新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

法華口駅を探る2020 ①

2020/05/12(Tue)

さて北条鉄道ですが、終点の北条町3枚目となる駅ノートを描いて
路線の中程にある法華口まで戻ってきましたクラ駅長です。
…ココでは正月明け描いたばかりなので、駅ノート描きません

20200512a.JPG 20200512b.JPG

過去の記事と内容が重複するので簡単に済ませますが、大正時代
古い駅舎が残る駅であり、駅舎に入居しているパン屋の女性店長さん
ボランティア駅長を務める駅としても有名になりました。

現在同駅では交換設備を復活させる工事が行われており、コレが完成
すると全線1閉塞の最も単純な線形から脱して途中駅での上下交換が
可能になり、理論上では倍の本数の列車を走らせる事が出来ます。

…丁度桜が満開の時期だったんですが、晴れたり曇ったりのお天気で
ココに来た時は雲が広がっており、ホームの桜があまり映えなかった
のが些か残念でした。

20200512c.JPG 20200512d.JPG

前回に来た時よりカナリ進みましたね。現在の駅より少し北条町寄り
の所に新しいホームが完成しつつありました。
交換設備を挟んで対向式の、2面2線の駅になるようです。

真ん中にあるのが乗降用のホームかと思ってたんです、コレは
作業用の足場のようです。…何に使うのかまだ分かりませんが。
右の画像下り北条町行きのホームになると思われます。

基本的にJR各社では毎年3月中旬頃大規模なダイヤ改正を行い
接続する私鉄各社でもソレに合わせて改正を行うのが通例ですが、
北条鉄道今年ダイヤ改正行っていないのです。

…この交換設備完成してれば使わない手はナイですから「未完成
なんだろうな」とは想像が付いておりました。当初は今年からだと
聞いてたんですが、私の勘違いだったのかも知れません。

20200512f.JPG 20200512e.JPG

線形としては元からある方下り線として直線のまま残し、新しく
出来る上り線角度を付けた構造になるようです。

双方とも申し訳程度の屋根が付いてますが、ホームの長さとしては
車両1両分しかナイように見えますね。

上り線ホームへは構内踏切を渡る事になりますが、左の画像にある
のは工事用の仮設踏切だと思われます。

20200512h.JPG 20200512i.JPG

粟生方向過去に使われていたらしい古い上りホーム一部を壊し
構内の途中から線路が分岐する感じになってます。

国鉄時代とは車両限界の寸法違うのか?ぁ、真ん中作業足場
を挟むから、元の幅収まらなくなったのかも知れませんな。

ソレに伴い従来のホームも端っこが削られてます。ココで車両が曲がる
から、そのままだと車体が干渉してしまうんでしょうね。

20200512g.JPG 20200512j.JPG

桜の時期なので地元の撮り鉄の方が何人か出ています。
まだ使われてません信号機新しい駅名票などの設備も出来つつ
ありますね。特に隠す必要ナイと思うんですが。

…そんな感じで次の北条町行きがやって来ました。
新しい駅が完成すると、従来のホームには車両は停まらなくなるワケ
で、駅舎は残るにしても仰々しい柵などが造られるかも知れません。

ココに車両が停まる写真が撮れるのも今のうちと言う事になりますね。
では続いての駅ノートは3つ先の播磨横田駅ですよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.408 乗り鉄日誌>第三セクター路線

岩国への旅2020

2020/03/25(Wed)

さて新たな報告です。2月下旬の事ですが、山口県岩国周辺にある
駅ノートを描きに1泊2日で往復してきましたクラ駅長です。

20200325a.JPG 20200325b.JPG

今回も時間が勿体無いので新幹線です。広島「のぞみ→こだま」
乗り継ぐ行路にして、新岩国まで行きました。

この春ダイヤ改正で、東海道区間からは引退した700系ですが、
山陽区間では「レールスター」としてまだまだ健在です。「山陽こだま」
京都から乗れれば最強に便利なのですが、やっぱり無理よね。

20200325c.JPG 20200325d.JPG

今回の目的地錦川鉄道守内かさ神(しゅうちかさがみ)駅と、JR
岩徳線柱野駅の2箇所です。しかし岩国と言う町も変な所でして…

① 山陽本線岩国駅市役所などがある、現在の町の中心部
② 岩国城錦帯橋など、メインとなる観光スポット
➂ 山陽新幹線新岩国駅

…の3つのエリアバラバラに存在してるワケですよ。

先述の2駅はのエリア…新岩国駅から共に2km程の所にあります。
この程度ならレンタカーは要らないので、レンタサイクルが最適かと
思ったんですが岩国レンタサイクルのエリアにしかありません。

尚且つのエリアにはネット予約出来るようなホテルナイ
仕方がないので、まず乗り換えが容易守内かさ神を描き、錦川鉄道
のエリアまで移動&宿泊、翌日岩徳線柱野へ行く事にしました。

