新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

猫だらけの扇町駅 ②

2020/04/12(Sun)

そんな感じで3泊4日富山~岐阜の旅を終えて、何とか無事に奈良
まで帰ったワケですが、4日間の走行距離を見たら956.4kmに達して
おりましたクラ駅長です。

20200412i.JPG20200412j.JPG

普段全く乗らないのに、一度出掛けると大抵は500km以上走って
くる感じになっており、カナリ両極端な状態です。

しかしソレも然る事ながら、トータル23万km以上ってのも自家用車
としては異常かも知れません。…まだまだ乗るけどね。

ですが、そろそろたちが昼寝飽きたようで、姿を見せる
ようになりました。…取り敢えずは2匹居ます。

20200412a.JPG 20200412b.JPG

最初に見たキジトラさん黒さん。どちらも右カットの桜耳なので、法則
に従えば男性と言う事ですか。…流石に離島の猫とは違って警戒心
強いのか、積極的に人間のほうには向かってきません

エサJR貨物駅員さんから貰えるので、観光客頼る必要ナイ
のでしょう。…ってか流石にココは猫目当ての観光客少ないわ

20200412c.JPG 20200412d.JPG

もう1匹、マーブルさんが出てきました。こちらは左カットなので女性
…要するに飼い猫ではなく近隣の野良さんエサ目当て不特定
集まってる感じなのかな?

黒さんが正面に来たのど、取り敢えず挨拶しておきます。
前回に来た時はシャム系の美猫さんが1匹居たんですが、知らない?
…まぁ4年前なので、にしてみればカナリ昔の事でしょう。

20200412e.JPG 20200412f.JPG

マーブルさんはあまり動きませんが、先の2匹は周辺をウロウロと
散歩し始めました。…しかし特に遠くへ行く様子はありません

駅ノートの絵に猫キャラリアルタイプを描く事があるので、色んな
姿勢を取ってくれるとも今後の資料に使えるから有り難いのです。
猫の横顔ってどぅ描けばイイのか?最初はカナリ悩みました

20200412g.JPG 20200412h.JPG

キジトラさん建物の日陰に収まりました。…ウチの猫キャラ3匹
とも肉球と耳の中をピンク色に描いてますが、ソノ辺は個体差があり
ますね。薄い毛色の猫ほど肌も色素少ない?

お水を飲んだり新聞を読んだり…まぁ見た所何かの選挙候補者さん
が載ってるようですが、恐らくカリカリの残りを気にしてるだけかな。

都合1時間少し滞在しましたが、コレ以上増えそうにナイので今回は
この辺までにしておきましょう。…前回が1匹の所を3匹ですから、
率としては3倍増し大当たりですからね。

では同じ経路横浜まで戻ります。…続いてもある意味猫ヨシヨシかな。
 
→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.378 猫ヨシヨシ日記

猫だらけの扇町駅 ①

2020/04/11(Sat)

今回の駅ノート旅は、主に高山本線を回ってましたので、事ある毎に
「ワイドビューひだ」を見かけるワケでして、やはりココも普通より特急
の方が多い路線だと言う事を再認識しましたクラ駅長です。

20200411i.JPG 20200411j.JPG

先頭車には非貫通パノラマタイプと、増結可能貫通タイプがある
ワケですが「ひだ」も本数が多いし繁閑によっても両数が変動するので、
結構なバラつきがある事が分かりました。

…特に貫通タイプの車両は1両ごとに足す場合があるらしく、運転席
同じ向きで連続してて昔のキハ58系みたいな事になってました。

世間がコレだけ自粛傾向で、東海道新幹線も臨時列車を減便している
昨今、見たのが日曜だったから「大阪ひだ」を含む5号と25号10両の
フル編成でしたね。…でも殆どガラ空きですが。

さて扇町駅ですが、駅前の敷地を探してみると草むらの中2匹ほど
が確認出来ました。…昼食後の散歩に出も出たかと思ったら食休み
だったようです。ってかお前らずっと休みみたいなもんだろうに。

20200411a.JPG 20200411b.JPG

話し掛けても反応がナイので、暫くは放置して先に駅の実景撮影
済ませてしまいます。

先述の通り同駅は貨物メインの駅なので、路線としてはJR東日本
鶴見線ですが、駅員さんJR貨物の担当です。当然ながら旅客業務
行わないので、旅客駅としては無人駅の扱いですね。

券売機なくSuicaのカードリーダーだけがありました。チャージ不可

20200411c.JPG20200411d.JPG

そもそも鶴見線末端区間の殆どが工業地帯の中走っており、人家
少ない地区です。沿線の工場などへの通勤時間帯が終わると夕方
まで極端にヒマになるらしく、ダイヤカナリ薄いんですよ。

