新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

新快速のAシート ②

2020/01/14(Tue)

今週は自分のシフト世間の3連休が重なったのですが、最終日の昨日
長良川鉄道観光列車「ながら」に乗ってきましたクラ駅長です。

20200114i.JPG 20200114j.JPG

例によって、豪華なお料理が出てすっかりイイ気分の乗り鉄旅でしたが
微妙な心残りもあったりして…詳細はまた後日です。

さて新快速のAシートですが、予想上手く当たって快適に空いてる
車内で色々と見回っております。

…見た限り一般の車両結構な乗車率なんですが、関西人ってのは
やはりケチなのか500円多く払うなら「混んでても一般車」なのかな?

20200114a.JPG 20200114b.JPG

車掌さんから車内で買った乗車整理券は、前方のシートのチケット
ホルダーに差し込みます。コレは北海道の快速「エアポート」にある
Uシートなどと同じ感じでしょう。

自由席なので私が選んだのが気になってた中央部扉を埋めた箇所
にある座席です。同じ仕様の荷物棚不自然に追加されてますが。

座席自体に他との差はありませんが、窓が大きな1枚物なので、ココ
回転させて4人掛けにしたらスッキリするだろうな。と思います。

ちなみにシートピッチを見てみるに、やはり従来の223系転換クロス
シートよりは広めにしてあるようで、窓割りとは微妙にズレてました。

20200114c.JPG 20200114d.JPG

クハ222には元からトイレが付いてるので、コレはそのまま使われてる
感じなのと、野洲方向には片方一列減らして大型荷物のスペース
も設けられています。

ちなみに乗降口付近有料エリアではナイので、ココに立ってるだけ
なら500円必要ありません

JR東日本普通列車グリーン車との差はココですね。てか関西人
「立ってても500円」通用しないでしょう。暴動が起きるわ。

20200114e.JPG 20200114f.JPG

車内には無料のWi-Fiと、全席にコンセントが装備されています。
…コレは同社にしては在来線の特急をも超える装備ですね。

例えば姫路~野洲を通しで乗って2時間程なので、パソコンを開いて
ドノ程度の仕事が出来るのかは不明ですが、コンセントカナリ役に
立つような気がします。てか今時もぅ必須でしょ。

そんな感じで京都から約30分快適な乗車野洲に到着しました。

20200114g.JPG 20200114h.JPG

ココで乗車時撮れなかった外観を押さえておきますが、青いライン
2本追加されてるので嫌でも目立つデザインになってます。

真ん中のドア埋めた部分は、窓割り連続させず「埋めた所に大窓」
なのですが、コレでシートピッチズレてる部分帳尻合わせの意味に
なってるのかも知れません。

野洲駅到着後は一旦電留線に引き上げ、約1時間後折り返しとなる
ようです。…資料集め足りなければ待ってもぅ1回乗る積りでしたが、
充分に色々と撮れたので、すぐの電車で帰る事にしましょう。

…個人的には日に2往復と言わず全列車に着けて欲しい所ですが、
新快速は同区間の中距離普通列車共通運用だったり、4両編成
末端区間折り返し運用にも使うから、色々と難しいのかも知れません。

コレで評判が良い又は儲かるとなれば、今後は本数(車両)増えるかも
知れず興味を持って見守りたいと思います。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.289 乗り鉄日誌>JR西日本

新快速のAシート ①

2020/01/13(Mon)

さて新たな報告ですが、JR西日本新快速一部の列車に連結され
ている「Aシート」という特別車両を体験してきましたクラ駅長です。

Twitterの私のアカウントフォローして下さってる方はお分かりかと
思うんですが、明らかにココだけ時系列不自然早まってます

コレは1月上旬播磨下里お絵描き教室用開催されなかったので、
ソレ用に空けておいた分穴埋め的な記事なんですよ。…まぁいつか
乗りに行こうと思ってた物なので、丁度いい機会でもありました。

JR西日本新快速のうち、昨年3月のダイヤ改正から導入された
「Aシート」を連結した列車は現在、野洲~姫路(一部網干)の区間で
日に2往復運転されています。

20200113a.JPG 20200113b.JPG

日程の都合で土曜日になったものの、最も空いてる区間と時間帯
ドコだろう?と考えた結果、日中に京都~野洲を往復する事に決めて
まずは京都駅へ出掛けました。

新快速は基本的には12両編成[姫路方8両][米原方4両]です。
そのうちの9号車…つまり付属編成の姫路方先頭車Aシート改造
された車両が来る事になりますね。

号車姫路方から1ですが、京都駅の乗車位置米原方から1なので
「4」の位置で待つ事になります。

20200113c.JPG 20200113d.JPG

電光掲示板を見るに、当該列車乗車位置の「4」飛ばしてあり
△4Aシート有料座席である」事が出ております。

案内放送でもソノ旨を繰り返してましたが、どれぐらいの人がちゃんと
聞いてる事やら不明です。…列車が入ってきてから「ぁ、ココ違うわ」
みたいな感じで移動してる人も多く見られました。