はい、土地勘がナイと全く分からない話だとは承知しています。
ともあれ新岩国駅から徒歩錦川鉄道清流新岩国駅へ行きます。
新幹線高架下連絡通路があり、一応はでも濡れません

20200325e.JPG20200325f.JPG

錦川鉄道に乗るのは数年振りですが、前回は乗り潰しが目的だった
ので山陽本線岩国から乗った(正式な起点としては岩徳線川西
ワケで、ココで乗り換えるのは初めてです。

錦川鉄道(錦川清流線)も元は国鉄岩日線なワケですが、当時ココは
御庄と言う小さな駅でした。
待合室北海道によくありそうな車掌車の車体流用した物です。

山陽新幹線の駅がココに出来た時、素直に改名して連絡駅にすれば
良かったものの、何故かそのまま放置され、現在に至ります。
駅名「新岩国」を入れて分かりやすくなったのは2013年の事。

20200325g.JPG20200325h.JPG

その車掌車には、昔の名残「御庄駅」と言う看板が残ったままです。
ベンチは他の場所にあるので、中は全くのカラ。…寒い時に避難する
程度にしか使えないでしょうね。

元は交換設備があったであろう島式ホームの駅で、その待合室の先、
滅多に車両が停まらない位置にも古い上屋とベンチがあります。

20200325i.JPG20200325j.JPG

しかし同社は最近、観光列車でしか行けない清流みはらし駅開設
したりJR東日本から烏山線のキハ40を買ったり、なかなか面白そう
企画が多く行われてるようです。…体験運転もあるんですか。

色々と見てるうちに、岩国方向から単行の気動車がやってきました。
同社のNT3000型は、現行最新型世代の車両です。

守内かさ神駅すぐ隣なので、短時間ですが乗って移動しましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.360 乗り鉄日誌>第三セクター路線

奥浜名湖への旅2020

2020/02/22(Sat)

さて新たな報告です。…流れとして最近は中国地方メインに回ってる
駅ノートですが、そろそろ東の方向へ向けても進んで行こうと言う事で、
天竜浜名湖鉄道(以下 天浜線)に行きましたクラ駅長です。

20200222a.JPG 20200222b.JPG

ココの途中駅の1つである浜名湖佐久米駅ノートがあると聞いて
ますので、まずは豊橋まで新幹線で行って東海道本線に乗り換え、
新所原からスタートする事にしましょう。

…こちらに来るのも数年振りなんですが、JRの駅新しくなった
ですかね。キレイな橋上駅舎の隣に、ソノ当時と変わらない天浜線
駅舎が並び立っております。

20200222c.JPG 20200222d.JPG

天浜線新所原駅は、私鉄駅としては珍しく駅弁の販売があります。
やはり浜名湖に近い所なのでうなぎ関係なのですが、営業時間
カナリ短かいので注意が必要でしょう。

…当日は時間が早すぎてまだ開店しておらずを挟んで駅ノート
を描き、戻ってくる時間残ってるのかどうか微妙な所ですね。

20200222e.JPG 20200222f.JPG

暫く来ないうちに、ココでも萌えキャラとのコラボが始まったようです。

「音街ウナ」?…全く知らないので検索して調べてみましたが、名前
から連想出来るようにヴォーカロイドのようです。

ソレはイイとして、その巨大な被り物何やねん?ウナギ?
…特に浜名湖限定ヴォーカロイドではナイと思うんですが、最初
から天浜線とのコラボを想定して作られたんでしょうか?

頑張って大きなお友達を呼んで下さい。彼等とて重要な購買層だわ。

20200222g.JPG 20200222h.JPG

天浜線気動車は、現状の最新型世代が主力です。ココでも色々な
ラッピング車両が走ってますが、来たのは同社のオリジナル塗装
車両でした。…数的に逆に珍しいのかも知れません。

浜名湖佐久米までは片道540円ですので、フリー切符を買うほどの
事もなく往復券(割引なし)で構わないでしょう。

浜名湖北岸の地域ミカンの産地でもありすよね。車窓には随所
ミカン畑が確認出来ますが、今頃(1月半ば)に残ってるやつは
商品としての出荷出来ないでしょうな。カナリ地面に落ちてるし。

子供が拾って食う食中毒を起こす恐れがありますから、農家の
皆さんには注意して頂きたい所です(幼児期の私スイカで…)。

20200222i.JPG 20200222j.JPG

三ケ日を過ぎる辺りから車窓の右手浜名湖が見え始め、約30分
目的地の浜名湖佐久米駅に到着しました。

同駅は冬季(1月~3月)、北方から渡ってきたユリカモメ大量に
集まる駅として知られています。…この時点で見るからにエラい事
なってますが、果たしてどんな状況なのでしょうか?

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.328 乗り鉄日誌>第三セクター路線