新・駅長日誌Ⅱ

観光列車、駅ノート、鉄道保存施設、
廃線跡と猫ヨシヨシ。…稀に木村。
毎日更新します。

お座敷列車「華」2019 ③

2019/11/24(Sun)

さて木村鉄道の貸切列車ですが、総武本線千葉まで行って引き返し
続いては新小岩操車場に停まっております。

…ココで20分ほど停車して、続いては通称新金線(しんきんせん)
呼ばれる貨物線に入ります。

最初は珍しかったものの、この貸切列車では割と高頻度で通ってる
ような気がして、すっかり慣れてしまった気がしますクラ駅長です。

20191124a.JPG 20191124b.JPG

時刻表索引地図には載ってナイものの、大正時代には既に開通して
いた区間だそうな。現在でも本数は少ないものの貨物列車が走ります。
旅客化の構想は何度かあったそうですが、実現には至ってません

20191124c.JPG 20191124d.JPG

ココで線路脇の道路木村社員おしんさんが登場。…彼は当日、
他のアイドルさんのライブ掛け持ちしながら挨拶にだけ来たそうな。

てか後ろのベンチ着替えてるオッサンの方がヤバいんですが、
どうしても画角から外れないのでマトメて撮りました。

社長に教えて窓越しに挨拶。…コレも一応「ツーショットを撮った」事に
なるんでしょうかね?一々送りませんので必要なら保存して下さい。

20191124e.JPG 20191124f.JPG

新金線総武本線新小岩常磐線金町と結ぶ単線の貨物線
です。…ココに旅客列車があれば、秋葉原上野経由せず両線を
ショートカット出来るワケですが、ソレほどの需要はナイのでしょうね。
まぁ同じ役割を果たしてる路線は周囲に幾つもあるワケですし。

そんな感じで金町から常磐線に入り、次は我孫子に停車。ココはドア
が開くのでホームに降りる事が出来ました。

20191124g.JPG 20191124h.JPG

ココはホームの発車案内JRロゴです。…甲府駅とか、貨物列車が
ホームに停まる駅でも見かけるパターンですな。

配布されている行程表によると、一応ココが折り返し地点という事に
なっており、団体乗車票を見ても我孫子駅改札を出る事が可能
記載になっておりました。

…しかし停車時間16分しかナイので、殆どの人ホームに留まった
ままだったように思われます。

ぁ、列車を撮ったら川副さんが入りましたね。いつも社長ワガママ
我々道楽のためにご尽力頂き、ホントにありがとうございます

20191124i.JPG 20191124j.JPG

所で我孫子駅と言えば巨大な鶏唐揚げを載せた蕎麦有名なワケ
ですが、16分の間食べに行く者は居るのか?又はテイクアウト
出来るのか?と他力本願的に考えてたんですよ。

…やはりピカチュウ親方が買ってきましたが、やはり蕎麦自体の
テイクアウト無理なんですかね?唐揚げだけでした。

しかしトレーとかプラ容器じゃなくてレジ袋直入れ?…そして缶詰
焼き鳥
あるのに巨大唐揚げ。という光景がとてもシュールですな。

ともあれお座敷列車「華」の旅もココで折り返し。続いては常磐線
上野方向へ戻るようですよ。


→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.238 木村鉄道業務日誌

お座敷列車「華」2019 ②

2019/11/23(Sat)

20191123a.JPG
来待駅駅ノートを描き終えたら、
もう初冬なのかすっかり暗くなって
ましたので、久し振りに夜景撮影
に挑戦してみましたクラ駅長です。

…ココは山陰本線ですが、伯備線
からの「やくも」が入ってくるのと、ソレ
なりに都市化してるので普通列車
気動車ながら頻繁に通ります。

…てか「トワイライト瑞風」2回ぐらい通ったのを見たんですが(回送
か何かで往復してるのか?)、駅に通過時刻書いてナイから見事に
撮り逃したんですよね。未だに納得の行く撮り方撮れてませんわ。

さて木村鉄道の貸切列車ですが、イイお天気両国駅を定刻通りに
出発しております。

20191123c.JPG 20191123b.JPG

…今更「お座式列車」に関する説明は要らないとは思うんですが、要は
電車の車内が全部和室の宴会場」みたいな物でと思って下されば
いいワケでして、団体旅行の他は時々臨時列車としても走るようですね。

前後の運転席客室内からも展望が利く構造になっています。
木村鉄道の貸切列車の場合は、一般の旅客列車走らない区間
入ると、いつも「かぶり付き」人だかりになってしまいますが。

20191123d.JPG 20191123e.JPG

全車両がグリーン車の扱いなので、車体の等級記号「ロ」になり、
「華」の場合は485系電車だから「クロ」「モロ」の筈なんですが、
車内の表記剥がれてても修理されないようで、些か残念です。
…そろそろ引退時期が近いのかも知れません。

