新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

模型鉄2019 ③主に14系14型 

2019/09/04(Wed)

伯備線倉敷方面から新見へ向かう列車に乗ってたら、途中駅で
下のような甲種回送とすれ違いましたクラ駅長です。

20190904i.JPG 20190904j.JPG

咄嗟の事でコレだけしか撮れなかったのですが、キハ120ですね。
私はあまり詳しくナイので調べてみたら、この塗装は美祢線などで
使われている新山口所属のもの。

で、撮れませんでしたが実際の所属表記「金トヤ」になってたので、
富山糸魚川辺りまで回送され、前者なら高山本線、後者なら大糸線
で使われるのだと思われます。

同形式はJR西日本の各地のローカル線で使われてるものの、地域
が飛び飛びなので転属となるとカナリの手間だと思われます。
確か三江線の廃止以降、大規模な配置転換が行われてる筈ですわ。

さてココで、久し振り模型鉄の報告を挟む事にしましょう。
車両目的の物が段々と揃いつつあるので、次は線路でしょうね。

20190904a.JPG 20190904b.JPG

左は先月播磨下里の帰りに淀川花火大会大混雑をかき分けて
行った塚本の「ホビーランドぽち」ですが、近隣(っても大阪京都)の
模型店を回り、ジャンク品線路を集める所から初めております。

右の量8,000円ぐらいです。一応、分岐器などの動作を要する部分
慎重を期す必要があるので後回し新品動作確認をした物)に
するとして、大量に使う一般レール1本100円以下で集めてます。

まだまだ足らないとは思いますが、そろそろレイアウト最終決定して
正確な数を出さないといけませんね。

20190904c.JPG
車両
の方は「天王寺管理局エリア」
と言う事で281系「はるか」と、全国
汎用
ですがキハ55系の準急色
入りました。

「はるか」車両セット中古でも
多く出回ってるからイイとして、大変
だった
のがキハ55系。…各種の通販
サイトを回った所、何故かプレミア
付いてT車1両1万円超えとか!

…そんな理不尽コストの掛かる物を避けて探すのに苦労したわね。

20190904d.JPG 
そしてブルートレイン「紀伊」が欲しい
ので14系14型ですが…こちらはB寝台
ばかり6両
「さくら」で言う所のいわゆる
「佐世保編成」です。

コレまたセット販売ナイので、各店
ジャンク品を漁りました。
…確かにブルートレイン品数が多い
ですが、殆どが24系25形なんですよ。
実車と同様、そっちが高需要なんでしょう。

ソレでも何とかならず中間車オハネ14
の所をオハネ24が2両混ざってます

…アレってそもそも、電気系統の違いだけで車体の構造ほぼ同じ
でしょ?確か実車でもどっちか不足して、相手方に改造編入した
やつがあった筈です。で、私も既にどれが24だった分かりません

20190904e.JPG 20190904f.JPG

尚且つ古い製品なので、車番付いてナイ室内のハシゴ再現
されてないわ…なのですが、コレまた「ソレだけ売ってる」と言う奇特
メーカー模型店があるので、ココから取り寄せて作業する事に。

ぁ、ハシゴ「24系用」と書いてありますね。まぁ気にしない事にします。

テールマークは「ナイなら自作しよう」と思ったんですが、ウチのPC
パブリッシャーソフトではあのサイズは小さすぎて無理だったんで、
模型店籠売り商品の山から探した物です。

イラスト入りの物は無く、文字だけのになりましたがこっちの方が
時代的(コンセプトは1970年代)には合ってるかも知れません。

20190904g.JPG 20190904h.JPG

とか何とか細かい作業でカナリ苦労しました車番のインレタ古くて
付きが悪いし、ハシゴ1本ずつ貼る必要があるし…。あと、ついで
事にトイレ部分は裏から白い紙を貼ってます。ドヤってイイですか?
 
