新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

SLやまぐち号2019 ③

2019/10/15(Tue)

昨日は毎年恒例「北条鉄道まつり」でした。…またそのまま旅に
出て
、本日は岡山県新見市よりお送りしておりますクラ駅長です。

20191015i.JPG20191015j.JPG

「北条鉄道まつり」詳しい報告後日。今日は伯備線駅ノート
続きです。観光列車のネタが続いてる間は、安心して駅ノート精を
出せる
のが定番になってきましたね。

さてその観光列車「元祖」とも言えるSLやまぐち号ですが、無事に
一等車の車内記録出来ましたので、続けて三等車を見て行きます。

20191015a.JPG 20191015b.JPG

SLやまぐち号客車だけだと5両編成津和野方5号車です。
その5号車にも一等車と同じような展望デッキが設けられており、
津和野発復路便眺望が楽しめるようになってるようですね。

形式はスハテ35という初めて聞く物。やはり4000番台の製造番号が
振られております。…各地の観光SL用量産したら面白いのに。

古い客車にありがちな感じで、車重表記等は妻面でなく乗降口付近
に書かれております。…細かい所こだわったもんですな。

20191015c.JPG 20191015d.JPG

車内35系客車より1世代古い32系客車をモデルにしてあるので、
木製の背もたれ2連の狭い窓が並ぶ仕様になっています。

当時を知ってる人の著書などを読むと、窓が広くなり背もたれにも
モケット
が貼られた事は、画期的な進歩だったそうな。

展望デッキ機関車の直後であるためか閉鎖されています。
後で分かったんですが復路では一等車のソレが閉鎖されるそうな。
開けるとススだらけになるのは必至でしよう。

20191015e.JPG 20191015f.JPG

と、ココまで見たら反対側から機関車編成全体を撮りたくなり、
跨線橋を渡って向かいのホームへ行ってみました。

…ついでに客車の屋根を見ておきますと、旧型客車風の丸屋根
通勤電車用みたいなエアコンの室外機が埋め込まれています。
ベンチレーター機能してるのか単なる飾りなのかは不明ですが。

障害物ない状態蒸気機関車堂々たる躯体が見えてきました。

20191015g.JPG 20191015h.JPG

まずキャブ回り編成全体を押さえておきます。牽引するD51200号
は、言わずと知れたD51型デゴイチ標準的な仕様の機関車です。

本来は貨物用なので、従来のC571号(貴婦人)に比べるとデブっちい
シルエットですね。…まぁ山口線山岳路線なので、実はこっちの方が
イイ
のかも知れません。

機関区の札[梅]梅小路のままか。昔はソノ都度[郡]小郡
差し替えてたように記憶しておりますが、よく考えたら今は駅名から
して「新山口」変わってしまったからなんですかね?

…ともあれ続けてこのまま向かいのホームから、後に続く客車も見て
いく事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.198 乗り鉄日誌>JR西日本

SLやまぐち号2019 ②

2019/10/14(Mon)

さてSLやまぐち号ですが、私は子供の頃から含めると3度目の乗車
になるので、機関車より客車の方が気になるワケです。殊に今回は
2017年から運用が始まった新しい客車を楽しみにしてきました。

SL全盛期オハ35系客車などをモチーフに新造された特注車
中古改造の多い観光列車の中では逆に異質な存在です。

折角だから再現された一等車(現在の扱いとしてはグリーン車)に
乗りたかったワケですが、席数が少なく10時打ちに失敗したんです。

建前としてはグリーン券を持たない客は入れませんが、新山口駅
停まってる間のドサクサで、車内だけ撮ってしまおうと言う算段です。

…ソレは別にしても画面に人を入れず、尚且つ散らかってナイ状況で
車内を撮るなら、入線直後が一番イイのは当たり前。機関車は後から
途中駅でも取れますからね。

20191014a.JPG 20191014b.JPG

…と言う事で編成の後方最後尾の1号車が止まる位置で待機して
おりましたクラ駅長です。程なくしてSLやまぐち号が推進運転で入線

予想してた通り前方はロープで規制されてても大混雑ですが、後方は
ガラ空きです。自分の指定席2号車なので、荷物を置いてから行動
するにもココで待ってた方がいい。

20191014c.JPG 20191014d.JPG

戦前特別急行(敢えてこう表現しますが)の最後尾に連結されて
いた展望車マイテ49型を基に再現された車両です。現在で言えば
新幹線のグランクラス以上のステータスだった車両ですよ。

本来なら山口線ごときの快速列車には、間違っても連結されません
…てかJR西日本本物のマイテ492を持ってた筈なんですが、そう
言えば最近は見かけなくなりましたね。

展望デッキ手すり安全性を考えたのかオリジナルより高めです。
扱いとしてはグリーン車ですが、マーク遠慮がちな小さい物でした。
他の車両も同じですがドアボタンが装備されてるのが現代的ですね。

