新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

猫だらけの「哲学の道」③

2020/02/11(Tue)

…沖縄って所はモノレール以外の鉄道無く県外から車で来るのも
困難なので、レンタカーの台数矢鱈と多いらしいのです。

20200211i.JPG 20200211j.JPG

ソレはいいんですが、外国人が運転するレンタカーってのが割と多く
走ってる事に驚きましたクラ駅長です。当該車両にはこんなステッカー
を貼るんですね。

見てると殆どが中国系と思しき東洋人です。白人層は兎も角、何となく
外国で車を運転する技量があるとは驚き」なイメージだな。
…だって中国交通事故の動画を見てると、ほぼ無免許レベルじゃん。

ミラーに映った時点で分かるように、ボンネットにも大きく書いといて
くれた方が有り難いかも知れません。…先に行かすから。

さて京都「哲学の道」です。南側入口付近で一通りの猫ヨシヨシ
終え、一応ココから銀閣寺方向へ歩いてはみたんですが…

おばさんツアーの自由時間に当たったらしく、段々と観光客増える
だけ全く出てこなくなりました。…そりゃそうですね。さっきの
密度遊歩道全体に居たら、今までにエラい騒ぎになってる筈ですわ。

と言う事で、1㎞行くか行かないか程度引き返してきました

20200211a.JPG 20200211b.JPG

最初に会った黒さんが、ベンチの上落ち着いたようです。
表情が分かりにくいのが難点ですが冬場は暖かいでしょうな。

観光客の女性にカメラを向けられてますね。…事故現場などを撮る
のは論外として「ちょっとイイ風景」気軽に撮れる文化になった事は
昔から写真をやってる私にすると好ましい事だと思ってます。

20200211c.JPG 20200211d.JPG

繰り返しの面子になりますが、やはり時間を置く表情やポーズ
変化するので、飽きずに見て撮っておりました。

ブチさんキジトラさん色違いなものの、顔付きがソックリです。
私も猫の人相…ってか猫相詳しくナイのですが、お前ら兄弟?

20200211e.JPG 20200211f.JPG

ハチワレさんの前には相変わらず謎の植物の実がありますが、特に
関心がナイようなので、猫は食べない物なんでしょう。

暫くして遊歩道の先絵を描いてたおばさんが戻ってきて、茶トラさん
エサをあげてブラッシングとかを始めました。

…やはりこの子だけ飼い猫だったのかな?…興味はあるんですが話し
掛けて長くなっても面倒なのでヤメときます。

20200211g.JPG 20200211h.JPG

最後が今回のベストショットいつかは撮りたいと思ってる「跳び猫」
港の防波堤の隙間を飛んでる写真が多いんですが、アレは長時間
の張り込みが必要だと思われ、なかなか見れなかったんですよ。

完全な状況ではナイものの、ソレらしいやつ偶然に撮れました。
…例えば離島猫2回目以降の状況になれば、基本的な報告カット
出来るだろうから、一度「跳び猫目当て」で行きたいものだと思います。

そんな感じで突発的ではありましたが、新快速の「Aシート」京都
猫ヨシヨシと、効率よく回れた冬の1日でした。




※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.317 猫ヨシヨシ日記

猫だらけの「哲学の道」②

2020/02/10(Mon)

昨日は関西を旅行中のハトさん奈良に立ち寄って下さいましたので、
「三条通りヨシヨシ会」を開催してきましたクラ駅長です。

20200210a.JPG 20200210b.JPG

私は仕事夕方までだったので、丁度いい待ち時間で合流出来ました。
…しかし旅行者の目で見ると、奈良って所はホントに町が暗いお店
選択肢も少ないなと再認識してしまいましたわ。

お疲れの所ありがとうございました続きの旅楽しんで下さい。

さて京都「哲学の道」ですが、現着してカナリの時間が経ってるのに
まだ南の入口付近から動いておりません

「哲学の道」遊歩道全長が約2㎞あるのですが、ホントにそんな
広範囲猫が居るもんでしょうか?

