新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

郡上八幡駅を探る

2020/02/20(Thu)

さて観光列車「ながら」で到着した郡上八幡駅です。
帰りの列車まで約1時間空きがありますので、暫し駅を探索して
みましたクラ駅長です。

町を見に行く時間はナイし、食事豪華なの済んでますからね。

20200220a.JPG 20200220b.JPG

国鉄時代から、同地区の中心駅だっただけに木造の駅舎ですが他より
大き目の立派な物です。案内看板など、随所に国鉄レトロな雰囲気の
残る駅ですが、数年前に来た時と、少し違ってる気がしました。

…どうやら観光列車「ながら」運転開始とともに、にも水戸岡的な
手直しが入ったようで、随所が微妙に水戸岡化したらしいのです。

20200220c.JPG 20200220d.JPG

まず駅舎の一角に「赤ちゃんの駅」というスペースが設けられてました。
コレは授乳おむつ換えなどに使う物でしょうね。

最近は「お母さんに優しく」ドコでも整備されつつありますから、
まぁこれはアリでしょう。… 木のプールを造られるよりマシかな?

20200220e.JPG 20200220f.JPG

そして駅の正面から見て左側のカナリ広いスペースが、観光案内所
併設したカフェに変わっておりました。
…はい、以前はココに「ふるさと(の)鉄道館」あったワケですよ。

観光地としてソコソコの集客がある同駅で、無料の鉄ヲタ向け施設
があるだけなのは勿体無い。…という事なのかも知れません。

で、ココにあった展示品大矢駅移して向こうを資料館にした
でしょうか?まぁ捨てられなかっただけマシなのかね?…内部はカフェ
の他に、お土産コーナー特産品の展示なども充実してます。

20200220g.JPG20200220h.JPG

ぁ、誰かが棚の上で缶コーヒーを倒してる!
…と思ったらコレは作り物でした。郡上八幡は確か、食品サンプル
発祥地でもありましたね。

色々見ておいて手ぶらで出るのも失礼かと思い、播磨下里向けに
お土産を買いました。

…所でココに着いた時まず見つけてしまった物がありまして、コレが
今回の心残りになったワケですが、郡上八幡にも駅ノート設置を確認
してしまいました。

同路線終点である北濃駅ノートが設置されたのが去年の9月頃
であり、世間に周知されるようになったのは昨年末頃だと思われます。

20200220i.JPG 20200220j.JPG

表紙の記載を見るにココも同時期の設置のようですが、基本的に
駅ノートってのは田舎の無人駅にある事が多いので、比較的主要
郡上八幡駅見落とされていたのでしょう。

他の絵師さんの作品見当たりませんでした。私も「急に言われても
用意も時間もナイ
ぞ」という状態なのですが、一応、ボールペンの
一発描き
ソレらしい物を描いてみました。…所用20分ぐらいです。

しかしあまりに雑なので、コレは描いた枚数には含めません
ぱのの頭部はトンカチみたいな円筒形になってしまってますし。

また後日、時間を取って描きに来る事にしましょう。
…でもココも白浜駅などと同じで駅スタンプの台共用なんですか。
ソノ状況だけで描いた絵行く末が予見出来てしまいますな。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.326 乗り鉄日誌>第三セクター路線

観光列車「ながら」 ⑥

2020/02/19(Wed)

沖縄と言う所はホントに冬でも温暖な土地であり、2月でも気温
20℃を越えてる場合が多いのですが、まさか桜まで咲いてるとは
思いませんでしたクラ駅長です。

000000020200219i00.JPG 20200219j.JPG

保存車両を見に行った那覇市内与儀公園と言う所なんですが、
満開とは行かないものの、カナリの花が開いてます。流石に地元の
方でも珍しいのか、カメラを向けてる人を多く見ましたが。

「ホントに桜だよな?」何度も見直したんですが「さくらまつり」
ポスターが貼ってあるから間違いナイと思われます。
しかし2月に「さくらまつり」って。…ぁ、今日からじゃない。

あれからもぅ2週間ほど経ってるので、現地では満開な事でしょう。

さて観光列車「ながら」ですが、目的地郡上八幡まで残り30分
程度になっており、そろそろコースの終盤だと思われます。

20200219a.JPG 20200219b.JPG

美濃太田から何度か長良川を渡ってきた中で、恐らくココが一番の
お薦めと言う事なのか、一時停止のサービスがありました。
…やはり観光列車コレが可能田舎のローカル線に限りますね。

出発時陽射しが強いぐらいのお天気だったものの、段々と雲行き
が怪しく
なってきましたので、山間部雨が降ってるのかも知れず、
長良川の流れも白波が立つほどの速さになってました。

20200219c.JPG 20200219d.JPG

車内では最後デザートが出て、コース料理終了です。
…お皿には地元産の干し柿なんかも載ってますが、甘い物を出して
おいてコーヒーは別料金なんですね。上手い商売だと思います。

