新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

京とれいん雅洛 ③

2020/01/26(Sun)

さて阪急「京とれいん雅洛」ですが、車内紹介最後に取っておいた
のがコレ。…2号車5号車中央部には小さな庭園があるんです。

20200126a.JPG 20200126b.JPG

双方とも真ん中の乗降扉埋めた部分の片側ですが、小さいながら
雰囲気がよく表現されてると思いましたクラ駅長です。

列車の中に庭があるって、私は余部鉄橋から墜ちた例の「お座敷
列車みやび」しか知らないんですが、他にもありますかね?

柵の向こうが玉砂利を敷き詰めたような地面になってますが、触って
みたら石と思しき物体は全て接着剤か何かで固定されてました。
…まぁ当たり前か。そのままだと散らかるし、中国人に盗まれるわな。

20200126c.JPG 20200126d.JPG

そんな感じで「京とれいん雅洛」京都河原町に向けて出発してます。

各号車乗降ドアも。格子戸をイメージしたようなデザインに改造
してありますし、竹製の犬矢来いぬやらい壁を保護するやつ)も
再現されてます(材質は不明)。

Wi-Fiが装備されてるのは先代の「京とれいん」と同じですが追加の
車内サービスとして、それ専用のWi-Fiにスマートフォンでアクセス
すると前方を映した動画が見れるサービスがありました。

…昔はカメラを通じて各車両のモニター画面に映してた物が進化した
のでしょうね。子供さんの退屈しのぎにはイイかも知れません。

20200126e.JPG 20200126f.JPG

私は先頭車に乗ってたので、スマートフォンを起動してWi-Fiに繋ぐ
より、直接見た方が早いのでソノようにします。

列車種別としては「快速特急」です。何故か先代の「京とれいん」には
無かった車内用の停車駅案内が装備されてました。…コレもある事
慣れてしまうナシでは不便に感じるようになってしまいましたが。

…先程乗った「京とれいん」「快速特急A」違うのは十三停まる
か否かなんですが、停まろう通過(運転停車)しようが所用時間
全く変化のナイ1時間毎平行ダイヤなんですよ。

20200126g.JPG 20200126h.JPG

途中駅で乗ってくる人たちを見てると、意外と観光列車だと意識してる
少ない感じで「あ、コレに当たったの初めてだわ。」みたいな会話
も聞けましたね。

車窓風景の1つとして挙げておくなら、阪急京都線には水無瀬付近
東海道新幹線と平行する区間があります。

…確か同区間高架化する工事の途中で、先に出来ていた新幹線
道床を借りた事があったんじゃなかったかな?

20200126i.JPG 20200126j.JPG

という事で再び京都河原町に到着。ココで今回の阪急電車2本の
「京とれいん」
の報告は終了です。

…結果的にフリー切符買わず手持ちのICカード1往復半した事
になりますが、帰りはココから烏丸まで乗って京都市営地下鉄から
近鉄に入って奈良へ帰ったので、阪急乗車総額は1,460円でした。

フリー切符より些か高くつきましたが、まぁ誤差の範囲でしょう。
同じ経路何度も乗りましたが、改札を出ないで誤魔化したりしてナイ
という証拠に、ICOCAの使用履歴を表示した物を挙げておきます。

近場で手頃なんですが、特別料金の要らない定期列車だという事で
見落としてた「京とれいん」「京とれいん雅洛」ですが。お堅い阪急
しにては思い切った企画だなと感じた事を、再度述べておきます。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.301 乗り鉄日誌>大手私鉄

京とれいん雅洛 ②

2020/01/25(Sat)

忍者ブログ不具合がようやく収まりましたので、今日からこちらに
戻すことにしましょう。今回の件では今後トラブル時の対応を確立
を含めて、意外といい経験でした。

…そんな感じで再び大阪梅田駅から、続いては「京とれいん雅洛」
乗ってみますクラ駅長です。

先代の「京とれいん」と同じく6両編成ですが、こちらは全車両大幅
に改造
されており、各号車趣向デザイン変えた内装です。

同社のHPなどで紹介されてるコンセプト「乗った時から京都気分」
みたいな事だそうですが、他社では以前「乗った時から伊豆」っての
もあったような気がするぞ?

20200125a.JPG 20200125b.JPG

まず編成の両端に来る各先頭車が、先代「京とれいん」中間車
同じ ような感じの2名&4名ボックスシートです。

…しかしエントランスからしてカナリ豪華に変わりましたね。
京都の町屋風の格子には照明が入ってますし、オリジナルロゴ
入れたのれんが付きました。

20200125c.JPG 20200125d.JPG

座席の形状は先代「京とれいん」と同じような感じですが、モケット
デザイン
変わりました。また号車ごとにも違う物が使われており、
コレは京都方向の6号車の物です。

20200125e.JPG

「京とれいん雅洛」改造元である7000系は、元は阪急一般的な
スタイルである3扉車なので、一部にロングシートの跡が残ってます。

全体をロングシートで残してあるのが2号車5号車ですが、真ん中
扉を埋めた部分円形の窓になってました。

しかし号車区画ごとにデザインが違う仕様になってるのが 楽しい
ですね。クッションを入れず「畳だけ」の部分もあったりします。
背もたれ茶色いので洋菓子ティラミスに見えましたが。