今回も事前に郵送団体乗車票お弁当の引換券を頂いてました。
全部で6両編成なのですが内訳は以下の通りです。

1号車…フリースペース。
2号車…けいせいママさん達のグループ。
3号車…一般参加の皆さん(数名程度でガラ空き)。
4号車…木村鉄道2軍
5号車…木村鉄道1軍
6号車…スタッフさん社長(木村)の控室。

私は4号車すっかり2軍なのですが、ココが一番居心地がよろしい
近ツーの担当者の川副さんとも長い付き合いになりましたので、
我々の微妙な立ち位置上手く理解して下さっています。

尤も定員に対してカナリ空いてる検札もナイので、指定された車両
以外の所に乗ってても何の支障もないワケですが。

20191123f.JPG 20191123g.JPG

搬入されたお弁当を見れば客数が分かるんですが、今回は社長
スタッフさんを入れて41名。…最大募集定員140名だからカナリ
ゆったりしてますね。損益分岐点がドコにあるのかは不明ですが、
空いてる方が有り難いのは事実(赤字ではナイらしい)。

毎回「お弁当は支給される」分かって居ながらピカチュウ親方
また大量の駅弁などを買い込んできました。

去年は上野始発だったから、千葉から一緒に行って上野駅で色々と
買い込んだんですが、現在の両国駅では駅弁の販売はありません
集合前東京駅まで買いに行ったんだそうですよ。

20191123h.JPG 20191123i.JPG

そんな感じで両国を出発した「華」は、まず総武本線へ向かい、
千葉駅に到着しました。ココで15分ほど停車して折り返すんですが、
扉は開きません

窓越しなので些か画像が荒れてますが、私はいつも「ホームの発車
案内がどう表記されるのか?」が楽しみなんですよ。…によって
違いがあるもんで。ココはオーソドックスに「団体」か。

下段に出る次発列車との「文字のツーショット」も楽しみの1つですね。

車外からの視線意味不明な優越感を感じつつ、元来たルートを
新小岩まで戻ります。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.237 木村鉄道業務日誌

お座敷列車「華」2019 ①

2019/11/22(Fri)

伯備線駅ノートの続きを描き終えたら、まだ時間的に余裕があった
ので、予備的に計画していた山陰本線来待(きまち)という設置駅
向かいましたクラ駅長です。

20191122a.JPG 20191122b.JPG

位置としては玉造温泉宍道なので松江市島根県になります。
「まずはJR西日本エリア埋めてしまたい。」という事で、関西から順に
西へと進んできたワケですが、遂に島根県まで達してしまいましたか。
 
主要な町から順に鳥取倉吉米子松江出雲(市)と並んでる
ワケですが、この辺りも私にとっては距離感覚が曖昧になる所です。

しかし道路は中海に面して走る区間があるので、短時間でしたが眺め
のいい
ドライブでもありました。

さて木村鉄道の貸切列車ですが、今年は両国駅からの出発です。

20191122c.JPG 20191122d.JPG

両国駅には普段は使わない3番線ホームがあり、団体列車などは
ココから発着します。木村鉄道でも何度か使わせて貰ってる所ですが、
今回は特製の横断幕を用意して下さったようですね。

タイトルは「貨物線&りんかい線の旅」だったのか。募集要項からして
よく見てなかったな。…風船で飛んでる路面電車の絵が謎でシュール
ではありますが、雰囲気はよく伝わっております。

20191122e.JPG 20191122g.JPG

3番線に至る通路ギャラリースペースのようになっており、両国駅
総武線歴史に関する写真や資料が展示されています。

ホームの駅名票もココだけ国鉄タイプの物が残されてますね。
…私は毎度の如く国鉄制服(専務車掌)で来ましたもんで、記念写真
丁度いい被写体ですよ。まぁ他の駅でも撮るんですが。

20191122f.JPG 20191122i.JPG

お借りする車両は今年も485系「華」です。…JR東日本が保有する
お座敷列車も段々と少なくなり最後の1編成なんですかね?
外見的にはキレイですが経年劣化は激しく、代替車両が望まれる所。

今回はカナリ早い入線だったので、発車40分前にはホームに入ってた
ようです。…列車より自分が遅く着いたのは初めてかも知れません。

恒例社長撮影会。…もはや制服を着る気は一切ナイようです。
私は「社長が制服だから自分も制服」というコンセプトなのですが、
まぁイイや知らない人が見たらこっちの方がタレントに見えるか?

…改めて見ると変な光景ですが、撮ってる側人数が減りましたな。

20191122h.JPG 20191122j.JPG

出発時1号車が先頭で、まずは総武本線千葉方向に向かいます。
…ホームの先端付近午前中順光すぎてお天気がイイと逆に
撮りにくい状況なんですが何とか押さえました。

折角のご旅行ですから、お乗り遅れナイように…」という聞き慣れ
ないアナウンスがあり、両国駅の皆さんに見送られての発車です。

今年は全行程6時間程度と些か短かめではありますが、久し振り
お座敷列車なので、出来る限り満喫していきたいと思います。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.236 木村鉄道業務日誌