新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

祖谷への旅 ③

2019/10/05(Sat)

土佐北川駅は、私が最初に着いたの(食堂のある方)とは反対側にも
出入口があります。

20191005a.JPG 20191005b.JPG

こっちの方が待合室までの距離が少し短かいのと、トイレもあるので
もしかしたら「表玄関」なのかも知れません。

…でトイレ手洗い水なんですが、ホースから流れたままの状態で、
蛇口など見つからない構造でした。井戸水地下水なのでしょう。

ソレにしてもホースを固定してあるのは「火ばさみ」だし、水を受けてる
入れ物「炊飯器のお釜」ではナイのか?…一応はJRの駅なのに、
廃物利用にも程がある気がしましたクラ駅長です。

さて祖谷への旅ですが、見たかったかずら橋ほんの数分で終わって
しまいましたので、再び歩いて駐車場のある観光施設へ戻ります。

20191005c.JPG 20191005d.JPG

途中の売店で、祖谷地方郷土料理だという「でこまわし」なる食べ物
を売ってました。…要するにみそ田楽みたいな物ですね。

説明書きにある通りの材料が、上から順に刺さってますそば団子
珍しいし、豆腐も好きなので美味しく頂きました。…だからビールが
飲めずノンアルコールのソレになったのが残念ですがね。

20191005e.JPG 20191005f.JPG

そろそろお昼時なので、田楽だけでは物足りず「かずら橋夢舞台」
戻って名物祖谷そばを頂きます。

駅ノートを描いてると、どうしても食事貧しくなると言うか「食ってる
間に時間が無くなったらどうしよう?」という意識から昼食飛ばして
しまう事が多いんですよ。…今日はソノ心配ありませんので。

所でココに来る途中に見つけてたんですが、一部の皆さんにとって
懐かしいアレがありました。改めて見に行く事にしますと…

20191005g.JPG 20191005h.JPG

2015年四国方面社員旅行で乗せて頂いたかずら橋タクシー
ボンネットバスですよ。昭和35年製いすゞ車です。

要するにココが本拠地であり、普段は大歩危駅から祖谷方面への
観光に使われてる物なんですね。

コレを高松駅前まで回送してきて八栗とか琴平とかを回ったワケで…
実際に走ってみると、とんでもナイ事をお願いしたんだな。と言うのが
よく分かりました

20191005i.JPG 20191005j.JPG

…以下はおまけですが、かずら橋タクシーからすぐ近くのホテルでも
ボンネットバスを見かけたので撮ってきました。こちらは白ナンバー
だから純粋に送迎用でしょう。

祖谷地方ボンネットバス観光に使うのがトレンドなのか?
楽しい趣向だと思うので、維持は大変でしょうが頑張って欲しいですね。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.188 駅長が見た風景

祖谷への旅 ②

2019/10/04(Fri)

土讃線土佐北川駅ノートを描きに行った時、駅前で以下のような
風景を見ましたクラ駅長です。

20191004a.JPG 20191004b.JPG

事前に色々と調べて分かってた事ではありますが、土佐北川の駅前
には「駅前食堂」なる飲食店が存在します。丁度お昼時だったので
開いてるのは確認したんですが、がっつり個人店ですね。

…見てるとやはり、明らかな近所の常連さんで占められてる感じです
(扉が開けっ放しなもんで)。馴れ馴れしい雑談苦手な私には敷居
の高いタイプのお店ですが、興味のある方は是非どうぞ

それと食堂の裏手のお家では、馬を飼ってるようでした。…農業用
なのか乗用なのか、用途は不明です。コレまた社長(木村)ぐらいの
図々しさ…ぃゃ社交性があれば、近くで見せて貰えるかも知れません。

さて祖谷地方への旅ですが、大歩危駅からの方向へ10km程度
山道を走って行きます。

20191004c.JPG 20191004d.JPG

バスも走る道路なので道幅は充分です。経験上、そんなにキツい道
ではありません。…もっと高い所にあって、登りが連続するイメージ
だったんですがアップダウンとカーブの繰り返しです。

そんな感じで走ること約20分「かずら橋夢舞台」という観光施設
到着です。ココに大きな駐車場があり、施設内には食堂土産物屋
あるようです。

20191004e.JPG 20191004f.JPG

館内にまた、かずら橋レプリカ簡単な説明の展示がありました。

そもそもはシラクチカズラと言う植物のツルを縄の代わりに使った
橋の総称で、は当地にはもっと多く(文献によると最大で13箇所
かずら橋が存在したそうな。

現在ある物は観光用で、安全確保のために鋼鉄製のワイヤーが中に
仕込まれています。…年間35万人が渡るという事で老朽化が激しく
3年に一度架け替えが行われるそうな。

