新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

SLやまぐち号2019 ①

2019/10/13(Sun)

日々の視力の低下に耐えかねて、ついに眼鏡を買う羽目になりました
クラ駅長です。

20191013a.JPG 20191013b.JPG

会社の健康診断における視力検査0.5とか0.6とか出るんですよ。
コレでは運転免許基準値達しませんし、実際に日々の駅ノート
描きでも不便さを感じてましたもんで、思い切って実行しました。

サービスで貰える眼鏡ケースは、のデザインに惹かれて右のような
物を選んだんですが、猫の耳ソノ位置にはナイから、眼鏡固定し
にくいだろうととか、また要らんが気になっております。

と言う事で、新しい眼鏡と一緒に新山口まで来てしまいました。

今回は観光列車特化した旅です。土曜日SLやまぐち号に乗り、
下関へ移動して一泊。翌日曜日「○○のはなし」に乗り継ぐ行路を
組みました。

3年前にも似たようなルートで回りましたが、今回はSLやまぐち号
往路便に乗ります。現在は牽引機D51200号が加わり、客車も新しい
車両
に替わってるので、コレを楽しみにしてきました。

20191013c.JPG 20191013d.JPG

奈良6時に出て京都発0743「のぞみ97号」に乗りました。この列車
名古屋始発ですがSLやまぐち号新山口発1050なので、東京発
0616
「のぞみ3号」でも間に合います

宮脇俊三氏の著書によると、運転開始当初1000発だったそうな。
当時の新幹線「ひかり」の所要時間では、東京発0600一番列車
「ひかり21号」でも間に合わない計算になります。

だから東京の人が乗りに来るには、前泊するか前日の寝台特急にでも
乗るしかなかったワケですね。

新幹線が速くなったから「発車を少し繰り下げれば東京からでも日帰り
出来る
」って事で決まった発車時刻だと推測してるんですがね。

20191013e.JPG 20191013f.JPG

新幹線新山口に着く直前側線で待機する機関車の姿が少し見えた
ので向かい側の上りホームへ行ってみると、架線柱の隙間からですが
煙を上げてる蒸気機関車が確認出来ました。

SLやまぐち号1番線から発車します。ホームへ向かうエスカレーター
にも元祖牽引機C571号のイラストがありますが、客車は何故か青い
12系風の物でした。…見慣れた編成ってばソノ通りなんだけどね。

20191013g.JPG 20191013h.JPG

ホームでは駅弁が売られてました。…新山口の駅弁も確か、製造元
広島に統合されたと記憶しておりますが、細かい事気にしません

記念写真用の制服制帽がありますが、コレはどぅ見ても子供用だな。
私が本気を出すとリアルすぎ威力業務妨害になる恐れがあります。
木村鉄道などの団体ツアーだとまだマシですが。

20191013i.JPG 20191013j.JPG

先に停まっている普通列車が出たら、いよいよSLやまぐち号入線
します。扱いとしては臨時快速なんですが、コレは運転開始当初から
変わりません。…急行料金ぐらい取ればイイのに。

機関車止まる辺りは、危険防止のため既にロープが張られてますが、
コレは水撒きホースリールではナイのか?

ともあれ私は少し考えがあって編成の後ろの方で待機します。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.196 乗り鉄日誌>JR西日本

「しまかぜ」完食の旅? ②

2019/10/12(Sat)

奈良交通のバスにも観光用のフリー切符があります。ココで紹介する
のは「奈良公園・西ノ京 世界遺産1-Day Pass」と言う物なんですが、
500円結構な広範囲1日乗り放題なんですよ。

20191012i.JPG 20191012j.JPG

私は地元の者なので今更バスに乗って観光で回る事はナイのですが、
日々の買い物などに使う場合がありますクラ駅長です。

奈良交通奈良市内均一料金1回220円です。そしてこのフリー
切符500円だから、3回乗れば元が取れますね。そして地図に示され
てる区間は、私の日常の買い物程度の行動範囲よりカナリ広い

尚且つ奈良のバスJRか近鉄の奈良駅中心に路線が延びており、
そこを挟んで直通する路線殆どナイし、乗継割引などものナイ

そこでフリー切符がお得になるんですが、そんな発想が無かったので
カナリ最近になって得た知識なんですよ。…だから今まで、ずっと勿体
無い乗り方をしてた事になります。もっと早く気付けば良かったな。

さてピカチュウ親方と乗ってる特急「しまかぜ」ですが、カフェカー
メニュー完食のため、2人してカウンター席に座っております。

20191012a.JPG 20191012b.JPG

時間帯としては14時台ですので、昼食の時間帯からは外れており、
にも従業員の方の仕事にも余裕がある感じでした。

親方2食目「海の幸ピラフ」です。私も初めて乗った時に頂いたん
ですが、伊勢海老大きさを基準にHPで見て想像していた物カナリ
違った
小さかった)んですよ。

だから親方には「2食頼んだ方がいいよ」と助言しておいたんですが、
別の料理も頼むから大丈夫」との返答でした。まぁソレがいいわな。

20191012c.JPG 20191012d.JPG

続けて3食目「松阪牛カレー」。…親方は日々ただ単に食ってる
だけ
でなく食文化流通の現状などに関しても考察してるらしく、
「正式な松阪牛の定義」に関する蘊蓄を一通り披露してくれましたよ。