同駅までの本線2つ支線…つまり3箇所へ行く電車が概ね交互
鶴見駅を出るから、日中の同駅2時間ぐらい電車が来ません

旅客用小さなホームに対して立派なのがJR貨物駅舎ですが、
皆さん現場に出てるのか、こちらも人の気配感じられませんね。

20200411e.JPG 20200411f.JPG

…物によっては旅客用のホームやソレに至る階段猫が昼寝してる
画像を載せてるサイトも見た事があり、理想としては私も同じようなの
を撮りたいワケですが、なかなか上手く行きません

やはり絶対数が少ない(前回1匹、今回で最終3匹)からな。

20200411g.JPG 20200411h.JPG

旅客線貨物線はカナリ手前から分岐しており、貨物線の方は更に
先の三井埠頭方面へ続いています。

セメントを精製する時に燃料として使うコークスを運ぶ貨車が多く、
以前に来た時はホッパ車を見ましたが、今回はコンテナ貨車に搭載
するタイプの物が停まってました。

…ぁ、2匹居たうちの黒さん出て来たようです。勿論客に気を遣って
の事ではなく、単に昼寝飽きたからだと思われますが。
些か無駄に引っ張った気がしますが、ココから猫ヨシヨシの始まりです。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.377 猫ヨシヨシ日記

猫だらけの奥武島 ③

2020/03/11(Wed)

そんな感じの奥武島ですが、引き続き観光客向けの駐車場に居ります
クラ駅長です。

20200311a.JPG 20200311d.JPG

休憩スペースとして、沖縄のお家に似せた感じの東屋があります。
ココにも観光客(主として中国人)が多いので、エサ目当てと言う事
なのか猫が集まってきてますね。

ぁ、屋根の上に座ってるのはではなくシーサーな。イラスト等では
屋根の上で昼寝をしてる事が多く、実際に高い所も好きなんで
しょうが、この暑さあの瓦では耐えられないかも知れません。

20200311b.JPG 20200311c.JPG

やはり沖縄では暑そうな洋風のフサフサさんと、昔の偉人の肖像画
みたいなヒゲもどきのデザインのツートンさん

羽根つき失敗したワケではなく、元からこんな顔なのでしょう。
左耳カットだから女の子かな?オッサンなら威厳があってイイのに。

20200311e.JPG 20200311f.JPG

南国風低い樹木の下で何かと戦ってるような白さんも居ます。面白い
ポーズですが日陰だったのでシャッター速度遅くなってしまいました。

では猫ヨシヨシこの辺までにして、島の入口にあった天ぷら屋さん
行ってみる事にしました。「中本てんぷら店」と言います。

資料によると「平日でも行列が出来る」となっており、来てすぐの時は
カナリ混んでましたが、お昼を過ぎて少し余裕が出て来た感じかな。

限りなく屋台に近い飲食店ですから、中国人好きそうでしょ?
行列の殆どコイツらだったので昼食の時間帯外して正解でした。

2階には食堂もあるようですが、久高島沖縄そばを頂いてきました
のでココはおやつ代わり軽くで構わないでしょう。

20200311g.JPG 20200311h.JPG

備え付けの申込用紙欲しい物の数量を書いてオーダーするシステム
のようで、英語版中国語版もありました。…一番安い物75円から
と言う破格なお値段です。

…ソレにしても「さかな」って何なんでしょう? 大雑把すぎません?

販売員募集してる旨が貼り紙に書いてあります。…全くの思い付き
ですが、何故か木村鉄道渡辺さんが真っ先にアタマに浮かびました
交通の便は(東京に比べると)悪いけどノンビリしてて似合いそう

では私も買ってみましょう

20200311i.JPG 20200311j.JPG

基本的にはテイクアウトのお店ですが、テーブルがあって塩や醤油
用意されています。…しかし皿と箸を出すと店内飲食になってしまい、
消費税の率変わってくるとかで、ソノ辺は別売りなのだそうです。

紙袋に入ってるやつを直で齧るのが正しい頂き方なのでしょう。

気になる「さかな」は結局何か分かりませんでしたが、みたいな
赤身の物のようでした。…又は沖縄特有何かかも知れませんが。

で、さっきから店内の椅子に陣取ってるのが、ココのお店の飼い猫さん
のようです。…やはり面白がって色々と与えてますが、カロリー的
に大丈夫なのか気になる所です。食ったらしっかり運動しろよ

そんな感じで恐らく日本最南端猫ヨシヨシ場奥武島の報告でした。

沖縄でも本州でも、ってのは特に変わった物ではない所へ加えて
暖かくゆったりした環境でしょうから、生まれ変わるなら沖縄の猫って
もの悪くないかも知れません。

では那覇市内のホテルへ戻りますが、まだ時間があるので翌日の予定
だったもぅ1箇所の保存車両も済ませてしまいましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.346 猫ヨシヨシ日記