ともあれ、コレで客車予定数揃いました(あと入れるならジョイフル
トレインかな)。あとはセット売り入手出来そうな物がメインなので、
月に1編成ずつ程度増やして行く予定です。適当にお楽しみに
 



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.157 バーチャル蔵部駅

模型鉄2019 ②貨物列車

2019/07/08(Mon)

社員旅行の報告の途中ですが、ココでまた久し振り模型鉄のネタ
を挟む事にしますクラ駅長です。無関係な方退屈するといけません。

20190708a.JPG 20190708b.JPG

今回は主に貨車です。練馬ヨシヨシ会の時ににしたけスマイル氏から
譲って頂いたのが、まずコンテナ車コキ1064両

そしてタンク車2両ホッパ車1両。…右のワム80000実家から発掘
された古い物です。何れも連結器金属車輪などを新しいモノに取り
換え
て、走行性能を安定せています。

コキ車コンテナ中古だと安いので、コキ1043両と幾つかの
コンテナ買い足しました日産自動車同和通運が入ってるのは
私の好みによるモノです。

現実貨物列車を見るに、コキの台枠にぎっしり詰まってるケースの
方が少ないようなので適当に外したり、余ったやつはヤードに積んだり
しても使えるでしょう。

20190708c.JPG 20190708d.JPG

そして片上鉄道で頂いたコトラがあります。あとは小型の2軸車
何両か買い足しましたので、コレで何とか行けるでしょう。

ぁ、「コトラ」愛称だと分かってますが敢えて「コトラ」呼びしてます。

…記事を書いた時点で車掌車イイ出物無く、後日ヨ6000が1両
入りました。今時模型でも売れないんですかね?Amazonでも掲載
少ない
ヨ8000プレミア価格なのか定価より高い始末です。

20190708e.JPG 20190708f.JPG

タンク車は銀色のタキ30002両ありますが、ずっと「何か足りない」
と言う思いが拭えなかったんですよ。…ネットの古い画像などを色々と
調べるに「石油会社のロゴだ」と分かりました。

新品で買うと恐らくはシールが付属してるモノであり、調べるとパーツ
としても存在するんですが品切れの状態です。…だったら自分で作ろう
って事で、40年ぐらい前日本石油のモノを再現してみました。

…コレに関しては、ちょっと「ドヤ顔」してみたい所です。
奈良県面してナイので、石油関係の大きな施設はありませんが、
新幹線に乗ると静岡辺りよく見かけた記憶があります。

この一つ目小僧みたいなのが子供心怖かったのを思い出しました。

20190708g.JPG 20190708h.JPG

片上鉄道コトラはそもそもがディスプレイ用なので、コレも走らせる
には連結器や車輪の整備が必要でした。

…そして何とか積荷も再現しようと言う事で、丸太砂利を積載して
みます。重量が増す事で走りが安定する効果も期待出来ますので。

砂利ジオラマの線路バラストを撒くのと同じ要領で、余ってた物
を使い、丸太フランクフルトソーセージ着色してあります。

20190708i.JPG
貨物用の機関車は、ホントはDD51
貨物機が欲しかった所ですが、
コレまた出物が少ないんです。

DF200手頃な値段のが入手
出来たので、コレにしておきましょう。

北海道イメージが強いですが、
関西本線でも何両か走ってます
ので、ギリギリセーフと言うかね。

…そんな感じで電気機関車ディーゼル機関車については、導入予定
の車両が全て揃いました。後はいよいよ蒸気機関車ですな。

次は未定ですが、また大きな動きがあれば1回分の記事にしますね。
では再び社員旅行の報告に戻ります。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.99 バーチャル蔵部駅

模型鉄2019 ①近鉄特急

2019/06/18(Tue)