例によって私はワインのボトル記念持って帰ろうとしてたワケ
ですが、色々と立ち歩いてるうちにコルクの栓回収されてしまい、
迷惑ながらゴミ箱から探して貰う羽目になりました。

気の回るアテンダントさんたちですが、一言訊いて欲しいかな。
そんな感じで終点郡上八幡に到着、約1時間30分の旅でした。

20200219e.JPG 20200219f.JPG

観光列車「ながら」ランチプランココまでですが、ビュープラン
の方は車両を減らしてココから先の北濃まで走ります。

…最初はこのまま乗り継いで北濃駅ノートを描く予定だったのよ。
しかし私は酒が入ると手元が怪しくなりますから、結果的には分けて
正解だったかも知れません。

20200219g.JPG 20200219h.JPG

先日乗ったあいの風とやま鉄道「一万三千尺物語」では、お土産の
有無がコースで選べたワケですが、こちらは全員貰える品物がある
ようです。HP書いてあったかな?見落としてたかも知れませんが。

意外と重いなと思ったら中身は何と、さっき車内で頂いたワイン
同じ物でした。しかも赤白セット

先に分かってたら空いたボトル持って帰ろうとは思わなかった
ですけどね。てかわざわざオーダーしてまで飲みません

ともあれ次の上り列車まで、1時間ほど空き時間があります。
久し振りに来た郡上八幡ですが、駅の中ぐらいは見て帰れるでしょ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.325 乗り鉄日誌>第三セクター路線

観光列車「ながら」 ⑤

2020/02/18(Tue)

若い頃ハマった心霊物のDVDを久し振りに見たくなって、Amazon
探してみましたクラ駅長です。

20200218a.JPG 20200218b.JPG

このシリーズ1巻~3巻が出てるんですが、1巻3巻レンタル
コピーした物を持ってるんですよ。で途中の2巻ドコのお店にも
見当たらなかったので、今回Amazon中古品を探したんですが…

商品は存在したものの、説明に「レンタル落ち」と書いてありました。
ソノ辺の事は私は特に気にしないと言うか、見ればOKなんですが、
実物が送られてきたら、ホントにレンタル屋にあるようなケースなのね。

そのまま使ってると傍目には「盗んできた」ようにしか見えないので、
折角ですがケースは処分して、他の入れ物に替える羽目になりました。

さて観光列車「ながら」ですが、上下交換のため大矢という駅に停車
しております。ココで駅舎内にある「ふるさと鉄道館」なる施設を見学
する時間がある
との事で…早速見てみましょう。

20200218d.JPG 20200218c.JPG

まず入口には歴代の観光列車のヘッドマークがありました。
「清流ながら」ってのは確か、国鉄時代からやってましたよね。
観光列車そのもの当時としては珍しかった記憶があります。

室内は元々は有人駅の駅務室だったであろうスペースが、資料館
改造されておりますが、よくある感じの展示内容ではあります。

…お約束のタブレット閉塞機があって、荷物用のハカリ隼駅で見た
やつと同じタイプの物だと思われます。

20200218f.JPG 20200218e.JPG

その他、出札口の設備として昔は一般的だった硬券を収納するやつ
正式名称知りません)や各種の看板など…大きい物固定してある
はイイとして、制帽なんかは盗まれたりしないのか?

…しかしコレだけの物この駅に残されてたなんて、全く知らなかった
ワケですが、先に言ってしまうと恐らく以前に郡上八幡駅で見た物
そのまま移されてる感じなのですよ。

後で現地に着いて分かったのですが、以前郡上八幡駅にあった
「ふるさと鉄道館」は、スペースが別の用途に改装されてました。
…だからココに移転したような事情だと思われます。

20200218g.JPG20200218h.JPG

で、そろそろ列車に戻るワケですが、折角なので前方に連結されてる
「ながら・森号」も見ておきましょう。…この列車では料理が出ない
「ビュープラン」として、プラス510円の乗車整理券で乗車が可能です。

20200218i.JPG 20200218j.JPG

やはり車内水戸岡デザイン統一されてますが、テーブルつきの
ボックスシート左右両方が4名掛けです。ロングシート部分が
ソファーなのも似た感じでした。

壁面にハサミやピーラー(皮むき器)などが飾ってあるのは、沿線の
関市刃物の産地として有名だからでしょう。…てか包丁やナイフ
以外の刃物まであるとは想像してませんでしたわ。

こちらの車両もソレほど混んでませんが、その少ない乗客大半が
中国人なのよ。…コイツら事前の電話予約出来たとは思えない
ので、行きあたりばったり美濃太田まで来て乗ったんでしょう。

つくづく車両が別で良かったなと思いますが、観光列車「ながら」
旅もそろそろ終盤でしょうかね?

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.324 乗り鉄日誌>第三セクター路線