…実はコノ反対側面白いんですが、取り敢えず先に進みます

20200125f.JPG 20200125g.JPG

中間3号車4号車は、片側が少し角度を付けた1人掛けのシート
で、中央丸窓部分向かい合わせになる「集団お見合い型」という
スタイルの座席配置です。…コレまた号車ごとモケットが違います

20200125h.JPG 20200125i.JPG

そして3号車4号車の反対側は、窓側を向いたカウンター席です。

…まぁココまでやっといて料理が出ないとか、見える風景は殆どが
京阪間の住宅地だとかいう点が残念ではありますが、特別料金
不要定期列車であり、超保守的阪急電鉄には珍しい列車ですね。

ぁ、車窓風景一定してナイので、見る人が見たら分かるかも知れ
ませんが、一部に京都河原町到着後に撮った画像も含まれています。

…今回乗ってみての結論ですが「京都河原町折り返し待ちの時
最も空いてる」と分かりました。往復してるから同程度の利用客
あると思うんですが、時間帯にもよるんでしょうか?

ともあれコノ「京とれいん雅洛」で、再び京都河原町までの旅ですよ。

→次回に続く (次回の更新本日19時頃の予定です。)



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.300 乗り鉄日誌>大手私鉄

京とれいん雅洛 ①

2020/01/24(Fri)

…また別の日浜名湖佐久米へ行った日)の東海道新幹線ですが、
京都から「こだま」に乗って豊橋までノンビリ行く事にして(ソレしか
方法がナイ岐阜羽島「のぞみ待ち」で停まった時の事ですが…

20200124i.JPG 20200124j.JPG

上り0番待避線に、今年の春からデビューするN700S系試運転列車
を見つけてしまいましたクラ駅長です。

やはり世界最高水準の鉄道を誇る東海道新幹線新車の事、色々と
斬新な改良が加えられてる事だとは思いますが、JR東海は基本的に
「同じドアの位置、同じ座席の数」でないとなんでしょ?

だから編成の真ん中付近を見てるだけだと「知らない人気付かない
程度のにしか見えません

ちなみに「S」「最高の」と言う意味を表す「Supreme」の事だそうです。
「Super」ではナイんですね。何て読むのでしょう?

…さて阪急電鉄「京とれいん」ですが、初代編成大阪梅田から
京都河原町まで乗った後、同編成折り返し列車で再び大阪梅田
へと戻ってきました。

次は新しく加わった「京とれいん雅洛」に乗る予定です。

…そのまま京都河原町で待っててもイイ所ですが今回は近い所だし
時間にも余裕があります。尚且つ京都河原町人が少ないものの、
地下駅なので構図が限られてしまうんですよ。

20200124a.JPG 20200124b.JPG

戻ったら丁度お昼時だったんですが、大晦日梅田周辺結構な
人出であり、大抵の飲食店行列状態でした。

改札内なら比較的空いてるので、駅蕎麦昼食を済ませます。
「肉入り卵とじのあんかけ蕎麦」みたいな物でカナリ温まりました

入線時刻が近付くと、ホームの先端部に撮り鉄さんたちが湧いて
きましたね。「京とれいん雅洛」2019年の春から充当されてるワケ
ですが、まだまだ被写体としては新しい物のようです。

20200124c.JPG 20200124d.JPG

私も真似して撮ってみましょう。久し振りに上手くいった気がしますよ。

そして先程の同じ京都線3号線ホームに収まりました。
阪急というのは、折り返す時に運転士さん来るまで尾灯標識灯
切り替えないんですよね。今回初めて知りましたが。

車両としては7000系と呼ばれる物で、主に宝塚線神戸線で使用されて
いる、同社では最も数の多い形式のようです。

「京とれいん」後継車種だから京都線用の車両かと思ったら違う
らしいです。でコノ編成に限って言うと1982年の製造だそうな。
もっと新しいのかと思いましたが、やはりカナリの中古車なんですな。

20200124e.JPG 20200124f.JPG

「雅洛」「がらく」と読みます。列車種別としては「快速特急」
…先程乗った「快速特急A」の停車駅に十三を加えた状態ですね。
繰り返しですが「分ける必要性」が私にはイマイチ分かりません

種別表示がLTD方式なので、「京とれいん雅楽」「快速特急」交互
に表示されるようになっておりました。

デザインも先代に比べて無駄にゴージャスと言いますか、ロゴ横には
蒔絵風のワンポイントが追加されています。

20200124g.JPG 20200124h.JPG

元々の7000系は他の阪急の車両と同じく3扉車なのですが、「雅洛」
に関しては真ん中の扉埋めてあります。…そもそも阪急2扉車
6300系以降は造られてナイんじゃなかったかな?

埋めた部分丸い窓になってまして、外観としてはココにまた
大きな扇のデザインが為されています。

はい、ではまたココから車内に入ります「雅洛」の方は車両ごとに
趣向を変えて、カナリ大規模な改造になってると聞いておりますが、
どんな感じなのでしょうね?

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.299 乗り鉄日誌>大手私鉄