ネタが立て込んでて記事カナリ後になる予定ですが、駅ノート
2巡目として岐阜県美濃赤坂(東海道本線)日当(樽見鉄道)
行ってきましたクラ駅長です。

20190618i.JPG 20190618j.JPG

美濃赤坂の周辺は石灰石が採れる山が多いとかで、かつてはソレの
輸送のために敷設された貨物線専用鉄道が多く存在しました。今では
1本を残すのみですが。

距離も短かいし殆どが私有地内でしょうから、廃線跡のネタとしては
考えておりませんが、何とか絵には入れてみましたのでお楽しみに。

ではココで久し振り模型鉄の報告を挟む事にしましょう。

新しいブログに移行して初めての事であり、旧ブログでも同じカテゴリー
を扱うのは2年ぶりになります。…色々と余裕が出来たので、一時的に
出来る所まで再開しようと思ったからなんですが。

まず練馬ヨシヨシ会にしたけスマイル氏から譲って頂いた車両の整備
から始めて行きます。

20190618a.JPG 20190618b.JPG

コレは近鉄特急18400系ですね。…昭和40年代大量生産された
スナックカーのうち、京都線・橿原線で使えるように車体幅を小さくした
一派です(当時の同線は車両限界が小さかった)。

フル規格のスナックカーに比べるとマイナーな存在ですが、奈良県人
にとっては馴染みの深い車両です。…京都へ出る時は大抵コレでした。

4両セットで揃ってるから、コレはそのまま1本の編成に組めばいい。
走行機器大掃除をして、連結器を使いやすいモノに取り替えました

あと破損気味だったパンタグラフ取り換えてあります。
マイクロエースでは部品として売ってナイらしく、トミックスの同形式
のを無理矢理に付けましたが。
 
20190618c.JPG 20190618d.JPG

続いて同じ近鉄10100系と言う、いわゆる「ビスタカーⅡ世」ですな。
昭和54年に引退したので、幼児期1度だけ乗った記憶があります。

3両固定編成連接車で、先頭が流線形のタイプと普通の貫通型
あり、貫通型の方に増結車を繋ぐのが一般的ですね。

流線形で言うと大阪方名古屋方なし3種類が存在しますが、
全て模型化されてるのと同氏が全て所有してたと言う所が驚きです。

色々と考えた末、流線形2編成6両に組んで、余った貫通型には
スナックカーの増結用(グリーンマックス)を買って5両編成にしました。

20190618e.JPG 20190618f.JPG

…実際の所、ビスタカー重連にすると言うのは、通常の営業列車
では見た事ナイのですが、折角だから豪華に行きたいのと、編成の
前後に流線形貫通型混在するのが嫌いなので。

ビスタカーⅡ世連接車なので中間の2階建て車両極端に短かく
通常のスナックカーを足した5両編成と、長さがソレほど変わらない
のが面白い所です。

…列車によって乗車位置ズレまくりでしょうが、全席指定なので
問題はナイのか?そう言えば今でも特急の近鉄乗車位置ってのは
大雑把な号車表示だけだわな。

20190618g.JPG 20190618h.JPG

異なるメーカーの車両を連結する時に悩むのが連結器なんですが、
グリーンマックススナックカー(左上)にはマイクロエースの物
難なく取り付けられビスタカーⅡ世カトー…左下)にも小加工
接着出来たので、コレで行きます。

…まぁ近鉄特急ってのは混結の自由度が高いので、また組み替える
かも知れません。ついでの事に屋根の色を合わせたり、サボ部分
リアルにするべく塗装しておきました。

しかしまぁ連接車ってのは、実際はーブの通過よりスムーズなもの
らしいのに、ウチのレイアウトでは頻繁に引っ掛かります

回転半径が小さいのと勾配がキツいせいでしょうね。本格的な運用
は、実家に大きなレイアウトが完成してからになりそうです。

そんな感じで模型鉄に関しては今後も時々挟んで行く事にします。
次回からはいよいよ、片上鉄道廃線跡へと参ります。…長くなります
宜しくお付き合い下さいませ。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.79 バーチャル蔵部駅