新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

福井鉄道 北府駅ギャラリー ②

2019/09/08(Sun)

昨日は恒例の播磨下里お絵描き教室でした。8月土曜日が5回ある
ので、変則的に1回目第1土曜日の開催になったそうな。

20190908i.JPG 20190908j.JPG

そして終了後奈良へは帰らず西へ向かって瀬戸大橋を渡り、本日は
香川県坂出市よりお送りしておりますクラ駅長です。…今日はこれから、
土讃線駅ノート続きでして、土佐山田新改を描く予定です。

さて北府駅「福井鉄道ギャラリー」ですが、続けて駅舎内から見て
いく事にします。…が出て日は陰りましたが、逆に蒸し暑いですね。

20190908a.JPG 20190908b.JPG

井鉄道本社や車庫が併設されてる駅なので、本来は主要駅の1つ
なんでしょうが、現在はラッシュ時などを除いて無人駅です。

僅かなスペース駅務室として残されており、同社のオリジナルグッズ
販売されておりますが、どぅやって買えばイイんでしょう?
越前武生西鯖江などの常駐駅買いに行くしかナイと思われます。)

20190908c.JPG 20190908d.JPG

そして空いたスペースの多くが、同社の歴史を紹介するような資料館
になってると言う状況なんですな。お約束のサボ制服閉塞機など
の展示品がありました。

看板も殆どが手書きでしょうから、鉄道会社ごとのオリジナル
フォントとか無くて国鉄私鉄も「鉄道と言えばこんな感じ」と言う
共通した雰囲気のイメージがありますね。

タブレット閉塞機も各地で見かける国鉄の物に酷似しています。

20190908e.JPG 20190908f.JPG

福井鉄道は現在は1系統の路線のみが残ってますが、過去には複数
の路線が存在しました。現在の武福線(ぶふくせん)福井市内
入ると併用軌道になるので、路面電車的な低床の車両が必要です。

…今でこそ名鉄の岐阜市内線中古車が走ってたり、新しいLRT
車両も開発されていますが、昔はホントに、普通の電車無理矢理
ステップを付けた車両が多かったイメージです。

ソレほど大きな施設でもナイので、短時間で見終わって再び外へ
出たら、例の除雪貨車デキ10型が道路の近くまで出してありました
…だから何でこの暑いのに除雪車なのよ?

でも近くで観察出来た事は、私にとっては珍しくラッキーでしたわ。

20190908g.JPG 20190908h.JPG

ホームへ出ると工場の建物脇の側線留置してある車両が見える
ので望遠で撮ってみましょう。

左はドイツシュトゥットガルト市電の車両ですが、最初に輸入した
のは高知とさでん交通です。…見た目のインパクトは高いものの、
不具合が多いのか高知でもココでもソレほど活躍してナイようです。

右は600型、元は名古屋地下鉄名城線の車両です。…ってよくコレを
買おうと思ったな。と言うぐらい、併用軌道には不向きな車両だわ。
ステップなんか「ほぼハシゴ」じゃないですか(コレが開くらしい)。

新型車が増えた現在は、主にイベント用に使われてるそうな。

ともあれ折角なので、ココから乗り鉄です。一度乗りたかったアレ
乗ってみましょう。…ぁ、その前に播磨下里の報告を挟みますよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.161 鉄道保存施設を探る

福井鉄道 北府駅ギャラリー ①

2019/09/07(Sat)

えちぜん鉄道の2駅の駅ノート無事に描けましたので、余った時間
北陸本線に乗り、武生まで戻ってきましたクラ駅長です。

20190907a.JPG 20190907b.JPG

18きっぷシーズン中ですが1日この距離だと勿体無いので、普通
乗車券で乗ります。てか今は北陸本線にもICOCAが普及しましたな。

武生福井市内を結ぶ福井鉄道と言うローカル私鉄がありますが、
ココの北府駅小さな資料館があると聞いたんですよ。

福井鉄道越前武生駅と、JR武生駅400mほど離れています
尚且つ北府次の駅であり、ココの駅間もソレほど長くナイので、次の
電車待ってる時間歩けてしまいました。…カナリ暑かったですが。

同社本社北府駅の近くにあります。車庫本社接続するJR駅
1つ先に置くのはよくあるパターンでしょ。銚子電鉄とか。

20190907c.JPG 20190907d.JPG

大きくクランク状にカーブした本線から分岐する格好で、車庫(工場)
留置線が設けられております。…停まってる車両は名鉄軌道線
区間で使用されていた770型ですね。

調べたらココは名鉄資本の傘下です。ロゴが似てるなと思ってたのよ。


ある程度の見学者が居る事を想定してるのか、古い駅名票再利用
したような解説看板と、コレも古い勾配票みたいな道標がありました。

20190907e.JPG 20190907f.JPG

「車両工場はこっち」と書いてあっても、イベントでも何でもナイ日
個人が訪ねて行って見せて貰えるもんでもナイでしょう。敷地外
見える所から見ております。

大正時代の建築であると言う、いかにもローカル私鉄っぽい味のある
建物ですね。そしてこの暑いのに何故か除雪車が出してあります。

デキ10型と言う、コレまた大正生まれ電動貨車で、冬場は前後に
排雪器を取り付けて除雪車として使うそうな。…だから何で今頃?