20191004g.JPG 20191004h.JPG

少し歩くと見えてきましたね。コレがそうか。…平日ではありますが
バスツアーの老人客や、何でココを選んだのか中国人カップル
なども見受けられます。

橋は一方通行で、通行料500円。入口側に料金所があります。
長さ45mの橋を渡るにしては高い気がしますが、観光化して客が
増えたから、維持費も掛かる話なんでしょう。

20191004i.JPG 20191004j.JPG

では実際に渡ってみましょう。…吊橋としては短かい橋ですし、高さ
ソレほどナイので「恐い」という印象はナイです。まぁ昔の人々の知恵
と言うか、そういう観点で見れば「上手く考えたもんだ」と思いますね。

大海駅長は確か、ココをわんこを連れて渡った事があるらしいの
ですが、わんこにしてみれば意味も分からず恐かった事でしょう。

途中でインスタバカみたいな中国人男性が、いいアングルを探して
橋を逆行してきました。料金所のおじさん「一方通行ですよー!」
マイクで注意するんですが、中国語で言わんとダメでしょうに。

ともあれコレで1つの目的達しました。そろそろお昼になりますね。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.187 駅長が見た風景

新見への旅2019 ②

2019/09/16(Mon)

…と言う事で、伯備線方谷駅駅ノート描き終えましたが、同駅
珍しい物が多く、前回に紹介しきれなかった所から出して行こうと
思いますクラ駅長です。

20190916a.JPG 20190916b.JPG

方谷駅駅務室は、資料館として日中限定ですが中に入る事が可能
です。コレまた後で詳しくやりますが当地は江戸時代山田方谷さん
と言う学者先生の塾があった所でして、ソノ資料などがあるんですよ。

…現在は一応「休止中民間委託駅」と言う扱いなので、出札口なども
使える状態で残されています。内側からの視線って、ナカナカ見れない
ので貴重な体験が出来ましたわ。

そして駅ノートを描いてる時から気になってたんですが、どうも周囲が
猫くさいと言うか…私も猫ヨシヨシを始めてカナリ経つので、その存在が
匂いで分かるようになってしまったんですよ。

20190916c.JPG 20190916d.JPG

…周囲を探してみたら駅前に駐まってる軽トラの下に、トラ模様の子
居ました。昼寝から起きるとカナリ厳つい顔をしてましたが、怒ってる?
まぁコレが地顔なのかも知れませんが、貫禄がありますな。

20190916e.JPG 20190916f.JPG

更にもぅ1匹建物の床下黒い子を発見。…出てくるとぱのとは似て
おらず下膨れな顔立ちの子でしたが、先程のトラちゃんに何か用事が
あるらしく、軽トラの下に向かってニャゴニャゴ話し掛けてました。

そんな感じで今回も猫ヨシヨシ未満ではありますが、暫く猫を観察して
新見へと向かいました。

20190916g.JPG 20190916h.JPG

新見に来るのも久し振りですが、中国地方の真ん中横断する
鉄道のターミナル駅として、どうも津山新見三次3駅イメージ
混ざって困ります。まだまだ旅慣れてナイ証拠なのかも知れません。

新見駅の周辺はホテル少ないので、直近の宿泊施設は久し振りに
和室メインの旅館です。…まぁWi-Fiが通じればドコでもイイのですよ。

20190916i.JPG 20190916j.JPG

基本的には朝風呂派の私ですが、今日はカナリ暑かったので先に
お風呂を使わせて頂く事にしましょう。…部屋にユニットバス
ありましたが、こう言う日は大きな風呂がある旅館正解かもね。

出歩くのが面倒だし、旅館ってのはきちんとしたレストランが存在して
夕食を取る事が可能なので、少し高めの定食をオーダーしました。

今までずっと「旅に出たら飲んだくれる」パターンが多かったんですが、
コレを機会に今後は「可能なら一膳の定食」改めて行こうかなと。
ビール最低限にして節約します。…浮いたお金模型鉄の資金な。

新見から先伯備線にも駅ノートが目白押しの状況なので、今後も
新見軸にして動く事が多くなると思われます。…新見高速の
インター近いのも便利かも知れません。

そんな感じで初めて伯備線の駅ノートとソノ周辺ネタはココまで
次回からはいよいよ「四国まんなか千年ものがたり」へと移りますよ。
…この長ったらしい列車名どうしましょうかね?




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.169 駅長が見た風景