新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

横浜への旅2020

2020/04/10(Fri)

JR高山本線は、岐阜富山県境付近にある猪谷駅東海西日本
分割されています。…同駅にも駅ノートがあるワケですが。

20200410i.JPG 20200410j.JPG

特急「ワイドビューひだ」直通しますが乗務員さんはココで交代
普通列車運転系統が分かれるので、時間を合わせて乗り継ぐ感じ
になるんですよ。

駅舎駅ノートを描いてても、接近メロディーが鳴るから列車が着く
のが分かるワケで、時々見に行ってました。

直通する…つまりは富山発着「ひだ」は思ったより多いんですね
それと普通列車は、やはりシーズン中のなで自粛要請が出てるとは
言いつつも18きっぷの皆さんが結構居ます。

自分の時もそうでしたが、連絡が良すぎて駅をゆっくり見る時間が
殆どナイのが、物見遊山の客にとっては難点かも知れません。

さて新たな報告です。先月半ばの事ですが、色々と見たい物件
溜まったので、久し振りに関東方面へ出掛ける事になりました。

…主に横浜周辺です。去年の11月末からJR東日本相模鉄道
相互乗り入れが始まり、その連絡線として新線が開通してる事。

そして金沢八景駅付近の再開発が完了して、カナリ前に乗った横浜
シーサイドライン同駅が仮駅から本駅になった事(ソレ自体は昨年
の春の話ですが)その他周辺の保存施設などを見て回ろうかと。

20200410a.JPG 20200410b.JPG

東海道新幹線ポイントが溜まったので「のぞみ」グリーン車です。

「のぞみ」って基本的には混む物だと言う認識があるので、新大阪発
臨時列車を選んだんですが、例のウイルスの影響清々しく空いて
おります。聞けば通常の6割弱の感じだとか?

混雑何より嫌いな私としては、このままの状況が続けば有り難い話
なのですが、ソレは不謹慎ですし自分の身危なくなりますね。
…そんな感じで新横浜に到着。ホテルはココの近くに取ってあります。

20200410c.JPG 20200410d.JPG

しかし周知の通りのウイルス騒動で、博物館資料館の類も軒並み
閉館中の御時勢、例えば予定してた横浜市電保存館なども、当初の
予定より休止期間延長されてしまいました。

…基本的に一般的な電車止まらないだろうし、色々と代替ネタ
考えた結果、まずは横浜線京浜東北線を乗り継いで川崎方面
向かう事にしました。

何年か前に行った鶴見線扇町駅猫ヨシヨシリベンジですよ。

例によって鶴見線ダイヤが薄いので、川崎駅からバスに乗ります。
最適なのは臨港バス「川22系統」。日中でも9分毎ぐらいに走ってて、
約20分扇町駅の近く(終点の三井埠頭)に着きます。

20200410e.JPG 20200410f.JPG

都会にある割に相変わらず人が少ない無人駅です。貨物駅として
の存在の方が大きいのでしょう。

前回は冬場&雨天だったので雨宿りしてるのが1匹だけでしたが、
今回はイイお天気3月も半ばとなり、春に咲く品種のバラや、早咲き
が咲き始めております。

駅前のアーチは、バラの花が増えると花のトンネルになるのでしょう。

20200410g.JPG 20200410h.JPG

直径2cmほどの小さな柑橘系の実金柑(キンカン)ですな。
子供の頃に住んでた家には金柑の樹があったので、母親がよく
風邪予防の煎じ薬を作ってました。

…と、植物の話はイイとして目的は猫ですよ。
ココではJR貨物駅員さん猫の餌付けをしてる事が知られており、
カリカリの食べ残しやお水の入った容器が置かれています。

しかし猫の姿はありませんねー。時刻としてはお昼過ぎなので、昼食
を終えて散歩にでも行ったんでしょうか?周辺を少し探してみましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.376 鉄道保存施設を探る

那覇市 壷川東公園の機関車

2020/03/12(Thu)

久高島奥武島日本最南端猫ヨシヨシ島2箇所見て、当日は
ソレで終わる予定だったんですが、時間があるので保存施設を1箇所
前倒しする事にしましたクラ駅長です。

20200312a.JPG 20200312b.JPG

那覇市内壷川という地区まで戻ってきました。
ゆいレール(沖縄都市モノレール)壷川駅から歩いて5分程度の所
にある壷川東公園にも、保存車両があるとの事なのですよ。

後で地図を見たら、前日に行った与儀公園から1km程度の所でした。
流石の私も沖縄の土地勘ナイので、関連付けて考える至りません
でしたが、コレならマトメても行けた距離だな。

20200312c.JPG 20200312d.JPG

敷地内には沖縄らしいガジュマルの樹が植わっています。
自生してた物か植えられた物かは不明ですが、間近で見るのは初めて
なので、車両より先に割と見入ってしまいました

そんなガジュマルの樹の下に、小さなディーゼル機関車がありますね。
似たような形の車両は昔、入替作業を要する貨物ヤードなどで見かけ
たりもしましたが、軽便規格なのかカナリ小型の機関車です。

20200312e.JPG 20200312f.JPG

その後ろに台枠だけ小型の貨車みたいな物が並んでますが、説明
によるとコレは蒸気機関車下回りの部分だけが残ってる状況なの
だそうです。…まぁ確かにシリンダーとかロッドが見えますわ。

これらの車両は元々沖縄本島にあった物ではなく南大東島貨物
(主としてサトウキビ)の運搬に使われた軽便鉄道の車両だそうな。
何かの縁でココに展示される事になったのでしょう。

調べてみるに南大東島軽便鉄道1980年頃トラック輸送に切り
替えられるまで存在したようで、島を一周する本線と各所に分岐した
支線合計距離は27km程度だったようです。

サトウキビは5月~11月ぐらいの長期間で収穫可能なので、ほぼ通年
精製工場へ向かう列車が走ってたそうな。
現地にも保存車廃線跡若干あるようですが、行きますか?

