCGで絵を動かすやつなので、無駄にクネクネ
した動作
が多いと言うのか、大人が見ると疲れるのは事実。

しかし車体内装の壁はシール状のラッピングで何とかなるとして、
座席のモケットプリントされた物張り替えないと無理でしょうね。
キャンペーン期間終わったらどぉするんでしょ?

20200221g.JPG 20200221h.JPG

所で長良川鉄道では、運賃の支払いに電子マネー「paypay」
導入されています。…個人的には名前の響き中国語っぽくて嫌い
なのですが、ソレは置いといて鉄道会社ではあまり聞きません

他に使ってる会社はありますかね?
鉄道車両にはバーコードを読む機械ナイので、QRコードスマート
フォンのカメラで読み込む方式でした。タクシーと同じだな。

短かい1日のうちに色々とシーンが変わる感じの旅で、尚且つ車内
で頂いたワインが効いてて些か疲れた長良川鉄道の旅でした。

…次回は駅ノート特化した旅になりそうだから、ソレだけ考えて
気楽に来る事にしましょう。今回描いたの物を正確に描き直すだけ
だとすれば、アタマも要らないから楽に取り組めそうですし。

では次回…また駅ノートですが、久し振り天浜線の旅ですよ。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.327 乗り鉄日誌>第三セクター路線

郡上八幡駅を探る

2020/02/20(Thu)

さて観光列車「ながら」で到着した郡上八幡駅です。
帰りの列車まで約1時間空きがありますので、暫し駅を探索して
みましたクラ駅長です。

町を見に行く時間はナイし、食事豪華なの済んでますからね。

20200220a.JPG 20200220b.JPG

国鉄時代から、同地区の中心駅だっただけに木造の駅舎ですが他より
大き目の立派な物です。案内看板など、随所に国鉄レトロな雰囲気の
残る駅ですが、数年前に来た時と、少し違ってる気がしました。

…どうやら観光列車「ながら」運転開始とともに、にも水戸岡的な
手直しが入ったようで、随所が微妙に水戸岡化したらしいのです。

20200220c.JPG 20200220d.JPG

まず駅舎の一角に「赤ちゃんの駅」というスペースが設けられてました。
コレは授乳おむつ換えなどに使う物でしょうね。

最近は「お母さんに優しく」ドコでも整備されつつありますから、
まぁこれはアリでしょう。… 木のプールを造られるよりマシかな?

20200220e.JPG 20200220f.JPG

そして駅の正面から見て左側のカナリ広いスペースが、観光案内所
併設したカフェに変わっておりました。
…はい、以前はココに「ふるさと(の)鉄道館」あったワケですよ。

観光地としてソコソコの集客がある同駅で、無料の鉄ヲタ向け施設
があるだけなのは勿体無い。…という事なのかも知れません。

で、ココにあった展示品大矢駅移して向こうを資料館にした
でしょうか?まぁ捨てられなかっただけマシなのかね?…内部はカフェ
の他に、お土産コーナー特産品の展示なども充実してます。

20200220g.JPG20200220h.JPG

ぁ、誰かが棚の上で缶コーヒーを倒してる!
…と思ったらコレは作り物でした。郡上八幡は確か、食品サンプル
発祥地でもありましたね。

色々見ておいて手ぶらで出るのも失礼かと思い、播磨下里向けに
お土産を買いました。

…所でココに着いた時まず見つけてしまった物がありまして、コレが
今回の心残りになったワケですが、郡上八幡にも駅ノート設置を確認
してしまいました。

同路線終点である北濃駅ノートが設置されたのが去年の9月頃
であり、世間に周知されるようになったのは昨年末頃だと思われます。

20200220i.JPG 20200220j.JPG

表紙の記載を見るにココも同時期の設置のようですが、基本的に
駅ノートってのは田舎の無人駅にある事が多いので、比較的主要
郡上八幡駅見落とされていたのでしょう。

他の絵師さんの作品見当たりませんでした。私も「急に言われても
用意も時間もナイ
ぞ」という状態なのですが、一応、ボールペンの
一発描き
ソレらしい物を描いてみました。…所用20分ぐらいです。

しかしあまりに雑なので、コレは描いた枚数には含めません
ぱのの頭部はトンカチみたいな円筒形になってしまってますし。

また後日、時間を取って描きに来る事にしましょう。
…でもココも白浜駅などと同じで駅スタンプの台共用なんですか。
ソノ状況だけで描いた絵行く末が予見出来てしまいますな。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.326 乗り鉄日誌>第三セクター路線