20190907g.JPG 20190907h.JPG

そした北府駅です。…今まで放置してましたが、コレで「きたご」と
読みます。元は西武生と言う駅名でしたが、最近(平成22年)に今の
駅名に改称されました。越前の「国府の北側」と言う意味だそうな。

こちらも大正時代古い建物だったのが、老朽化に伴って同じ雰囲気
を保った感じ改修されたそうですよ。

20190907j.JPG 20190907i.JPG

木造ですが天井が高い造りで、照明レトロ白熱球ですね。
窓口はありますが現在は無人駅です。…構図を取るのが大変でした。

北府駅駅舎内簡単な資料館として公開されており、一旦外へ
戻りますが案内地図の端っこに「福武線鉄道ミュージアム」と言う
が取り付けてありました。…あと真ん中機関車っぽいライトが。

この時点で「正式名称どっちやねん?」と言う状況ですが、(検索
すると表題の方が多く出る)ともあれ内部を見学するにしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.160 鉄道保存施設を探る

サンリバー大歩危 ⑤

2019/08/21(Wed)

…久し振りに鉄道播磨下里へ行ったので、朝の大阪駅乗り換え
の時間に少し、気になってた所撮ってみましたクラ駅長です。

大阪駅ってのは、やはり最近になって出来た例の大屋根など、新しい
ばかりが目に付くもんですが、随所に昭和の建築が残っています。

20190821j.JPG20190821i.JPG

大阪駅高架化されたのは昭和9年の事ですが、以来長く使われた
3代目駅舎からの物でしょうね。階段の端々に古い大理石の細工
見られます。

縦書き駅名票ステッカーを、何でこんな中途半端な所に貼った
のかはですが、こう言う新旧の同居見てて微笑ましい物ですね。

さてサンリバー大歩危ですが、全日の疲労のお蔭?で「寝不足
になる」と評判の鉄道部屋でも熟睡出来てしまい、翌朝です。

20190821a.JPG 20190821b.JPG

陽が長い季節の事ですし、私は旅に出る朝の目覚めが早いので、
始発列車の時間にはすっかり起きておりました

サンルームリクライニングシートに座って、再び撮り鉄に挑戦
してみましょう。窓枠の所にある車両用テーブルに、時刻表カメラ
載せるといいようです。…細かい所まで考えられてますね。

大歩危発05:45の上り、高松行き「しまんと2号」が撮れました。
季節によって暗いでしょうが、朝霧が掛かった風景なんかも上手く
撮れたら素敵な絵になると思われます。

20190821c.JPG 20190821d.JPG

そんな感じで朝の撮り鉄を終えたら温泉に入ります。…日帰りでも
使える大浴場があるんですが、食堂などと同じく別館なんですね。

説明書き恐縮してるように結構歩くんですが、上層階にあるので
見晴らしが良く、ココからも先程の第二吉野川橋梁が見えました。

鉄道部屋宿泊者には記念品として、オリジナル黄色いタオル
付きます。…個体識別に便利なのでイベント時などに使ってますよ。

20190821e.JPG 20190821f.JPG

温泉の後は朝食ですね。時代を反映してか、ココでもバイキング方式
になっております。やはりビジネスホテルより豪華な内容でした。

合成樹脂製のトレイ曲がってて角皿載せにくかった事以外は
イイ感じです。私は普段の朝は小食ですが、旅先での朝食しっかり
頂きますよ
。…今日も昼食算段が付かない駅ノートですから。

と言う事でなかなか稀有な体験鉄道部屋に泊まれたサンリバー
大歩危
でした。…(私の感覚では)結構高いんでがまた来たいです。

20190821g.JPG 20190821h.JPG

再びワゴン車で、大歩危駅まで送って頂きました。…同駅吉野川
に沿った狭い土地に作られてるので、土讃線平行して走る国道には
面しておらず脇道から急な坂を下って入る事になります。

駅前ロータリーになってますが、限られた駐車スペースドコかの
私有地だったり用途が決まってたり旅の者車を置ける場所
全くナイのが分かりますでしょうか?

…こんな感じで時々「車で行けるけど駐めておけない駅」と言うのが
出てくる。駅ノート始めてから知った知識ですよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.143 鉄道保存施設を探る