新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

ユリカモメよしよし

2020/02/24(Mon)

…さて浜名湖佐久米駅ですが、駅ノートも何とか一段落しましたので、
ココからはユリカモメヨシヨシして遊んでみましょう。

20200224a.JPG 20200224b.JPG

直哉さんによると、当日に集まってたユリカモメ約200羽との事。
数だけ聞くと多い印象ですが実はコレでも少ない方だそうで、更に多い
には800羽ぐらいになるのだそうです。

通常は湖岸のコンクリート壁などに大人しく留まってるのが、スタッフ
の方エサを持ち出すと途端にカオス状態になるんですよ。
…数多のブログなどでよく見る感じの写真誰にでも撮れます

何年も前直哉さんに初めて画像を見せられた時には、この状況
俄かに理解出来ず何かのアプリで作った物」と思ってしまいました。
スポーツ新聞の紙面に友達の写真とかを合成するやつがあるでしょ。

20200224c.JPG 20200224d.JPG

エサになるのは、食パンの「耳」の部分やかっぱえびせん等のようで、
場合によっては食パン「斤」のカタマリのまま持ってる人も居ます。

パンはいいとして、かっぱえびせん塩分的に大丈夫なんでしょうか?
以前に三陸の浄土ヶ浜へ行った時も、ウミネコに与えるエサかっぱ
えびせんだったんですよ。

人間と同じ物を与えると、塩分過多になるらしいんですが、
ウミネコユリカモメ更に小さい身体なのにね。

で、スタッフさんエサを持ってると、頭の上に載ってくるヤツが。
…どうも「こうすると人間ウケする…沢山貰える」と分かってるらしい。
だから大抵の方毛糸の帽子などを被ってました。

20200224e.JPG 20200224f.JPG
では少し休憩
駅前には何故か、牛のデザインになったトイレがあります。
単体で見ると「何で牛?」と思ってしまう所ですが、沿線の他の駅では
例えばだとか、一種のシリーズになってるようですね。

そしてアテにしていた喫茶店臨時休業でした。コレは残念
前回に来た時の印象では、喫茶店なのに定食類もカナリ充実してて
豪華なランチが頂けたように覚えておりますが。

付近にお店少ないので慣れてる方東名高速道路浜名湖
サービスエリアまで買い出しに行くようです(裏から入れるんでしょう。)
直哉さんコロッケを1つ頂きました。ありがとうございます。

20200224g.JPG 20200224h.JPG

そして大半がユリカモメな中に1羽だけウミネコが居るのだそうです。
アップで撮ったから比較出来なくなりましたが、ユリカモメより
2回りぐらい大きいんですよ。新幹線軽便車両ぐらいの差かな。

生まれた時からずっと居るのだそうです。…だと思わないのかね?

そんな感じで直哉さんに色々と教えて貰ってたら、私もエサをくれる
勘違いしたのか、アタマに載られてしまいました。…ユリカモメ
ってのは水掻きが付いてますから、妙にピタピタした感触です。

カメラ出して構えて顔を作る余裕があるぐらい長く載ってます
なかなか出来ない(であろう)体験が出来てしまいました。

以下おまけ

20200224i.JPG 20200224j.JPG

帰り気動車は、行き同型車だけど湘南色ラッピングの車両でした。
天浜線は元々は「国鉄二俣線」なので地域的に合ってそうな物ですが、
ずっと非電化だから113系とかは走らなかった筈ですけどね。

「静マタ」天竜二俣の事でしょう。フォントまで似せてあるのだな。

そんな感じで駅ノートも然る事ながら、気になってたユリカモメの時期
訪問出来て、直哉さんにも色々と解説を頂けた充実した旅でした。

さて、次回からはいよいよ沖縄ですよ。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.330 駅長が見た風景

京都 東山への旅

2020/02/08(Sat)

沖縄での初日は、まず与那原町にある軽便鉄道の資料館を見に行き
ましたクラ駅長です。

 …戦前まで沖縄にも、軽便鉄道路面電車が存在した事は周知の話
ですが、その与那原駅があった場所に当時の駅舎復元した建物
あり、ココが資料館になってるワケです。

20200208a.JPG 20200208b.JPG

館内写真を撮ってもイイけど無許可ネットに上げるのは禁止
…とされてました。

「ではドノように許可を取ればいいのか?」係の人に訊いた所、沖縄県
の公文書館(だったかな?)に申請する方法があるのだそうです。

折角だからそのプロセス踏んでみようかとも思ったんですが、載せて
いい画像だけでブログは維持出来そうなので、館内の分は私の画力
絵に描いたやつを載せておきましょう。

「沖縄は遠い」という環境の人は多いと思いますが、気になる方
現地で確認してみて下さい。外観などの紹介後日の記事でね。

さて新たな報告です。先月上旬に新快速の「Aシート」を体験すべく、
京都~野洲往復したワケですが、取材が意外と早く終わりましたので
最近小耳に挟んだ京都新興 猫ヨシヨシ スポットへ行ってみました。

20200208c.JPG 20200208d.JPG

京都市東山地区「哲学の道」と呼ばれる遊歩道があります。
南側から行くと南禅寺永観堂から、疎水の支流に沿って銀閣寺付近
までの2km程度の区間なのでずか、最近ココに猫が多く出るらしい。

冬場観光シーズンからは外れてますが土曜日の事。尚且つ最近の
京都は地元の人が日常生活に困るぐらい外国人観光客が多いらしく
ソレが不安(単に鬱陶しいだけ)なのですが、取り敢えず決行です。

20200208e.JPG 20200208f.JPG

入口付近に至る途中に食堂RESTAURANTと書いてある)があったん
ですが、店先近くで撮ったらしい猫の写真が掲示されています。

「PHOTO OK!」とあるので撮って転記させて頂きますが、コレは割と
期待出来る雰囲気ではナイかしら?