20200312g.JPG 20200312h.JPG

そして話は沖縄の軽便鉄道戻りますが、与那原町の資料館写真
転載禁止だったのでココにあった路線図を載せておきますが、この
公園廃線跡の一部のようなのです。

公園を整備する際にレールが出土した旨が案内板に書かれてました。
沖縄本島南大東島も、共に762mm軽便鉄道ありがち線路幅
だったので、上手く合ったという事ですかね?

現在はバスターミナルになっている旭橋付近に始発那覇駅があり、
ソコから程近い場所のようです。…その先で3方向へ行く路線が分岐
してますので、東北新幹線で言うと上野ぐらいの位置でしょう。

20200312i.JPG 20200312j.JPG

 「KATO」と言うのは加藤製作所の事でしょう。現在はクレーン車など
建設重機がメインの会社ですが、昭和中期まではこの手の機関車
を多く製造していた事で知られています。

連結器2段ある必要はナイので、下のは後方にあったヤツかな?
状況から見て、もしかしたら高さの調節が出来たのかも知れません。

エンジンカバー失われてるので中がよく見えました
番号の通りにエンジントルクコンバーター動輪へと動力が伝わる
のだと思われます。「41年12月」の記載があるのは昭和41年か?

…しかし自転車の太くしただけのようなチェーンなのですね。
せめて連結棒じゃないと、切れたらどぅするんでしょ?ぃゃ、流石に
コレは発電機に連動してるやつとか、そっちの用途だと信じたいけど。

最後の最後細かい所気になってしまった保存機関車でした。

2日目はコレで終了してホテルに戻ります。…翌日最終日昨年秋
延長開業となったゆいレール乗り潰しに行きますよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.347 鉄道保存施設を探る

那覇市 与儀公園のD51

2020/02/28(Fri)

さて沖縄ですが、与那原町軽便鉄道資料館を見て、那覇市内まで
戻ってきましたクラ駅長です。

20200228a.JPG 20200228b.JPG

…流石の私も陸続きでナイ所土地勘が全くナイので、カーナビ
頼りに走ってるワケですが、那覇市寄宮という町にある与儀公園
という所が次の目的地です。

後で地図を見たら、国際通りにも近く予約してあるホテルまで約2km
と言う、カナリの中心部でした。…那覇という町は規模だけ見てると
奈良市よりはるかに都会ですね。

公園の入口に適当な表札が見当たらなくて、近くにあった交番代用
那覇警察署の本署にも近い所のようでした。
…そして入口には、沖縄らしく左右にシーサー鎮座しております。

20200228c.JPG 20200228d.JPG

この公園には、D51型蒸気機関車保存車があります。
金網に囲まれた機関車だけ見てると、特に珍しくナイ風景ですが、
問題はココが国鉄とは無縁沖縄であるという事。

どんな理由でココに蒸気機関車保存される事になったんでしょう?
詳細後で述べるとして、先に細部から見て行きましょう。

20200228e.JPG 20200228f.JPG

D51型のうち製造番号ゾロ目222号機です。…いわゆる「標準型」
に分類される量産タイプですが、1000両以上の大所帯だったD51型
中では初期のグループかも知れません。

雨ざらしなのでカナリ傷んでます塗装時々直されるのか、まだ
塗り直されて間もない印象でした。そして傷んだ部分鉄板などを
貼り替えるらしく、随所に補修の跡が見られます。

給水温め器中心からズレてる気がするのはソノためでしょう。
てか、ヘッドライトにハマってるのは自動車のホイールじゃないの?
なかなかイイ代用品を見つけたもんだと思います。

20200228g.JPG 20200228h.JPG

プレートの類盗まれずに残ってるのは珍しいと言うか、やはり沖縄
って鉄ヲタの人口少ないのかな?とか思ったりもしました。

説明書きによると最後日豊本線延岡機関区の所属だったようで、
[延]という区名札が付いています。…てかコレも、差し替えるタイプ
ではナイ厚みのあるプレートなんですよ。

そしてソノ説明書きを読むと、この機関車がココに保存される事に
なった経緯が書かれています。…昭和47年本土復帰で、九州
訪れた沖縄の子供たちへの贈り物だったようですね。

カナリ巨大なプレゼントですが、当時は蒸気機関車引退時期でも
あって、機関車そのものを贈る事は難しくなかったと思われますが、
問題は輸送費方法でしょう。

寄付を募って、当時の お金1,400万円が集まったそうな。当然に
船で運ぶんでしょうが、鹿児島からでも600kmはあるんですな。

そんな苦労の賜物であるからなのか、今でも土地の人たち大切に
扱われ
てる感じが伺い取る事が出来ました。

20200228i.JPG 20200228j.JPG

炭水車テールランプ欠損してますが、キレイに塗り直されています。

…てか途中から気になってたんですが、左の画像キャブの近く
が居ますでしょ?何匹かがコノ機関車に住んでるらしく矢鱈と出入り
してるんですよ。その他にも公園内ソコソコの数が居ますので…

折角ですから与儀公園でも「臨時 猫ヨシヨシ」と参りましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.334 鉄道保存施設を探る