20200210c.JPG 20200210d.JPG

比較的毛並みのいい茶トラさんが登場、この子は飼い猫かも知れません。

離島と違って街中ですから、猫の往来ソレなりにあるでしょうね。
尚且つ神社のような管理された敷地でもナイので、コミュニティ
どの程度の物か、全く想像が付かないのが事実。

20200210e.JPG 20200210f.JPG

変わった模様ブチさんも居ました。この子も欠けてません

先に登場したキジトラさん仲がいいのか、一緒に階段を伝って民家
の方へ行ったり、陽当たりのいい場所を探して日なたぼっこしてます。

体を伸ばした時に見たんですが、猫の手こんなに開く物だとは
知りませんでした弁当に入ってる「桜玉」みたいですな。

20200210g.JPG 20200210h.JPG

階段の下から小柄なハチワレさんが登ってきました。縁のコンクリート
狭い所器用に昼寝してます。…体感温度温かいのはイイとして、
陽射しが強いからにしてみたら眩しいだろうと思います。

…彼の前に置いてあるのは、この付近幾つか見かけたけど私にはよく
分からない植物の実のような物。食べれるのか否かも不明です。

20200210i.JPG 20200210j.JPG

そして顔の模様個性的白茶さん。概ねココまで全員のようです。

白茶さんカナリの巨体ですね。を持ってきてベンチで読んでる
近所の人らしきお兄さんヨシヨシされてましたが、白茶さんの方が
飽きたのかドコかへ去って行きました

この辺で薄々感じて始めてたのですが「哲学の道猫が多く出る」と
言っても、全長2㎞もあるのにこの密度だとエラい事になりますわ。
…もしかしてこの狭い範囲だけの話ではナイのか?

一応ココからへ向いて、銀閣寺方向歩いてみる事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.316 猫ヨシヨシ日記

猫だらけの「哲学の道」①

2020/02/09(Sun)

一般的には「鉄道がなかった」とされている沖縄県ですが、保存車両
に関しては何件か存在が確認されてますので、今回はソレも併せて
回ってきましたクラ駅長です。

20200209a.JPG 20200209b.JPG

探せばもっとあるのかも知れませんが取り敢えず2箇所。何れも
那覇市内にある公園で、車両島外から運ばれた物ですが。

…一緒に写ってる日産ノートは、またレンタカーです。南国の島
相応しい青い車体ですが、ハイブリッドなので勝手が違いました

さて京都「哲学の道」ですが、南側の入口から猫ヨシヨシ探索
開始しました。

20200209c.JPG 20200209d.JPG

探すまでもなく出て来たのが、後ろ姿が上品ぱの似黒さん
今回の初猫です。桜耳ですが右カットなので男の子なのかな?

土曜日なので若干の人出がありますが、元から人気の観光地の1つ
なので猫目当ての人は意外と少ないのかも知れません。たまたま
来たら猫が多いから写真撮っとこう。みたいな?

時間を掛けて猫をヨシヨシしてるのは、カメラ持参何度も通ってる
感じの人でした。地元の人が多いのでしょう。

20200209e.JPG 20200209f.JPG

事前に少し調べてみた所、この近所左の画像階段を降りた奥に、
ある俳優さんのお家があり、ソコで喫茶店が営業していたんですよ。
ソレが何年か前に閉店し、店の敷地が何故か猫スポット化したそうな。

TwitterInstagramを見ると、ヨシヨシ場としての最盛期5年ほど前
のようで、今は少し下火なのかも知れませんが、ソレでも何匹かが
ウロウロしておりました。

そうなると迷惑がる人も出て、行政も対応するのでしょう。右のような
看板が何箇所かに建てられています。やはり「エサやり禁止」だわな。

20200209g.JPG 20200209h.JPG

それでも猫用の水場と思しき茶碗が置いてあったりしますので、近所
最低限の世話はしてるのかも知れません。

…まぁワザワザ猫ヨシヨシPRしなくても元から観光客の多い土地
だし、京都人の気質から言うとコレ以上人が増えるのは嫌でしょうね。

遊歩道築堤のようになってますので、その下に民家があって階段
で降りれるようになってます。見てると階段の下の民家出入りしてる
も居て、何匹かは近所の飼い猫なのかも知れません。

でもココから先は私有地なのでしょう。立入禁止の柵があるので、入ら
ない事にします。半球状の謎の物体の近くにも猫が確認出来ますな。

20200209i.JPG 20200209j.JPG

下の方に居たキジトラさん階段を登ってきました。
…基本的にココの猫たち人に慣れてると言うか「何かくれるかも?」
と思うのか近寄ったり触ったりしても逃げません

器用後ろ脚首筋を掻いてました。…当日はお天気が良く冬場
にしては暖かい日でしたが、それだけに太陽光が強すぎて、写真に
撮るとコントラストがキツくなりすぎるのが困りました。

ともあれココで暫く猫ヨシヨシ続けてみましょう

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.315 猫ヨシヨシ日記