20200113e.JPG 20200113f.JPG

京都では停車時間僅かだし人が多いので、最低限の写真しか
撮れません。外観野洲着いてからゆっくり撮る事にしましょう。

乗降口付近には、一目でソレと分かるロゴマークが貼られています。

姫路方の先頭車となるクハ222型で、中央の扉埋めた2枚ドア
改造されたものが2両存在するという事ですが、1007号1008号
ソレに当たるようです。特に番台分けなどはナイそうな。

外から見た感じ、やはりココまでは結構な利用率だったものが京都
過ぎると一気に空くようです。結構な人数降りました

状況から先に言うと、停まる毎に段々と乗客が少なくなり草津~
野洲ほぼ貸切の状態でした。なので人を入れずに撮れる所から
先に撮って、車内の全景などは草津以降の物も含めて紹介します。

20200113g.JPG 20200113h.JPG

乗降口客席との間には透明な間仕切りが設けられており、前後
の乗降口に1名ずつの車掌さんが待機していて「ココから奥は有料
エリアである」事を説明しています。

クハだから使ってない運転席乗務員室の代わりになりますね。

シートは同社特急普通車同じタイプの物でしょう。そして有料
エリア「着席必須」なので吊革ありません

20200113i.JPG 20200113j.JPG

前方のテーブル簡単な説明書きがありますね。
料金は500円駅などでの事前発売なく車掌さんから車内乗車
整理券直接買う方式です(ICカードでの支払いも可能)。

自由席全区間で均一500円なのですが、チェックする必要がある
のか下車駅を訊ねられ、ソレだけ切符に印字されておりました。

ちなみに新快速列車番号末尾が概ね「М」ですが、Aシートを連結
する列車は「A」になるそうな。

しかしまぁ、野洲から乗るのが最も空いてるだろうと考えて、京都発
予備の積りだったんですが、この空き具合いだと写真撮り往路だけ
済んでしまいそうですよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.288 乗り鉄日誌>JR西日本

豊岡~鳥取 緊急の旅

2019/12/30(Mon)

一昨日の事ですが、播磨下里お絵描き教室非公式行事として
駅の大掃除と忘年会に参加してきましたクラ駅長です。

20191230i.JPG 20191230j.JPG

世間の皆さんは既に仕事納めが済んでる事でしょうが、私は年末年始
変わらず仕事なので、本気で羽目を外して飲めないのが残念ですが、
楽しいひと時
を過ごさせて頂きました。

右は「駅の里」で売られていた豆(乾燥品)を、大海駅長煮込んで
持参したものです。…固めの食感でしたがビールには合いますね。
ちゃっかり「女子力アピール」でもあったようですが、ご馳走様です。

来年出来る限り参加しようと思いますので、宜しくお願い致します

さて豊岡です。
播但線竹田駅駅ノート管理撤去された影響で急な予定変更
なりましたが、代わりに行ける近隣駅ノート設置駅を検討した結果、
山陰本線鳥取方面居組駅へ行く事にしましたクラ駅長です。

候補地として福知山線下滝もあったんですが、こっちはまだ前回
訪問から1年経ってませんので、順番からすると居組が先でしょう。

途中の香住にも駅ノートはありますが、アレは正確にはアニメの聖地
巡礼ノートだから1回描けば充分だし(餘部も先日行ったばかり)。

20191230a.JPG 20191230b.JPG

少し早めに起きて朝の豊岡駅から鳥取行き快速列車に乗るんですが、
通学時間帯とあって意外と混んでました。と思ったら発車間際になって
乗ってる高校生たちが何人か下車

…どうやらココの高校に通うヤツらが、外は寒いから時間潰しも兼ねて
列車内で暖を取ってたようなんです。とっとと学校行けよ

20191230c.JPG 20191230d.JPG

そんな感じの山陰本線キハ47型2両編成でしたが、ココでは
トップナンバーが現役なんですね。状況から見てまだまだ使いそう

20191230e.JPG 20191230f.JPG

「かにカニ日帰りエクスプレス」広告のれん風です。
…そう言えば最近、って食ってませんな。まぁ私は蟹本体より「蟹の
ダシで食べる鍋の〆のうどん」の方が好きなんですが。

ココから居組まで行ってしまうと、そのまま鳥取へ出て特急「スーパー
はくと」に乗る方が早く帰れますみどりの窓口細かい指定をして、
遠回りで京都まで帰る乗車券を発券して貰いました。

20191230g.JPG 20191230h.JPG

考えたらコノ区間列車で走るのは久し振りかも知れません。

晩秋円山川に沿って城崎温泉方面へ。そして日本海側へ出ると
・餘部と進みます。

余部橋梁からの眺めも撮ったんですが画像を整理してる時に
誤って別のやつを上書きしてしまいました。…まぁイイや。

浜坂列車番号が変わるので、時刻表上では2行の別表記になって
ますが、そのまま鳥取まで直通します。ココまで来たら鳥取意外と
近い印象ですね。

国鉄時代のように京都から通しで走る優等列車があれば、もっと
便利なのですが。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.274 乗り鉄日誌>JR西日本