20191014e.JPG
形式はオロテ35となります。
…元々国鉄には35番台の形式の
客車が存在しますが、当たり前の
事ながらソレとは全くの別物なので
4000番台の製造番号が振られる
事になりました。

他の号車も同様ですが色々と仕様を
変えた結果、5両編成の全て個別
の形式になったようです。

20191014f.JPG 20191014g.JPG

車内は基本的に3列配置リクライニングシートですね。肘掛け
アタマ全体を覆う白いカバー現代では見かけない物です。

戦前の一等車は、豪華なソファー回転椅子ロングシート状
並ぶ配置だったようですが、流石にソレは現代にはそぐわないか。

当時は一等車の客層なんか政治家華族財界人などにが限られて
おり、乗客同士の社交の場でもあったのだと思われます。…そもそも
リクライニングシートってのは日本では戦後になって導入された物だ。

20191014h.JPG 20191014i.JPG

車端部には、少ないながらボックス席がありました。4名用2名用
があり、左の画像は後者です。…回転リクライニングしませんが、
三等車よりゆったりしたソファーなのは、ある意味リアルですね。

最後部展望室と展望デッキです。展望室定員含まれないフリー
スペースだそうな。…そもそも展望デッキは、始発駅で偉い人
見送りの衆挨拶するための物だったので、実用品ではありませんが。

…と、車内に入って3分程度。カナリ慌ただしかったけど、何とか撮れ
ましたかね。やはり一度はホントに乗ってみたいもんです。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.197 乗り鉄日誌>JR西日本

SLやまぐち号2019 ①

2019/10/13(Sun)

日々の視力の低下に耐えかねて、ついに眼鏡を買う羽目になりました
クラ駅長です。

20191013a.JPG 20191013b.JPG

会社の健康診断における視力検査0.5とか0.6とか出るんですよ。
コレでは運転免許基準値達しませんし、実際に日々の駅ノート
描きでも不便さを感じてましたもんで、思い切って実行しました。

サービスで貰える眼鏡ケースは、のデザインに惹かれて右のような
物を選んだんですが、猫の耳ソノ位置にはナイから、眼鏡固定し
にくいだろうととか、また要らんが気になっております。

と言う事で、新しい眼鏡と一緒に新山口まで来てしまいました。

今回は観光列車特化した旅です。土曜日SLやまぐち号に乗り、
下関へ移動して一泊。翌日曜日「○○のはなし」に乗り継ぐ行路を
組みました。

3年前にも似たようなルートで回りましたが、今回はSLやまぐち号
往路便に乗ります。現在は牽引機D51200号が加わり、客車も新しい
車両
に替わってるので、コレを楽しみにしてきました。

20191013c.JPG 20191013d.JPG

奈良6時に出て京都発0743「のぞみ97号」に乗りました。この列車
名古屋始発ですがSLやまぐち号新山口発1050なので、東京発
0616
「のぞみ3号」でも間に合います

宮脇俊三氏の著書によると、運転開始当初1000発だったそうな。
当時の新幹線「ひかり」の所要時間では、東京発0600一番列車
「ひかり21号」でも間に合わない計算になります。

だから東京の人が乗りに来るには、前泊するか前日の寝台特急にでも
乗るしかなかったワケですね。

新幹線が速くなったから「発車を少し繰り下げれば東京からでも日帰り
出来る
」って事で決まった発車時刻だと推測してるんですがね。

20191013e.JPG 20191013f.JPG

新幹線新山口に着く直前側線で待機する機関車の姿が少し見えた
ので向かい側の上りホームへ行ってみると、架線柱の隙間からですが
煙を上げてる蒸気機関車が確認出来ました。

SLやまぐち号1番線から発車します。ホームへ向かうエスカレーター
にも元祖牽引機C571号のイラストがありますが、客車は何故か青い
12系風の物でした。…見慣れた編成ってばソノ通りなんだけどね。

20191013g.JPG 20191013h.JPG

ホームでは駅弁が売られてました。…新山口の駅弁も確か、製造元
広島に統合されたと記憶しておりますが、細かい事気にしません

記念写真用の制服制帽がありますが、コレはどぅ見ても子供用だな。
私が本気を出すとリアルすぎ威力業務妨害になる恐れがあります。
木村鉄道などの団体ツアーだとまだマシですが。

20191013i.JPG 20191013j.JPG

先に停まっている普通列車が出たら、いよいよSLやまぐち号入線
します。扱いとしては臨時快速なんですが、コレは運転開始当初から
変わりません。…急行料金ぐらい取ればイイのに。

機関車止まる辺りは、危険防止のため既にロープが張られてますが、
コレは水撒きホースリールではナイのか?

ともあれ私は少し考えがあって編成の後ろの方で待機します。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.196 乗り鉄日誌>JR西日本