20200208g.JPG 20200208h.JPG

…まずは近くにあった熊野若王子神社に寄って、また成功祈願です。

境内煙ってるのは焚き火のせいなのですが、最近は御朱印ブーム
と言うのか、社務所矢鱈と行列になってました。

御朱印ってのは神社やお寺に「参拝した証明」だから、スタンプラリー
ではありません。コイツらちゃんとお参りして並んでるんだろうな?

20200208i.JPG 20200208j.JPG

「哲学の道」というのはソノ昔、哲学者西田幾多郎という人がココを
瞑想に耽りながら散歩した事に由来するんだそうです。

大学一般教養「哲学」の講義があって、ソノ時に聞いた人名
ですが、内容は殆ど忘れてしまいました

春は桜が咲き、秋は紅葉が美しい所なのだそうですが、今はどっちも
季節外れです。まぁ私は猫が出てくればソレでいいんですが。

…ともあれ歩き始めようとした所、特に探さなくても居るようです。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.314 駅長が見た風景

北濃駅を探る

2020/02/07(Fri)

さて長良川鉄道北濃駅ですが、駅ノート無事に仕上がったものの、
今回は情報量が多いので続きの記事を設けましたクラ駅長です。

20200207i.JPG
新しく設置された駅ノートの情報が
入ると、絵師さんたちと平行して行動
を始めるのが、ゆっくまーシール勢
皆さんです。

詳しい事情はよく知らないのですが、
最近は通称「青いおっさん」…左の方
人気があるらしく、Twitter上では
茶色のクマさん蔑ろにされおり、
些か嫉妬気味に見えるんですよ。

…私には「単なる色違い」にしか見えずソノ差が分からないのと、どうせ
発売元は同じだと思うんですが、何で確執が生まれるのかがですわ。

所で北濃駅には古い転車台が残っています。

20200207a.JPG 20200207b.JPG

カナリ前乗り潰しで来た時確認済みではありますが、今回も
近くまで見に行ってみました。当然に蒸気機関車の時代は機回し
方向転換のための必須だった設備です。

所で転車台窪みの部分ってのは大抵が水溜まりになってますよね。

当日は途中からカナリ強い雨が降り出したんですが、見てると
山から流れてきた雨水(地下水?)を一旦ココに溜めて、恐らくは
駅を挟んだ向こうにある長良川流す構造になってるようでした。

…どうやら簡単な治水設備も兼ねてるらしいのです。コレは発見だわ。

20200207c.JPG 20200207d.JPG

続いて到着した列車は、観光列車にも使われる「ながら川風号」です。
当日は景色のいい区間徐行する「ゆら~り眺めて清流列車」に充当
されてたようですが、平日&この雨では乗客は皆無でしょうね。

…てかまた水戸岡デザインですか。もはや他社の同コンセプトの車両
こっそり取り替えても誰も気付かないんじゃない?というレベル。

この車両はロングシート主体自由席車両ですが、後日乗る予定の
観光列車「ながら」テーブルのあるボックスシート車になるようです。
…でないと料理が並ばないわね。

20200207e.JPG 20200207f.JPG

ともあれ昼食駅舎内に併設されている食堂へ行ってみましょう。
…てか近所他に食事が出来るような場所見当たらないので、
先程から見てると車で通りかかったような人も利用する感じです。

屋号はそのまま「終着北濃と言うようです。過去には同じ場所で
ラーメン店が営業してた事もあるようですが、現在のお店に関しては
改装して間もない感じでした(…食べログとかにもまだ情報がナイ)。

20200207g.JPG 20200207h.JPG

メニューの最初に載ってる味噌カツ定食がオススメらしいので、コレに
してみます。小鉢も何品か付いて1,000円カナリお得でしょ。

お店の方に断って店内を撮影させて頂いたついでに、先程から気に
なってたマジックミラー部分との隙間について訊いてみました。
右の画像が真裏に当たるんですが、殆どスペースが無さそうなので。

先述のように「倉庫でも何でもナイただの隙間」だとのお答えだったので、
絵のネタとの整合性も取れて安心しました。

そんな感じで北濃駅に関しては以上です。
…この5日後が再び長良川鉄道で、観光列車「ながら」に乗る予定に
なってるワケでして、我ながら効率が悪い話です。ソノ事情はまた追々。

では次回、意外に近場で発見された猫ヨシヨシ スポットの報告です。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.313 駅長が見た風景