そしてデザートアイスクリームコーヒー。…新幹線のソレよりは
固くなく食べやすかったそうです。

右の画像車窓は、見る人が見れば分かると思われますが東青山
付近です。…鳥羽を出た辺りから1時間近くカフェカー居座って
しまった事になりますね。

20191012e.JPG 20191012f.JPG

新幹線在来線特急食堂車当たり前に付いてた頃は、自由席
満席だったりするとコーヒー1杯で長居する客や、ビールとアテ
居座る客も多かったから、回転が悪く大変だったそうな。

しかし今回はソレなりに色々注文した(主にピカチュウ親方がですが)
ので、売り上げと客単価の維持には貢献出来たかなと思います。

特急「しまかぜ」伊勢市を出ると大和八木まで停まらないので、
気が付いたらココまで来てた。と言う感じでした。

大和西大寺で降りて、駅の展望スペースなどを少し見た後、普通電車
近鉄奈良まで移動。親方は今日は奈良泊まりだそうな。…私が参加
しやすいように合わせてくれたんだと思います。

20191012g.JPG 20191012h.JPG

…一般的な接待なら「折角だから飲みに行こう」となりますが、彼は
お酒が無理なので「デカい料理がイイだろう」と、車を取りに戻って
天理彩華(プライスカット駐車場の屋台)へ案内しました。

てか昼食からそんなに時間経ってナイのに特大(3玉)よく入ったな。
ともあれ久し振り色んな話出来て楽しい1日でした。

次回は11月木村鉄道の貸切列車かな?社長はもぅオーストラリア
住みたいとか言い出した時点で遠い存在ですが、気の合う皆さん
会える事楽しみにしております

では次回から9月末山口県です。
新しくなった「SLやまぐち号」「○○のはなし」の報告に移りますよ。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.195 リアル交友録

「しまかぜ」完食の旅? ①

2019/10/11(Fri)

先日の山陰(但馬)方面駅ノートで、滞在中に見た列車2本です。

20191011a.JPG 20191011b.JPG

…まず鎧駅豪華列車「トワイライト瑞風」。日々運転されてるのは
知ってますが、運転日とか時刻とか全く知らないのでイキナリ現れた
感じでした。京都方面へ行ったから上り便なんですか?

世の中コレだけ不景気だと言うのに、何十万もする豪華列車予約が
取れないほど大人気ってのは、何か不自然ですよね。

負け惜しみではありませんが、コレに乗るより私なら「駅弁の立ち売り
まで完璧に再現した旧型客車の旅」をやって欲しいかなと。

続いて餘部駅(翌日の手直し)で見たのは山陰海岸ジオライナーです。
ラッピングない素のキハ126でしたが、浜坂より東へ来るのは珍しい
気がして1枚。…やはり撮り鉄苦手なクラ駅長です。

さて新たな報告ですが、先月の下旬ピカチュウ親方が乗り鉄で関西
(主に伊勢方面)へ来ると聞きましたので、そのうちの1区間に当たる
特急「しまかぜ」賢島~大和西大寺をご一緒してきました。

20191011c.JPG 20191011d.JPG

と言う事で賢島駅にて待ち合わせました。…ピカチュウ親方指定券
の発売開始日に当たる1か月前から切符を押さえてたようですが、
当日の京都行きだとまだ空席はあるようですね。

関東地区も盛んにテレビCMが流されてるらしく、最近は知名度が
上がってきたそうです。
…しかし登場直後の大騒ぎは流石に一段落した感じなのでしょう。

20191011e.JPG 20191011f.JPG

車内の準備が出来たようなので乗車します。
各種サイトで見かけるシンメトリーな構図我々が乗るのは向かって
左側京都行きは50分後に出る名古屋行きですね。

賢島~奈良普通運賃2,000円以上になるので、金券ショップ
近鉄の株主優待券を買ってきました。…ココまで来るのにも使ってる
から、2枚で1,000円程度の節約になります。

指定席券ピカチュウ親方に任せてありました。…彼の地元(千葉県)
にも近畿日本ツーリストの店舗があるらしいので。このような大きな
切符になるとは知らなかった。

20191011g.JPG 20191011h.JPG

豪華なシート展望の利く最前列などは、何度か乗ったので見知った
になりました。やはり上り便の方が空いてるのは、観光列車特有の
現象かも知れません。

てか今回は、特別席が大好きピカチュウ親方の仕切りなので「折角
だから個室を取らない?」と提案してみたんですよ。

勿論彼も乗り気だったようですが、1編成に2室しかナイので、流石に
コレばっかりは発売日でも無理だったようです。

20191011i.JPG 20191011j.JPG

そして今回ピカチュウ親方は「カフェカーのメニューを全部制覇したい
と言うので、鳥羽を過ぎた辺りからカフェカーに移動しました。

全部っても細かい所までやってたらキリがないし、彼はお酒無理
なので、写真が大きく載ってるメインの3品でイイかなと言う感じ。

まずは「松阪牛重」からという事で、コレは私もお付き合いしましょう。
伊勢海老の味噌汁を付けてあります。

些か時間が掛かったようですが、ソノ分しっかりした物が提供されます。
汁椀にコーヒーカップみたいな取っ手が付いてるのは、列車内ならでは
の工夫だと思いました。

最近は本格的な食堂車ってのがほぼ壊滅状態ですよね。料理が提供
される
列車はあっても、予約なし気儘に行ける所は殆どありません
そんな中では貴重な存在ですから、私も楽しませて頂きますよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.194 リアル交友録